神奈川の交通事故発生状況・件数(2019年)

スポンサーリンク

今日も安全運転でいきましょう!

発生件数・特徴を知り事故抑止

データーの出典:神奈川県警および政府統計総合窓口
2019年のデーターは暫定数で修正される場合があります。

神奈川県の交通事故

6月30日までの1日平均

[目次]

発生状況(2019年)

7月21日現在(交通事故日報からの暫定数) ※更新時間により、全国順位と数値が異なる場合があります。

発生件数 前年比
人 数
人身事故 12,636件 -1,835件
負傷者数 14,729人 -2,441人
死者数 75人 -3人

死者数の全国順位:2位

死者数 前年比 死者数 前年比
1 13 -5 7 10
2 5 -5 8 18
3 12 +3 9 12
4 11 +3 10 16
5 17 +7 11 17
6 9 -7 12 19

※薄いグレー数字は昨年の死者数です。

  • 6月の死者数は9人で前年より7人減少しています。6月末までの累計死者数は67人で、前年より4人減少しているものの全国ワースト1(千葉県と同数)になっています。(いずれも暫定数)

夏の交通事故防止運動

  • 期間:令和元年7月11日(木)から7月20日(土)
  • 実施要綱:こちらから(PDF|外部リンク)

重点項目

  1. 過労運転・無謀運転の防止
  2. 子どもと高齢者の交通事故防止
  3. 自転車の交通事故防止
  4. 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  5. 踏切の交通事故防止

ポスター(チラシ)

夏の交通安全運動

拡大表示(画像)

▲上記ポスターのPDFを表示

発生状況(2018年)

発生件数・死傷者数

県内では162人が亡くなり全国ワースト4です。(前年より13人増加)

  • 人身事故発生件数:26,212件
  • 負傷者数:31,021人
  • 死者数(24時間以内):162人 (前年比+13)全国ワースト4
  • 死者数(30日以内):194人
  • 10万人あたりの死者数:1.77人 ※全国順位は40位

交通事故の特徴

2018年の交通事故死者数(全国)ワースト10のうち、前年より増加しているのは神奈川県と千葉県のみです。全国的には死者数が減少傾向にありますが、神奈川県では過去3年間でもっとも多く、2年連続で増加しています。

  • 歩行者の死亡者数(63人)のうち、65歳以上の高齢者が38人で約6割を占めます。
  • 車両事故の死者では二輪車(原付を含む)が46人で、全体の約28%です。
  • 車両事故死者では単独事故がもっとも多く43人で、前年より14人増加しています。
  • 死者の多い地域は、横浜地域(57人)、県央・県西地区(33人)、湘南・西湘地区(31人)の順です。特に湘南・西湘地区は前年より11人増加しています。

被害者にも加害者にもならない!

「携帯電話に事故の連絡が入る」ことがないように・・ 歩きスマホ・ながらスマホ「8つの危険」 知れば知るほど怖い?飲酒運転の罰則と検挙状況 業務中の交通事故・違反をゼロに! ▲安全運転を促す、業務用運転日報を無料配布しています。 違反別の検挙数と取り締まりが強化されている違反 運転免許の取消し件数は年間4万件以上

  • 子どもの飛び出し注意
▲オンマウスまたはタップで停止