横断歩道での一時停止率(歩行者妨害)2021年

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一時停止率の全国平均は30.6%
(約7割のクルマが停止しない)

JAF(出典)の調査によると、2021年の「歩行者のいる信号機のない横断歩道での車の一時停止率」は全国平均が30.6%で、前年より9.3%改善しています。全国でもっとも停止率が高かったのは長野県の85.2%で6年連続全国1位、もっとも低かったのは岡山県で10.3%です。

JAFのデーターを元に都道府県ランキング、前年との比較。また警察庁の統計情報から取り締まりの状況を掲載しています。

[目次]

都道府県別の一時停止率

  • 40都道府県で前年より改善しています。
  • アイコンは当サイトで掲載。

北海道・東北

宮城県は前年に比べ45.7%も向上し、全国でもっとも改善しています。順位は47位から4位になっています。3位の山梨県との差はわずか0.5%です。

停止率の改善

都道
府県
2021年
停止率
2020年
停止率
前年比 改善
北海道 25.6% 22.4% +3.2% 良い
青森 14.0% 12.9% +1.1% 良い
岩手 45.7% 23.2% +22.5% 大きく改善
宮城 51.4% 5.7% +45.7% 大きく改善
福島 32.1% 27.0% +5.1% 良い
秋田 46.9% 21.8% +25.1% 大きく改善
山形 42.5% 24.8% +17.7% 大きく改善

北海道は11月末までに「歩行者妨害等」による死亡事故が2件発生しているということです。東北の平均は36.0%(全国平均は30.6%)

関東・甲信

千葉県は2019年の停止率が31.0%でしたが、2年連続で下がっています。(2年連続は全国で千葉県のみ)

停止率の改善

都道
府県
2021年
停止率
2020年
停止率
前年比 改善
新潟 37.3% 49.4% -12.1% 悪い
長野 85.2% 72.4% +12.8% 大きく改善
茨城 19.0% 27.3% -8.3% 悪い
栃木 31.0% 14.2% +16.8% 大きく改善
群馬 22.0% 13.9% +8.1% 良い
埼玉 23.6% 12.4% +11.2% 大きく改善
千葉 25.5% 26.7% -1.2% 悪い
東京 12.1% 6.6% +5.5% 良い
神奈川 27.9% 23.4% +4.5% 良い
山梨 51.9% 35.8% +16.1% 大きく改善

関東・甲信の平均は33.6%(全国平均は30.6%)

東海・北陸

愛知県は2020年の「歩行者妨害」摘発件数が全国でもっとも多いということです。三重県は2019年の停止率3.4%(最下位)から、2年連続して大きく改善。(三重県では歩行者が横断歩道を渡る際に手を挙げる「ハンドサイン」の普及も進めているということです)

停止率の改善

都道
府県
2021年
停止率
2020年
停止率
前年比 改善
富山 25.1% 10.7% +14.4% 大きく改善
石川 50.7% 29.3% +21.4% 大きく改善
福井 20.2% 19.7% +0.5% 良い
岐阜 35.5% 19.7% +15.8% 大きく改善
静岡 63.8% 54.1% +9.7% 良い
愛知 47.6% 32.5% +15.1% 大きく改善
三重 47.0% 27.1% +19.9% 大きく改善

東海の平均は48.5%、北陸は32.0%(全国平均は30.6%)

スポンサーリンク

近畿

兵庫県は全国平均(30.6%)を超えているものの、前年の全国順位2位から14位に下がっています。

停止率の改善

都道
府県
2021年
停止率
2020年
停止率
前年比 改善
滋賀 20.7% 18.7% +2.0% 良い
京都 16.8% 19.9% -3.1% 悪い
大阪 20.4% 11.8% +8.6% 良い
兵庫 43.0% 57.1% -14.1% 悪い
奈良 28.1% 19.0% +9.1% 良い
和歌山 18.4% 15.9% +2.5% 良い

近畿の平均は24.6%(全国平均は30.6%)

中国・四国

岡山県の停止率は前年より改善されたものの、全国でもっとも低くなっています。(3年連続で改善してるものの横ばい状況)愛媛県は前年より28.6%高くなり、宮城県に次いで全国で2番目に高い改善です。

停止率の改善

都道
府県
2021年
停止率
2020年
停止率
前年比 改善
鳥取 28.5% 22.0% +6.5% 良い
島根 44.9% 43.2% +1.7% 良い
岡山 10.3% 7.1% +3.2% 良い
広島 24.1% 27.9% -3.8% 悪い
山口 31.0% 18.0% +13.0% 大きく改善
徳島 19.4% 11.8% +7.6% 良い
香川 25.2% 12.1% +13.1% 大きく改善
愛媛 43.1% 14.5% +28.6% 大きく改善
高知 26.6% 13.4% +13.2% 大きく改善

中国の平均は27.8%、四国は28.6%(全国平均は30.6%)

九州・沖縄

停止率の改善

都道
府県
2021年
停止率
2020年
停止率
前年比 改善
福岡 35.3% 31.4% +3.9% 良い
佐賀 21.7% 18.1% +3.6% 良い
長崎 32.9% 35.0% -2.1% 悪い
熊本 40.8% 25.7% +15.1% 大きく改善
大分 30.1% 15.7% +14.4% 大きく改善
宮崎 45.0% 31.3% +13.7% 大きく改善
鹿児島 25.5% 18.3% +7.2% 良い
沖縄 31.1% 18.0% +13.1% 大きく改善

九州・沖縄の平均は32.8%(全国平均は30.6%)

停止率が高いランキング

停止率ランキング

2021年は長野県が6年連続で1位、静岡県は前年の3位から2位へ、山梨県は7位から3位に順位を上げています。

宮城県は前年の停止率が全国ワースト1でしたが、2021年は大きく改善し全国4位!わずか1年で5.7%から50%超えはすごいですね。
(宮城県の過去3年間は低い停止率でした。3.4%→7.4%→5.7%⇒51.4%)

順位 都道
府県
2021年 2020年
1 長野 85.2% 72.4%
2 静岡 63.8% 54.1%
3 山梨 51.9% 35.8%
4 宮城 51.4% 5.7%
5 石川 50.7% 29.3%
6 愛知 47.6% 32.5%
7 三重 47.0% 27.1%
8 秋田 46.9% 21.8%
9 岩手 45.7% 23.2%
10 宮崎 45.0% 31.3%

長野県は6年連続で停止率が1位!

すごい!2位より20%以上も高いし

止まってくれると嬉しいじゃん

 

左右をしっかり確認して渡ろうね

停止率が低いランキング

全国ワースト1は岡山県で約9割のクルマが一時停止しない(歩行者妨害)状況です。2020年も低い順で3位です。停止率が低い地域では、取り締まりが一段と厳しくなるかもですね。

順位 都道
府県
2021年 2020年
1 岡山 10.3% 7.1%
2 東京 12.1% 6.6%
3 青森 14.0% 12.9%
4 京都 16.8% 19.9%
5 和歌山 18.4% 15.9%
6 茨城 19.0% 27.3%
7 徳島 19.4% 11.8%
8 福井 20.2% 19.7%
9 大阪 20.4% 11.8%
10 滋賀 20.7% 18.7%
全国の一時停止率を色分け

JAFの発表データーを元に色分けしたもの(画像の転用はご自由にどうそ)

横断歩道での一時停止率

歩行者妨害の検挙件数

これだけ知れば事故を減らし、違反点数2点+反則金9,000円(普通車)を失うことがなくなるかも!? 記事内の事故件数等は、政府統計総合窓口(交通事故統計)から出典しています。

取り締まり
2021年は発表されたあとに更新します。

2020年の「歩行者妨害」の検挙件数は全国で29万0532件(1日平均は約794件)で、前年より6万1137件も増えています。5年以上連続で増加しており2016年の約2.6倍です。

歩行者妨害の検挙数(推移)

2021年10月13日に警察庁の通達「歩行者優先と正しい横断の徹底に向けた取組の強化について(外部リンク|PDF)」が出されています。歩行者優先の取り組みに関する通達は、2018年以降で4回目です。取り締まりが一段と強化されそうです。

横断歩行者等妨害等(歩行者妨害)

歩行者のいる信号機のない横断歩道での車の一時停止違反です。歩行者が横断するか分からない場合も、直前で停止できるような速度で進行する必要があり、また歩行者が通行をゆずってくれた場合においても、摘発の対象になるということです。

後続車がいる場合はブレーキを複数回踏んで停止ランプで知らせる、追突の危険性がある場合はハザードランプなどで知らせましょう。また二輪車は特に注意し、出来る限り左側に寄って停止するなどで追突事故を防ぎましょう。

追突される危険がある場合

二輪車等で一時停止することによって、後続車に追突される危険性が高く停止できなかった場合について、警察(#9110)に聞いてみたところ取り締まるかどうかは、個別に判断するということです。警察官の現認が基本ということで、明らかに追突の危険があった場合においては対応が異なる場合もあるということです。(すべての都道府県で同じかどうかは分かりません。同様のケースを黙認するという意味ではなく、歩行者に危険が生じなかった場合などです)※警察の公式見解ではありません。

横断歩行者妨害

地球交通事故撲滅本部

警察庁が制作した動画です。「吾輩の人」に怒られるけど、いろいろ教えてくれます!多くの人が知らない、または忘れてしまった内容かも。3分12秒の動画(字幕あり)を見れば、事故を減らし違反点数2点・反則金9千円(普通車)を失うこともなくなるかも。
[チャンネルは千葉県警]


上記は運転者編 ①(横断歩道に気づいたら)です。

動画は朝に見ると「ドンジャカ・・キュイーン♪・・ドカーン!」のBGMで目が覚めちゃうよ!

1日の安全運転にもつながるね。

2020年に「歩行者妨害」で検挙された件数は、全国で29万0532件(1日あたり約794件)。前年より6万1137件も増えています。2021年11月末までの死亡事故の法令違反では、歩行者妨害等が188件(前年同期比+23件)です。昨年、おととしの同期より増えており、取り締まりが厳しくなりそうです。

取り締まりは厳しいようです!

youtubeに投稿された取り締まり映像です。ほとんどの運転者が見過ごしてしまいそうな状況でも、検挙されることがあるようです。

上記以外では歩行者が道を譲ってくれた場合、横断歩道の右側(対向車線側)に渡ろうとしている歩行者がいたものの、通行車両の陰で確認できなかった場合などにおいても摘発されています。道交法では歩行者の横断中はもちろん、渡ろうとしている場合は一時停止義務、また「歩行者がいないことが明らかな場合をのぞいて、いつでも停止できる速度で通行しないといけない」とあります。

愛知県や三重県、兵庫県など複数の地域では、毎月11日を「横断歩行者の日」として定め、取り締まりが強化されています。(お住いの地域の警察本部HPをご確認)

お気をつけて

横断歩行者妨害

右よし左よし、どっちもOK!

どうしたの?キョロキョロして・・

歩行者を確認する練習だよ。

・・・・

こっそり見張っている、おまわりさんも発見できるかもね。

 

次のページは事故状況と罰則など

「歩行者妨害」による人身事故は11,629件、死亡事故は224件発生(過去5年の年間平均)しています。下記について掲載しています。

  • 人身事故の発生状況
  • 年齢層別の事故件数
  • 違反点数と罰則
  • ポスターなど