全国の火災発生件数(ランキング)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

総出火件数、出火率、死者数の順位
(2019年のランキング)

2020年は発表されたあと更新します。

2019年に全国で発生した火災の総出火件数は3万7538件、死者は1,477人で負傷者は5,814人です。47都道府県の火災件数、出火率を掲載しています。

[目次]

数値は消防庁の統計情報(火災発生件数)から出典しています。

総出火件数

順位 都道府県名 総出火件数 建物火災 林野火災
1 東京都 4,119 2,919 5
2 愛知県 2,009 1,102 40
3 大阪府 2,002 1,403 7
4 神奈川県 1,920 1,187 15
5 北海道 1,888 1,125 34
6 千葉県 1,863 955 77
7 埼玉県 1,858 1,061 20
8 兵庫県 1,504 818 60
9 福岡県 1,345 740 47
10 茨城県 1,247 574 66
11 静岡県 1,010 530 26
12 長野県 905 402 45
13 広島県 838 430 63
14 群馬県 805 380 27
15 栃木県 759 330 56
15 岡山県 662 343 61
17 福島県 657 337 63
18 三重県 656 335 22
19 宮城県 654 356 33
20 鹿児島県 631 303 31
21 熊本県 623 295 43
22 岐阜県 622 318 25
23 青森県 606 287 52
24 新潟県 523 350 29
25 山口県 513 231 32
26 京都府 494 315 9
27 岩手県 442 213 59
28 長崎県 425 206 29
29 大分県 413 201 45
30 愛媛県 395 233 14
31 沖縄県 393 191 27
32 滋賀県 383 216 6
33 宮崎県 383 193 22
34 奈良県 382 187 7
35 山梨県 359 144 23
36 秋田県 356 198 32
37 和歌山県 343 173 12
38 山形県 332 175 22
39 香川県 331 155 13
40 佐賀県 305 135 22
41 徳島県 269 121 10
42 島根県 256 115 34
43 高知県 256 156 8
44 石川県 223 132 10
45 鳥取県 219 115 6
46 富山県 190 127 3
47 福井県 170 103 3

爆発事故や放火を除けば、住宅火災(失火)のほとんどは小さな火から。もしもの時は燃え広がる前に、素早く消火が出来る備えが大切。「消火スプレー」や「投てき消火剤」をキッチンやお部屋に備え、被害を最小限に抑えましょう!

初期消火に役立つアイテム
(楽天・amazon)

建物火災

順位 都道府県名 建物火災 総出火件数
1 東京都 2,919 4,119
2 大阪府 1,403 2,002
3 神奈川県 1,187 1,920
4 北海道 1,125 1,888
5 愛知県 1,102 2,009
6 埼玉県 1,061 1,858
7 千葉県 955 1,863
8 兵庫県 818 1,504
9 福岡県 740 1,345
10 茨城県 574 1,247
11 静岡県 530 1,010
12 広島県 430 838
13 長野県 402 905
14 群馬県 380 805
15 宮城県 356 654
15 新潟県 350 523
17 岡山県 343 662
18 福島県 337 657
19 三重県 335 656
20 栃木県 330 759
21 岐阜県 318 622
22 京都府 315 494
23 鹿児島県 303 631
24 熊本県 295 623
25 青森県 287 606
26 愛媛県 233 395
27 山口県 231 513
28 滋賀県 216 383
29 岩手県 213 442
30 長崎県 206 425
31 大分県 201 413
32 秋田県 198 356
33 宮崎県 193 383
34 沖縄県 191 393
35 奈良県 187 382
36 山形県 175 332
37 和歌山県 173 343
38 高知県 156 256
39 香川県 155 331
40 山梨県 144 359
41 佐賀県 135 305
42 石川県 132 223
43 富山県 127 190
44 徳島県 121 269
45 鳥取県 115 219
46 島根県 115 256
47 福井県 103 170
スポンサーリンク

出火率(人口1万人あたりの出火件数)

順位 都道府県 出火率(件数) 死者 負傷者
1 青森県 4.69 37 92
2 山梨県 4.31 12 49
3 長野県 4.31 40 133
4 茨城県 4.25 54 151
5 群馬県 4.06 34 117
6 鳥取県 3.87 8 27
7 栃木県 3.84 30 76
8 鹿児島県 3.84 14 86
9 島根県 3.73 10 28
10 山口県 3.71 27 65
11 佐賀県 3.68 11 40
12 三重県 3.60 19 81
13 徳島県 3.58 7 25
14 高知県 3.57 11 43
15 北海道 3.56 89 259
15 秋田県 3.56 18 85
17 和歌山県 3.56 12 31
18 大分県 3.56 14 50
19 岩手県 3.54 24 72
20 熊本県 3.50 13 105
21 宮崎県 3.47 13 39
22 福島県 3.46 53 101
23 岡山県 3.46 21 108
24 香川県 3.35 20 51
25 長崎県 3.11 24 41
26 岐阜県 3.04 18 77
27 山形県 3.03 16 52
28 東京都 3.00 108 702
29 千葉県 2.95 53 253
30 広島県 2.95 32 136
31 愛媛県 2.86 23 48
32 宮城県 2.84 28 96
33 奈良県 2.80 12 63
34 静岡県 2.71 33 149
35 滋賀県 2.70 12 62
36 兵庫県 2.70 52 218
37 愛知県 2.66 65 300
38 沖縄県 2.66 11 34
39 福岡県 2.62 40 164
40 埼玉県 2.52 88 333
41 新潟県 2.31 43 105
42 大阪府 2.26 72 479
43 福井県 2.16 10 33
44 神奈川県 2.09 71 356
45 石川県 1.95 9 45
46 京都府 1.93 49 123
47 富山県 1.79 17 31

爆発事故や放火を除けば、住宅火災(失火)のほとんどは小さな火から。もしもの時は燃え広がる前に、素早く消火が出来る備えが大切。「消火スプレー」や「投てき消火剤」をキッチンやお部屋に備え、被害を最小限に抑えましょう!

初期消火に役立つアイテム
(楽天・amazon)

死者数と死者発生率

死者発生率は10万人あたりです。

順位 都道府県 死者 死者発生率 負傷者
1 東京都 108 0.79 702
2 北海道 89 1.68 259
3 埼玉県 88 1.19 333
4 大阪府 72 0.81 479
5 神奈川県 71 0.77 356
6 愛知県 65 0.86 300
7 茨城県 54 1.84 151
8 福島県 53 2.79 101
9 千葉県 53 0.84 253
10 兵庫県 52 0.93 218
11 京都府 49 1.92 123
12 新潟県 43 1.90 105
13 長野県 40 1.90 133
14 福岡県 40 0.78 164
15 青森県 37 2.86 92
15 群馬県 34 1.72 117
17 静岡県 33 0.89 149
18 広島県 32 1.13 136
19 栃木県 30 1.52 76
20 宮城県 28 1.22 96
21 山口県 27 1.95 65
22 岩手県 24 1.92 72
23 長崎県 24 1.76 41
24 愛媛県 23 1.66 48
25 岡山県 21 1.10 108
26 香川県 20 2.03 51
27 三重県 19 1.04 81
28 秋田県 18 1.80 85
29 岐阜県 18 0.88 77
30 富山県 17 1.60 31
31 山形県 16 1.46 52
32 大分県 14 1.21 50
33 鹿児島県 14 0.85 86
34 宮崎県 13 1.18 39
35 熊本県 13 0.73 105
36 山梨県 12 1.44 49
37 和歌山県 12 1.24 31
38 奈良県 12 0.88 63
39 滋賀県 12 0.85 62
40 高知県 11 1.53 43
41 佐賀県 11 1.33 40
42 沖縄県 11 0.75 34
43 島根県 10 1.46 28
44 福井県 10 1.27 33
45 石川県 9 0.79 45
46 鳥取県 8 1.41 27
47 徳島県 7 0.93 25

初期消火がもっとも大切

爆発事故や放火を除けば、住宅火災(失火)のほとんどは小さな火から。もしもの時は燃え広がる前に、素早く消火が出来る備えが大切。「消火スプレー」や「投てき消火剤」をキッチンやお部屋に備え、被害を最小限に抑えましょう!

消火スプレー・小型消火器(初期消火)で被害を最小に!
爆発事故や放火を除けば、住宅火災(失火)のほとんどは、最初は小さな火元からです。「楽天」や「amazon」でご購入できる消火&防火製品です、
スポンサーリンク
シェアする

過去の記事(一部広告を含む)



事件・事故・災害アーカイブ