交通事故の発生状況 2020年(令和2年)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

全国の交通事故件数(ランキング等)

[目次]

 

このページに掲載している数値等は、「政府統計総合窓口」から出典した2次情報です。
数値を再利用される場合は、出典元データー|政府総合統計窓口をご使用ください。

2020年の概要

交通事故死者数

全国の交通事故死者数は2,839人で、前年より376人(-11.7%)減少し統計開始(1948年)以降、初めて3,000人を下回っています。コロナ禍による外出自粛(交通量の減少)などが影響したとみられています。2019年までの10年間の年平均減少率は-4.2%です。

過去もっとも死者数が多かったのは1970年(昭和45年)で1万6765人(1日あたり約46人)、平成以降では1992年(平成4年)で1万1452人(1日あたり約31人)です。昨年は1日あたり8人弱(約7.8人)まで減少しています。

人身事故・負傷者数

  • 人身事故件数:30万9000件
    (前年比:-7万2237件)
  • 負傷者数:36万8601人
    (前年比:-9万3174人)

月別の死者数

  • 全国の死者数(人)
  • カッコ内は前年比
  • 前年比でもっとも減少したのは8月
  • 前年比で増加したのは2月
死者数 死者数
1 262(-3) 7 191(-38)
2 247(+37) 8 197(-81)
3 239(-22) 9 243(-50)
4 213(-53) 10 273(-40)
5 194(-16) 11 280(-48)
6 202(-4) 12 298(-58)
グラフで見る[表示]
交通事故死者数の推移(2020年)

グラフは当サイトで作成したもの

交通事故死者数等の順位

2020年1月1日~12月31日

全国の死者数

  • ワースト1は東京都
  • もっとも少なかったのは鳥取県
順位 都道府県 2020年 2019年
1 東京都 155 133
2 愛知県 154 156
3 北海道 144 152
4 神奈川県 140 132
5 千葉県 128 172
6 大阪府 124 130
7 埼玉県 121 129
8 兵庫県 110 138
9 静岡県 108 101
10 福岡県 91 98
11 茨城県 84 107
12 三重県 73 75
13 広島県 71 75
14 新潟県 64 93
15 岡山県 62 75
16 栃木県 60 82
17 香川県 59 47
18 福島県 57 61
19 鹿児島県 53 61
20 滋賀県 49 57
20 京都府 49 55
22 愛媛県 48 42
23 岩手県 46 45
23 長野県 46 65
23 熊本県 46 69
26 群馬県 45 61
27 宮城県 44 65
28 岐阜県 43 84
28 大分県 43 41
30 山口県 42 45
31 福井県 41 31
32 石川県 40 31
33 秋田県 37 40
34 宮崎県 36 39
35 高知県 34 33
35 長崎県 34 33
37 佐賀県 33 34
38 山形県 30 32
39 青森県 28 37
40 富山県 26 34
41 奈良県 25 34
42 沖縄県 22 36
43 山梨県 21 25
44 徳島県 20 41
45 和歌山県 18 33
45 島根県 18 25
47 鳥取県 17 31

ワースト1東京都の交通事故
発生状況と特徴

前年から増減した都道府県

※色分けは当サイトで行ったもので警察庁の発表ではありません。

増減数 1~5人 6~10人 11人以上
 減少
 増加

交通事故死者数マップ

おととしワースト1だった千葉県は44人減少して、減少数は全国1位だよ。

取り締まりが強化されたのも影響してるかもね。12月は連日「飲酒検問」を実施してた。千葉県はおまわりさんも頑張ったね。

全国的に「歩行者妨害の取り締まり」も厳しかったね。検挙件数(※)は、たぶん過去最多だよ。
2021年も厳しくなるみたいだよ。

※おととしまで5年連続で増加しています。

まじかーー。。

全国の増減数(人 )[表示]
全国の増減数(前年比)
  • もっとも増加したのは東京都
  • もっとも減少したのは千葉県
    ※おととしの死者数172人(全国ワースト1)から128人(5位)
順位 都道府県 増減数(人)
1 東京都 22
2 香川県 12
3 福井県 10
4 石川県 9
5 神奈川県 8
6 静岡県 7
7 愛媛県 6
8 大分県 2
9 岩手県 1
10 高知県 1
11 長崎県 1
12 佐賀県 -1
13 山形県 -2
14 愛知県 -2
15 三重県 -2
16 秋田県 -3
17 山口県 -3
18 宮崎県 -3
19 福島県 -4
20 山梨県 -4
20 広島県 -4
22 京都府 -6
23 大阪府 -6
23 島根県 -7
23 福岡県 -7
26 北海道 -8
27 埼玉県 -8
28 富山県 -8
28 滋賀県 -8
30 鹿児島県 -8
31 青森県 -9
32 奈良県 -9
33 岡山県 -13
34 鳥取県 -14
35 沖縄県 -14
35 和歌山県 -15
37 群馬県 -16
38 長野県 -19
39 宮城県 -21
40 徳島県 -21
41 栃木県 -22
42 茨城県 -23
43 熊本県 -23
44 兵庫県 -28
45 新潟県 -29
45 岐阜県 -41
47 千葉県 -44
全国の増減率(%)[表示]
全国の増減率(前年比)
  • 増加率がもっとも高いのは福井県
  • 減少率がもっとも低いのは徳島県
順位 都道府県 増減率(%)
1 福井県 +32.3
2 石川県 +29.0
3 香川県 +25.5
4 東京都 +16.5
5 愛媛県 +14.3
6 静岡県 +6.9
7 神奈川県 +6.1
8 大分県 +4.9
9 高知県 +3.0
9 長崎県 +3.0
11 岩手県 +2.2
12 愛知県 -1.3
13 三重県 -2.7
14 佐賀県 -2.9
15 大阪府 -4.6
16 北海道 -5.3
17 広島県 -5.3
18 埼玉県 -6.2
19 山形県 -6.3
20 福島県 -6.6
21 山口県 -6.7
22 福岡県 -7.1
23 秋田県 -7.5
24 宮崎県 -7.7
25 京都府 -10.9
26 鹿児島県 -13.1
27 滋賀県 -14.0
28 山梨県 -16.0
29 岡山県 -17.3
30 兵庫県 -20.3
31 茨城県 -21.5
32 富山県 -23.5
33 青森県 -24.3
34 千葉県 -25.6
35 群馬県 -26.2
36 奈良県 -26.5
37 栃木県 -26.8
38 島根県 -28.0
39 長野県 -29.2
40 新潟県 -31.2
41 宮城県 -32.3
42 熊本県 -33.3
43 沖縄県 -38.9
44 鳥取県 -45.2
45 和歌山県 -45.5
46 岐阜県 -48.8
47 徳島県 -51.2
10万人あたりの死者数(人)[表示]

人口10万人あたりの死者数

  • 前年に比べ1人以上減少したのは、岩手県、沖縄県、青森県、茨城県、徳島県、栃木県、奈良県、新潟県、山形県、和歌山県、山梨県です。
  • 前年に比べ2人以上減少したのは、岐阜県と富山県です。
順位 都道府県 2020年 2019年
1 香川県 6.17 4.55
2 福井県 5.34 5.26
3 高知県 4.87 4.06
4 三重県 4.10 4.83
5 佐賀県 4.05 3.64
6 秋田県 3.83 4.22
7 大分県 3.79 3.39
8 岩手県 3.75 4.70
9 愛媛県 3.58 4.33
10 石川県 3.51 2.44
11 滋賀県 3.47 2.76
12 宮崎県 3.36 3.12
13 鹿児島県 3.31 3.94
14 岡山県 3.28 3.57
15 栃木県 3.10 4.55
16 山口県 3.09 3.76
17 福島県 3.09 3.99
18 鳥取県 3.06 3.54
19 静岡県 2.96 2.83
20 茨城県 2.94 4.22
21 新潟県 2.88 4.50
22 山形県 2.78 4.63
23 徳島県 2.75 4.17
24 北海道 2.74 2.65
25 島根県 2.67 2.92
26 熊本県 2.63 3.40
27 山梨県 2.59 4.50
28 長崎県 2.56 2.66
29 広島県 2.53 3.25
30 富山県 2.49 5.11
31 群馬県 2.32 3.27
32 青森県 2.25 3.52
33 長野県 2.24 3.18
34 岐阜県 2.16 4.53
35 千葉県 2.05 2.98
36 愛知県 2.04 2.51
37 兵庫県 2.01 2.76
38 和歌山県 1.95 3.81
39 宮城県 1.91 2.41
40 京都府 1.90 2.00
41 奈良県 1.88 3.34
42 福岡県 1.78 2.66
43 埼玉県 1.65 2.39
44 神奈川県 1.52 1.77
45 沖縄県 1.51 2.63
46 大阪府 1.41 1.67
47 東京都 1.11 1.04

交通安全に関する記事

スポンサーリンク
シェアする

過去の記事(一部広告を含む)



事件・事故・災害アーカイブ