可搬式オービスによる取り締まり情報(愛知県)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

[目次]

可搬式オービス

愛知県内共通の情報です。

移動できる速度自動取り締まり機で、レーザーで速度を計測(従来の取り締まり探知機などでは検知不可)またその場での違反処理は行われず、数日から2週間ほどで出頭通知(呼出し状)が届きます。(県外やレンタカーなどの場合は、届くまで1か月以上かかることもあるそうです)

可搬式オービス
▲上記はGIFアニメにしたもの(イメージ)で、実際の取り締まり映像ではありません。

  • 15キロオーバーでも検挙されることがある。実際の取り締まり速度基準は分かりませんが、最低計測速度が40km/hということなので、生活道路(30km/h制限など)の場合は、10km/h超過から摘発可能になります。
  • 夜間や雨天、有料道路・都市高速・堤防道路・トンネル内も運用可能。
  • 短時間で場所を移動
  • 愛知県警はLSM-300系(白黒/カラー撮影の2タイプ)
  • 取り締まり予告看板等はなし
  • 速度超過した場合に、撮影されたことを知らせる目的でピカッと発光しますが、状況によっては気づかない場合もありそうです。

愛知県警のツイッター情報によると、名古屋高速で取り締まりを行った時は、約2時間で50件以上の速度超過違反があったそうです。

住宅道路や通学路(登下校の時間帯)で取り締まりが強化されています。愛知県警は2019年時点で5台運用され、全国でもっとも多いということです。また2022年度は全国的に運用台数を大きく増やすということです。{例えば千葉県では2022年度中に、これまでの3台から10台に増やすと発表しています。同県の可搬式オービスによる摘発件数(2021年)は5,316件で前年の5倍ということです}

2022年3月に一宮・豊田・豊橋の各警察署に新たに配置されたということです。近隣警察署との共用も行うということで、これまで以上に取り締まり道路や回数が増えそうです。

可搬式オービスによる速度取り締まり

すべての都道府県で運用中、予告看板なし、レーダー探知機で予知できない、サイン会場なしなど神出鬼没!

従来の速度取り締まり、白バイ等による摘発も含め一層の安全運転が大切ですね。

取り締まり公開情報(2022年6月)

本日は2022年06月30日です。

「可搬式オービス」による取り締まり予告(県内全域)です。愛知県警の公開情報を掲載しています。出典:愛知県警(PDF)

詳細な場所まで発表されていませんが、移動式のため同一地域内の複数の場所・時間で行われるようです。特に通学路付近の取り締まりが強化されています。また雨天や夜間の実施もあるようです。該当地域を通行予定の方はご注意を!

6月27日(月) 日進市香久山
名古屋市熱田区
高浜市向山町
6月28日(火) 知多市つつじが丘
名古屋市瑞穂区
豊川市長沢町
西尾市斎藤町
6月29日(水) 名古屋市中川区
岡崎市矢作町
6月30日(木) 名古屋市昭和区
蒲郡市水竹町

住宅道路(市道)、豊田市の「猿投グリーンロード」(※)、名古屋高速などでも行われています。※無料になる夜間(22時以降)も実施されています。従来からの速度取り締まり、白バイや覆面パトカー等による取り締まりにもご注意。愛知県警のHPによると、6月の白バイ隊の重点活動地域は、緑警察署、春日井警察署、一宮警察署、稲沢警察署、津島警察署及び半田警察署、安城警察署、岡崎警察署、豊田警察署及び豊橋警察署の各管内ということです。

取り締まり情報をスマホに送る

可搬式オービス

スポンサーリンク




速度違反の点数と反則金

  • 一般道で30km/h以上超過は罰金。
  • 高速道路で40km/h以上超過は罰金。
  • 速度の単位はkm/h、反則金の単位は千円です。
超過速度
(km/h)
違反
点数
反則金(単位:千円)
大型 普通 二輪 小型
特殊
原付
高速道路
35以上
40未満
12 40 35 30 20 20
高速道路
30以上
35未満
6 30 25 20 15 15
25以上
30未満
3 25 18 15 12 12
20以上
25未満
2 20 15 12 10 10
15以上
20未満
1 15 12 9 7 7
15未満 12 9 7 6 6

点数あと僅か!な方は、特に慎重な運転を

交通違反の点数と反則金▲PDFで表示・印刷できます。(A4サイズ|ヨコ)

速いクルマは危にゃーでいかんわー

新型のネズミ捕りにチューいだがね。

反則金とられるだらー

可搬式オービスの取り締まり。生活道路・スクールゾーンは特に注意

歩行者妨害にもご注意を!

愛知県は「歩行者妨害=歩行者のいる信号のない横断歩道での一時停止違反」の検挙数が、毎年全国でもっとも多くなっています(1日あたり約70件の摘発)。愛知県の停止率は47.6%(2021年)で全国平均の32.5%よりは高いものの、まだ半数以上の車が違反状況です。

飲酒運転で検挙されると
9割以上が仕事に影響

▲失うかもしれない未来はプライスレス

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
事件・事故・災害アーカイブ