全国の火災発生件数(ランキング)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

総出火件数、出火率の順位
(2021年のランキング)

[目次]

数値は消防庁の統計情報(火災発生件数)から出典しています。

総出火件数・死傷者等

車両・航空機火災等は省略しています。

総出火件数3万5077件総死者数1,400人
建物火災(住宅含む)1万9461件住宅火災の死者数913人
住宅火災1万0565件負傷者数5,369人
林野火災1,228件

人口1万人あたりの出火件数

  • 全国平均は3.02件
  • 同率の場合は出火件数が多い順

都道
府県
出火
件数
出火
件数
死者
1大分4.2548512
2宮崎4.1445015
3山梨4.0233011
4鹿児島3.9463729
5青森3.9149332
6熊本3.8367432
7高知3.8326913
8茨城3.751,09130
9長野3.7477435
10徳島3.6626911
11栃木3.5870124
12岡山3.5567329
13山口3.5347916
14島根3.4823417
15香川3.4033118
16三重3.3961129
17鳥取3.3618710
18北海道3.301,72772
19秋田3.2932024
20福島3.2259940
22長崎3.1942612
21和歌山3.1930117
23佐賀3.172599
24群馬3.1561723
25岐阜3.0160835
26沖縄3.0144712
27岩手2.9736326
28山形2.9031021
29東京2.873,96987
30愛媛2.8638829
31奈良2.743699
32静岡2.721,00136
33千葉2.711,71669
34宮城2.6961430
35滋賀2.6437510
36広島2.6273733
37兵庫2.521,39156
38福岡2.401,22846
39新潟2.4053125
40愛知2.351,77858
41埼玉2.341,73374
42神奈川2.011,85057
43大阪1.981,75381
44福井1.961525
45石川1.9221810
46京都1.7444121
47富山1.6016810
スポンサーリンク

都道府県の出火件数

総出火件数、建物(住宅を含む)、火災、死者・負傷者数です。

北海道・東北

都道
府県
出火
件数
建物
火災
死者負傷
者数
北海道1,72797272230
青森49327432102
岩手3632262659
宮城61434630112
秋田3201872449
山形3101572139
福島59931640109

配線器具からの発火・火災が増加
(テレワークでは特に注意)

訪日外国人の方も一緒に火災予防!
多言語チラシ
▲飲食店・宿泊施設、外国人が従事する事業所等、訪日外国人向け。7か国語で喫煙禁止火災予防防犯カメラマスク着用。ご自由にお使いください。

北海道・東北の交通事故発生状況

関東・甲信

都道
府県
出火
件数
建物
火災
死者負傷
者数
茨城1,09149030127
栃木7013312488
群馬6173012381
埼玉1,73396974231
千葉1,71689369253
東京3,9692,83087668
神奈川1,8501,13857303
福井15286530
山梨3301281134
新潟53134825109
長野77437735120
スポンサーリンク

配線器具からの発火・火災が増加
(テレワークでは特に注意)

訪日外国人の方も一緒に火災予防!
多言語チラシ
▲飲食店・宿泊施設、外国人が従事する事業所等、訪日外国人向け。7か国語で喫煙禁止火災予防防犯カメラマスク着用。ご自由にお使いください。

関東・甲信の交通事故発生状況

東海・北陸

都道
府県
出火
件数
建物
火災
死者負傷
者数
富山1681061031
石川2181471033
福井15286530
山梨3301281134
岐阜6083333588
静岡1,00150436120
愛知1,77895258293
三重6112742986
スポンサーリンク

配線器具からの発火・火災が増加
(テレワークでは特に注意)

訪日外国人の方も一緒に火災予防!
多言語チラシ
▲飲食店・宿泊施設、外国人が従事する事業所等、訪日外国人向け。7か国語で喫煙禁止火災予防防犯カメラマスク着用。ご自由にお使いください。

東海・北陸の交通事故発生状況

近畿

都道
府県
出火
件数
建物
火災
死者負傷者
滋賀3751951047
京都44128321105
大阪1,7531,22181355
兵庫1,39176556232
奈良369188964
和歌山3011341734

配線器具からの発火・火災が増加
(テレワークでは特に注意)

訪日外国人の方も一緒に火災予防!
多言語チラシ
▲飲食店・宿泊施設、外国人が従事する事業所等、訪日外国人向け。7か国語で喫煙禁止火災予防防犯カメラマスク着用。ご自由にお使いください。

近畿の交通事故発生状況

中国・四国

都道
府県
出火
件数
建物
火災
死者負傷者
鳥取187971033
島根2341181736
岡山67330829109
広島73740433110
山口4792151665
徳島2691371130
香川3311581849
愛媛3882282984
高知2691331324

配線器具からの発火・火災が増加
(テレワークでは特に注意)

訪日外国人の方も一緒に火災予防!
多言語チラシ
▲飲食店・宿泊施設、外国人が従事する事業所等、訪日外国人向け。7か国語で喫煙禁止火災予防防犯カメラマスク着用。ご自由にお使いください。

中国・四国の交通事故発生状況

九州・沖縄

都道
府県
出火
件数
建物
火災
死者負傷者
福岡1,22868546194
佐賀259121943
長崎4261971247
熊本6743143284
大分4851891252
宮崎4502171563
鹿児島6372912985
沖縄4471781229

配線器具からの発火・火災が増加
(テレワークでは特に注意)

訪日外国人の方も一緒に火災予防!
多言語チラシ
▲飲食店・宿泊施設、外国人が従事する事業所等、訪日外国人向け。7か国語で喫煙禁止火災予防防犯カメラマスク着用。ご自由にお使いください。

九州・沖縄の交通事故発生状況

消防白書からの抜粋

2021年(令和3年)の「消防白書」から、日常生活における火災で、おもなデーターをピックアップしています。(統計年は2020年で上記とは異なります)

  • 全火災の出火原因の約75%は失火。
  • 住宅火災は毎年減少(2020年までの10年間で約28%減少)しているものの、死者数は横ばい状況続いている。
  • 死者の約47%は逃げ遅れによるもの(不明・調査中をのぞく)、このうち避難行動を起こしていたものの、逃げ切れなかったと思われるものが約16%、火災に気づいたものの逃げ道がなかった、または火災に気づかなかったと思われるものが約16%。
  • 逃げ遅れでの死者のうち、おもな割合は病気・身体不自由が11%、熟睡中が約9%、延焼拡大が早く逃げ切れなかったものが約7%、消火しようとして死亡が約4%。
  • 住宅火災での死者発生時間は、午前0時~午前6時が多い(全時間帯の約1.2倍)
  • 死者が発生した住宅火災での着火(火がついたもの)で、もっとも多いのは寝具および衣類で全体の約19%。(不明を除く)
  • 死者のうち高齢者(65歳以上)が約70%で、81歳以上は全年齢層平均の約3倍。
  • 死因は火傷が約39%、一酸化炭素中毒・窒息が約37%。
  • 建物火災のうち全焼が約65%、半焼は約11%。
  • 建物火災による死者数は全火災の約80%(このうち約92%は住宅火災)。
  • 死者の発生した住宅火災の発火源は、たばこ(15.6%)、電気器具(12.6%)、ストーブ(9.3%)の順です。不明・その他を除きます。
  • たばこが原因の火災は、不適当な場所への放置が6割以上。
  • コンロによる火災の約半数は消し忘れ。
スポンサーリンク
火災予防

火災の怖さは1度に多くの死傷者が出たり、近隣へ被害が拡大することも少なくないことです。

気温が低くなると暖房器具を使う機会も増えます。冬から春は空気も乾燥する季節です。暖房器具や消火設備の点検、火事を起こさないための知識の共有が大切です。また大雨で水害被害にあわれた建物や工場などでは、配電盤や配線の点検(漏電チェックなど)も行いましょう。

2022年度の全国統一防火標語

令和5年3月末まで使用されます。

2022年度全国統一防火標語は「お出かけは マスク戸締り 火の用心」

地震火災の防止

消防庁が作成した動画(3分間のダイジェスト版)。地震や台風などの水害時に発生する火災について、わかりやすく解説しています。もしもの時にたいへん役立つ内容です。

地震火災発生のメカニズム等を過去の事例をもとに紹介し、対策例として家具等の転倒防止措置、感震ブレーカーの設置、安全装置付きの暖房器具の使用など。

火災原因の半分以上が電気関係って知らなかった。

台風や水害の時にも役立つね。本編も見たほうがいいよ。もっと詳しく教えてくれる。

本編動画はこちらから(約11分)[表示]

初期消火が大切!

消火スプレーで被害を最小に

初期消火に役立つ消火スプレー
小型消火器・投てき消火剤
[amazon・楽天]

爆発事故や放火を除けば、住宅火災(失火)のほとんどは小さな火から。もしもの時は燃え広がる前に、素早く消火が出来る備えが大切。「消火スプレー」や「投てき消火剤」をキッチンやお部屋に備え、被害を最小に抑えましょう!子どもや高齢者も簡単に使用でき、1秒でも早く消火できる環境づくりを。