夏と冬の気象・災害に関連する情報

スポンサーリンク

夏と冬の気象情報

夏と冬の気温予想、大雨による災害時の被害防止、大雪時の事故防止情報を掲載しています。近年の夏は豪雨や台風による甚大な被害が目立っています。また猛暑日も顕著に増加しています。冬の期間においても大雪による事故が目立つなど、極端な気象傾向が続いています。過去の災害からリスクを予見し被害を少しでも減らすことが大切です。

スポンサーリンク

夏の気温と災害

気温と降水量の予想(1か月・3か月)

今年の夏は暑い?(2020年)気温予想と災害の記録
気象庁の「3か月予報」によると6月~8月の気温は、全国的に平年より高くなる予想です。梅雨の降水量は近畿から九州にかけて、平年より多くなる予想です。もしもの災害に備えて、危険個所の把握と避難経路の確認、非常食や防災用品の準備も大切です。夏の気温予想と近年の災害について掲載しています。

地域別(夏の気温)

いつから暑いの?(真夏日の記録)

東京オリンピック2020年(夏の気温予想)

コロナ感染拡大防止チラシ

夏の災害・事故関連

スポンサーリンク

冬の気温と災害

気温と降水・降雪量の予想(1か月・3か月)

今年の冬は寒い?(2020年)記録的な暖冬でした。
[最新情報]気象庁の長期予報から、2020年2月から4月の気温予想を掲載。冬から春の気温(全般)は全国的に平年より高く、降雪量は日本海側で平年より少ない予想。

地域別(冬の気温と雪)

冬の災害・事故関連

コロナ感染拡大防止チラシ

年間の気温データー