水難事故の発生状況(2019年)

スポンサーリンク

悲しい夏にならないために!

海ではお盆過ぎ頃から、「土用波」と呼ばれる急な高波が増えます。海や川のレジャーを予定される方はご注意を!

海や川、湖、池などでの水難事故

警察庁の「水難事故統計」および報道された事故から、発生状況と安全対策についてまとめています。また毎年6月から9月はレジャー中の事故が多くなります。この期間に発生した事故を記録しています。

出典:水難事故統計

[目次]

2019年(令和元年)

6月以降の事故を地域別に記録

 

水難事故の発生件数

2018年(平成30年)

昨年の年間発生件数は1,356件で、前年より15件増加しています。死者・行方不明者は692人で、前年より13人増加しています。

1.年間の事故

  • 発生件数:1,356件(前年比+15件)
  • 水難者数:1,529人(前年比-85人)
  • 死者・行方不明者:692人(前年比+13人)

中学生以下の子どもの事故件数は133件、死者・行方不明者数は22人

2.発生場所

  1. 海:371人(53.6%)
  2. 河川:197人(28.5%)

子どもの死者・行方不明者は、河川が10人(45.5%)

3.行為別

  1. 魚とり・釣り:212人(30.6%)
  2. 水遊び:63人(9.1%)

子どもの死者・行方不明者では水遊びが11人(50.0%)

4.夏の事故(7月と8月)

2カ月間で年間事故の37%、水難者数は39%です。

  • 発生件数:502件 (前年対比 -9件)
  • 水難者:595人 (前年対比-52人)
  • 死者・行方不明者: 242人(前年対比-5人)

昨年のお盆期間中に、全国で死者・重体・行方不明者が発生した事故は44件です。

中学生以下の子ども

  • 発生件数 :81件 (前年対比 -2件)
  • 水難者数: 117人 (前年対比 -13人)
  • 死者・行方不明者 14人 (前年対比 0人)

5.事故の多かった都道府県

カッコ内は子どものみの件数です。

  1. 千葉県:90件(14件)
  2. 沖縄県:66件(7件)
  3. 新潟県:65件(10件)

6.重大事故

平成30年8月23日に、静岡市駿河区高松の海岸(駿河湾)を訪れていた大学生の男女3人が行方不明になり、30日までに全員が遺体で発見されています。海岸付近は台風の影響で波が荒れており、波にさらわれた可能性が高いとみられています。

7.特に注意が必要なこと

事故発生時の状況をみると、海では「台風の影響で波が高かった」、川では「大雨の影響で普段より水量が多く流れが速かった」といったケースが多くみられます。特に川では当日または前日までの天候によって、流れの状況が大きく変わることも少なくありません。レジャーではお出かけ地域の気象情報を十分に確認して、安全を最優先にした行動が大切です。

また海では海開き前または遊泳期間終了後に、泳いで事故に遭うケースが目立ちます。監視員(ライフセーバーなど)が不在であり、溺れた場合は救助が困難になります。遊泳禁止の場所は足に絡む藻が多い、海底に岩など障害物が目立つなどで、見かけで判断できない危険があります。昨今ではシュノーケリング中の事故、離岸流に流される事故も目立っています。



子供の事故(2018年)

川遊び

事故の約半数近くは川で発生

子供の死者数は22人です。このうち10人(45.5%)が川で亡くなっています。

※件数は子供(中学生以下)のみでの事故で、高校生以上の同伴と一緒に事故にあった場合を含みません。

川は海より溺れやすい!隠れた危険と対策>>

発生場所

※カッコ内は水難事故全体に占める比率

  • 水難者数:198人(12.6%)
  • 死者・行方不明者数:22人(3.2%)

死亡・行方不明

※カッコ内は子供の死者・行方不明者全体に占める比率

  • 河川:10人(45.5%)
  • 海:3人(13.6%)
  • 湖沼池:3人(13.6%)
  • 用水路:4人(18.2%)
  • プール:1人(4.5%)
  • その他:1人(4.5%)

過去の事故記録(地域別)

水難事故の多い夏の期間(6月~9月)に発生した、レジャー中のおもな事故を記録しています。

2018年(平成30年)

2017年(平成29年)

2016年(平成28年)

過去5年間の発生状況

※子供の件数・人数は中学生(15歳以下)です。
また高校生以上と同伴での事故は含みません。

事故件数(子供の件数)

  • 2018年:1,356件(133件)
  • 2017年:1,341件(144件)
  • 2016年:1,505件(162件)
  • 2015年:1,450件(179件)
  • 2014年:1,305件(166件)

死者・行方不明者数(子供の人数)

  • 2018年:692人(22人)
  • 2017年:654人(26人)
  • 2016年:816人(31人)
  • 2015年:791人(53人)
  • 2014年:740人(55人)

水難事故の防止対策

海や川での「水難事故防止」アイテム
海や川などでの水難事故防止、もしもの時に命を守るアイテムをまとめています。 警察庁の「水難事故統計」によると、昨年(平成29年)に全国の海や川などで発生した、水難事故は1,341件、死者・行方不明者は679人です、 年間事故の約4割は7...