サメの目撃・出没・事故情報

スポンサーリンク

気象庁は7月23日(金)21時に発生した「台風8号」は、27日(火)頃に本州に接近・上陸するおそれがあると発表しています。海のレジャーを予定される方は、今後の気象情報にご注意を!

スポンサーリンク

目撃情報(地域別)

2021年(令和3年)に全国で目撃されたサメの情報です。市町村の安心メール等、各都道府県が公開している情報、観光協会等の発表、およびメールでお寄せいただいた情報などです。(すべての情報ではありません)

サメの目撃・出没情報

[目次]

北海道・東北・関東・甲信

茨城県の海岸でサーフィン中の男性が負傷

  • 日時:2021年7月20日午後3時ごろ
  • 場所:茨城県大洗町の海岸(大洗サンビーチ海水浴場南側、老健おおあらい下の海)
  • 状況など:サーフィン中の男性が足を噛まれるなどのケガ。サメによるものと断定されてないものの可能性があるということです。

大洗町の発表によると、7月21日(木)~26日(月)まで「大洗サンビーチ海水浴」は、遊泳禁止ということです。27日(火)以降は状況をみて判断するということです。またマリンジェット、防災ヘリ、消防ドローンでの監視、および茨城海上保安部による巡視を行うということです。

千葉県館林市でメガマウス

  • 日時:2021年6月15日以降
  • 場所:千葉県館山市の港
  • 種類:メガマウス(体長4mくらい)

wikipediaによると、熱帯から温帯の水深200メートル付近に生息するプランクトンをエサにしている、おとなしいサメということです。2020年6月にも館山市の東京湾沖合で定置網にかかった(のちに放流)ことがあるということです。

新潟県柏崎市でサメ

  • 日時:2021年6月6日
  • 場所:新潟県柏崎市の沖合2kmの海上(海水浴場にも近いということです)
  • 種類:メジロザメ科のサメの可能性(特定はされていない)

日本大百科全書(ニッポニカ)によると、メジロザメ科のサメは世界中に多くの種が知られ、日本近海にも8種程度が分布している。かなり沿岸に近づき、大形種はときに人をも襲う。またwikipediaでは、メジロザメ科の中で特に危険なのはイタチザメとオオメジロザメで、これら2種はホホジロザメよりも人身事故の件数が多いそうです。

目撃された方のツイート[表示]

スポンサーリンク

2020年は2件の情報があります(関東・甲信)>>

東海・北陸

2021年6月末までの掲載情報はありません。(東海・北陸は昨年も情報はありません)

 

近畿・中国・四国

米子市の「淀江海岸」沖合でサメの目撃

  • 日時:2021年7月18日午後2時ごろ
  • 場所:鳥取県米子市淀江(よどえ)町の淀江海岸の沖合2メートル
  • 種類など:不明(体長は2メートルくらいということです)

防府市の「富海海水浴場」にサメ

  • 日時:2021年6月27日午前10時ごろ
  • 場所:山口県防府市富海富海新地の「富海(とのみ)海水浴場」約10メートル沖
  • 種類など:シュモクザメ(体長約1.2メートル)とみられています。
  • その他:7月16日まで海水浴場での遊泳を禁止。また7月3日に予定されていた海開きは17日に延期されたということです。

7月17日から遊泳が可能になったということです。遊泳区域は砂浜から約200メートルで、遊泳可能な時間は2人の監視員のいる午前9時から午後6時ということです。

シュモクザメの特徴や習性、危険性など

阪南市のせんなん里海公園(ぴちぴちビーチ)

  • 日時:2021年6月9日午後3時ごろ
  • 場所:大阪府阪南市の「せんなん里海公園(ぴちぴちビーチ)」
  • 状況など:サメらしきものが泳いでいるのを目撃された。鯉と同じサイズの魚が尻尾を噛み千切られ、顔も少し噛まれたのか出血してました。また魚の群れが逃げるように浅瀬へ泳いでいったということです。

※メールでお寄せいただいた情報です。(公的機関・報道による発表ではありません)

2020年は3件の情報があります(近畿・中国)>>

九州・沖縄

熊本県の「八代海」でサメの目撃

  • 日時:2021年7月中旬ごろ
  • 場所:熊本県葦北郡芦北町の「八代海」
  • 状況など:1メートルくらいのサメ(種類などは不明)を目撃。

※メールでお寄せいただいた情報です。(公的機関・報道による発表ではありません)

宮古島の「パイナガマビーチ」でサメの目撃

  • 日時:2021年7月4日
  • 場所:沖縄県宮古島市字南西里の「パイナガマビーチ」
  • 状況など:サメ(種類などは不明)の目撃情報が寄せられているということで、注意看板(沖合での遊泳禁止)を立てたということです。

2020年は2件の情報があります(九州)>>

安全対策など

海で泳ぐ場合は営業期間中の海水浴場を利用しましょう。

  • 開設前や終了後はライフセーバーも不在になります。
  • サメよけの防護ネットなどが設置されていない場合もあります。
  • もしもの水難事故には、救助などの対応が遅れるケースもあります。
  • ケガなどで出血している場合は、海に入らないようにしましょう。
  • サメは海水温が高いと北上しやすいそうです。
  • 朝夕は出没しやすいとも言われています。水温も低く危険を発見しにくいため、避けるようにしましょう。
水難事故にご注意!

2020年は全国で1,353件(年間)の事故が発生し、死者・行方不明者は722人(うち子どもは176人)でした。特に7月と8月の2か月間には年間事故の約37%、水難者の約39%、死者・行方不明者は約35%を占めます。
水難事故の原因と事故事例へ

近年の目撃情報

2019年の掲載はありません。

安全対策

サーファー人口の多い茨城県の盗難件数は、2年連続で全国1位、千葉県は3位、愛知県は4位です。また7月に入ると海開きも多くなります。レジャーに向かう時、帰り道の交通事故、取り締まりにも注意が必要です。7月~8月は都道府県ごとに「夏の交通安全運動」が実施されます。事故を起こさないことはもちろん、反則金を取られないように!実施期間をまとめています。

サメに関する記事

目撃情報をお寄せください

匿名でOK。内容とメールアドレスのみ。

ご入力フォーム[プルダウンで表示]

    ご入力内容はSSL暗号化通信で保護されます。
    内容を拝見のうえ掲載させていただきます。

    日時、都道府県・市町村名、海岸の名称や通称。お分かりになる範囲でOKです。

    個人情報のお取扱いについて
    ご入力されたお名前・メールアドレス等の管理は厳重に行い、お客様の了承および法令に基づく場合を除き、個人情報を第三者に提供する事はありません。
    またお名前、メールアドレスは、目撃情報の掲載後に速やかに削除いたします。当サイトで保存することはありません。

    [必須]

    ご入力内容をご確認のうえ、送信ボタンを押してください。送信内容のコピーが自動返信されます。

    スポンサーリンク
    シェアする

    過去の記事(一部広告を含む)



    事件・事故・災害アーカイブ