夏と冬の気温(自然災害の記録)

スポンサーリンク

夏と冬の気象情報

夏と冬の気温予想、大雨による災害時の被害防止、大雪時の事故防止情報を掲載しています。近年の夏は豪雨や台風による甚大な被害が目立っています。また猛暑日も顕著に増加しています。冬の期間においても大雪による事故が目立つなど、極端な気象傾向が続いています。過去の災害からリスクを予見し被害を少しでも減らすことが大切です。

スポンサーリンク

夏の気温と災害

2010年代以降の夏は猛暑の日が目立ち、台風・豪雨による自然災害が顕著に増加しています。

気温と降水量の予想

気象庁の1か月予報、3か月予報からの気温予想と過去の記録です。

今年の夏は暑い(2021年)気温予想
気象庁の「1か月予報」による週単位の気温、「3か月予報」による8月から10月の気温と降水量の予想を掲載しています。期間の平均気温は北・東日本と沖縄・奄美で高い確率が50%、西日本で平年並または高い確率ともに40%と予想されています。

地域別(夏の気温)

北日本・東日本

西日本・九州・沖縄

いつから暑いの?
(真夏日が始まる日)

いつまで暑いの?
(真夏日が終わる日)

旬ごとの最高/最低気温

スポンサーリンク

真夏日(最高気温が30℃以上)の期間が長いランキング(42都市)

夏の災害と事故

オリンピック期間中の気温
暑い夏が来る前に!
エアコンの点検・清掃を

冬の気温と災害

近年の冬は暖冬傾向が続いており、また局地的な大雪も目立っています。

気温と降水・降雪量

気象庁の1か月予報、3か月予報からの気温予想と過去の記録をです。

今年の冬は寒い(2021年)気温と雪の予想
気象庁の「1か月予報」「3か月予報」から、2021年5月までの気温と降水・降雪量の予想を掲載。この冬の気温は北海道と東北をのぞき暖冬、降雪量は中国(山陰)と九州をのぞき暖冬でした。また「ラニーニャ現象」は春に終息する確率が80%と予想されています。

地域別(冬の気温と雪)

北日本・東日本

西日本・九州・沖縄

猛暑のあとの冬は寒い?暖冬?
いつから寒いの?
インフルエンザと冬の気温
いつまで寒いの?

冬の災害・事故関連

コロナ感染拡大防止チラシ

スポンサーリンク
シェアする

過去の記事(一部広告を含む)



事件・事故・災害アーカイブ