交通事故の発生状況 2021年(令和3年)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

全国の交通事故(ランキング等)

[目次]

このページに掲載している数値等は、「政府統計総合窓口」から出典した2次情報です。
数値を再利用される場合は、出典元データー|政府総合統計窓口をご使用ください。

また2022年1月5日時点の発表データーは速報値ということで、確定値の統計で数値が修正される場合があります。その場合はページ内の数値も変更します。

2021年の概要

2021年 前年比
発生件数
(人身事故)
305,425件 -3,753件
1日平均:837件
負傷者数 361,768人 -7,708人
1日平均:991人
死者数 2,636人 -203人
1日平均:7.2人
  • 10年前(2012年)に比べ、人身事故件数は65.7%、負傷者数は63.7%、死者数は59.4%です。
  • 2021年の死者数のうち65歳以上は1,520人(57.7%)、2012年以降の比率ではもっとも高くなっています。

月別の死者数

7月のみ前年(2020年)より39人多くなっています。

死者数 前年比 死者数 前年比
1 198 -64 7 230 +39
2 207 -40 8 194 -3
3 210 -29 9 207 -36
4 198 -15 10 273 ±0
5 183 -11 11 251 -29
6 202 ±0 12 283 -14
4月8日は交通死亡事故がゼロ!

この日は全国で死亡事故の発生がなく年間を通しても1968年以降(53年間)で、初めてということです。1万9000日以上、毎日どこかで死亡事故が発生していたことになります。(日付が変わる前の事故は当日に計上されないこともありますが、この日は発生もなかったということです)2021年にもっとも多かったのは、11月24日の18人です。1日平均は7.2人です。ゼロの日が増えるといいですね。

追記:2022年1月13日も死者数0人(当日計上)になっています。

スポンサーリンク

推移グラフ(月別)

警察庁の交通事故月報の数値から作成

交通事故死者数の推移グラフ(2021年)

月別の平均死者数(過去5年間)

2017年-2021年

月別の交通事故死者数(平均)

9月以降の死者数は8月までの1.25倍

9月以降は交通死亡事故が増えます

2021年までの10年間の平均も1.25倍で、年ごとにみても1.19~1.33倍で大きな差はありません。9月は多くの地域で月初と月末の日没時刻の差が大きく、薄暮時間帯(日没時刻の前後1時間)の死亡事故(自動車と歩行者)は、昼間の4倍といわれています。また12月は10年以上、死者数がもっとも多くなっています。

交通事故死者数等の順位

2021年1月1日~12月31日

死者数のランキング

ワースト1は神奈川県で統計開始以降で初めてということです。同県では1月~6月の月平均死者数が8.7人、7月から急増し12月までの平均は15.0人です。

順位 都道
府県
死者数 前年比
(増減数)
1 神奈川 142 +2
2 大阪 140 +16
3 東京 133 -22
4 北海道 121 -7
5 千葉 120 -24
6 埼玉 118 -3
7 愛知 117 -37
8 兵庫 114 +4
9 福岡 101 +10
10 静岡 89 -19

ずべての都道府県

下記はプルダウンで表示します。

(1)都道府県順の死者数[表示]

北海道・東北

死者数 増減数 増減率
北海道 120 -24 -16.7
青森 29 +1 +3.6
岩手 35 -11 -23.9
宮城 42 -2 -4.5
秋田 28 -9 -24.3
山形 24 -6 -20.0
福島 49 -8 -14.0

関東・甲信

死者数 増減数 増減率
東京 133 -22 -14.2
茨城 80 -4 -4.8
栃木 56 -4 -6.7
群馬 50 +5 +11.1
埼玉 118 -3 -2.5
千葉 121 -7 -5.5
神奈川 142 +2 +1.4
新潟 47 -17 -26.6
山梨 32 +11 +52.4
長野 45 -1 -2.2

東海・北陸

愛知県は前年より全国でもっとも減少しています。

死者数 増減数 増減率
静岡 89 -19 -17.6
富山 29 +3 +11.5
石川 26 -14 -35.0
福井 26 -15 -36.6
岐阜 61 +18 +41.9
愛知 117 -37 -24.0
三重 62 -11 -15.1

近畿

近畿地方は滋賀県以外は前年より増加しています。

死者数 増減数 増減率
滋賀 37 -12 -24.5
京都 51 +2 +4.1
大阪 140 +16 +12.9
兵庫 114 +4 +3.6
奈良 39 +14 +56.0
和歌山 31 +13 +72.2

中国・四国

死者数 増減数 増減率
鳥取 19 +2 +11.8
島根 10 -8 -44.4
岡山 57 -5 -8.1
広島 70 -1 -1.4
山口 34 -8 -19.0
徳島 32 +12 +60.0
香川 37 -22 -37.3
愛媛 50 +2 +4.2
高知 25 -9 -26.5

九州・沖縄

死者数 増減数 増減率
福岡 101 +10 +11.0
佐賀 23 -10 -30.3
長崎 27 -7 -20.6
熊本 39 -7 -15.2
大分 36 -7 -16.3
宮崎 30 -6 -16.7
鹿児島 47 -6 -11.3
沖縄 26 +4 +18.2
(2)死者数の順位1位~47位[表示]

死者数の多い順です。


都道
府県
死者数 増減数 増減率
1 神奈川 142 +2 +1.4
2 大阪 140 +16 +12.9
3 東京 133 -22 -14.2
4 千葉 121 -7 -5.5
5 北海道 120 -24 -16.7
6 埼玉 118 -3 -2.5
7 愛知 117 -37 -24.0
8 兵庫 114 +4 +3.6
9 福岡 101 +10 +11.0
10 静岡 89 -19 -17.6
11 茨城 80 -4 -4.8
12 広島 70 -1 -1.4
13 三重 62 -11 -15.1
14 岐阜 61 +18 +41.9
15 岡山 57 -5 -8.1
16 栃木 56 -4 -6.7
17 京都 51 +2 +4.1
18 群馬 50 +5 +11.1
19 愛媛 50 +2 +4.2
20 福島 49 -8 -14.0
21 新潟 47 -17 -26.6
22 鹿児島 47 -6 -11.3
23 長野 45 -1 -2.2
24 宮城 42 -2 -4.5
25 奈良 39 +14 +56.0
26 熊本 39 -7 -15.2
27 滋賀 37 -12 -24.5
28 香川 37 -22 -37.3
29 大分 36 -7 -16.3
30 岩手 35 -11 -23.9
31 山口 34 -8 -19.0
32 山梨 32 +11 +52.4
33 徳島 32 +12 +60.0
34 和歌山 31 +13 +72.2
35 宮崎 30 -6 -16.7
36 青森 29 +1 +3.6
37 富山 29 +3 +11.5
38 秋田 28 -9 -24.3
39 長崎 27 -7 -20.6
40 石川 26 -14 -35.0
41 福井 26 -15 -36.6
42 沖縄 26 +4 +18.2
43 高知 25 -9 -26.5
44 山形 24 -6 -20.0
45 佐賀 23 -10 -30.3
46 鳥取 19 +2 +11.8
47 島根 10 -8 -44.4
(3)増減数の順位1位~47位[表示]

減少数の多い順です。もっとも増加したのは岐阜県で前年より18人多くなっています。


都道
府県
増減数 増減率 死者数
1 愛知 -37 -24.0 117
2 北海道 -24 -16.7 120
3 東京 -22 -14.2 133
4 香川 -22 -37.3 37
5 静岡 -19 -17.6 89
6 新潟 -17 -26.6 47
7 福井 -15 -36.6 26
8 石川 -14 -35.0 26
9 滋賀 -12 -24.5 37
10 三重 -11 -15.1 62
11 岩手 -11 -23.9 35
12 佐賀 -10 -30.3 23
13 秋田 -9 -24.3 28
14 高知 -9 -26.5 25
15 福島 -8 -14.0 49
16 山口 -8 -19.0 34
17 島根 -8 -44.4 10
18 千葉 -7 -5.5 121
19 熊本 -7 -15.2 39
20 大分 -7 -16.3 36
21 長崎 -7 -20.6 27
22 鹿児島 -6 -11.3 47
23 宮崎 -6 -16.7 30
24 山形 -6 -20.0 24
25 岡山 -5 -8.1 57
26 茨城 -4 -4.8 80
27 栃木 -4 -6.7 56
28 埼玉 -3 -2.5 118
29 宮城 -2 -4.5 42
30 広島 -1 -1.4 70
31 長野 -1 -2.2 45
32 青森 +1 +3.6 29
33 神奈川 +2 +1.4 142
34 京都 +2 +4.1 51
35 愛媛 +2 +4.2 50
36 鳥取 +2 +11.8 19
37 富山 +3 +11.5 29
38 兵庫 +4 +3.6 114
39 沖縄 +4 +18.2 26
40 群馬 +5 +11.1 50
41 福岡 +10 +11.0 101
42 山梨 +11 +52.4 32
43 徳島 +12 +60.0 32
44 和歌山 +13 +72.2 31
45 奈良 +14 +56.0 39
46 大阪 +16 +12.9 140
47 岐阜 +18 +41.9 61
スポンサーリンク

都道府県ごとの増減状況(前年比)

※色分けは当サイトで行ったもので警察庁の発表ではありません。

増減数 1~5人 6~10人 11人以上
減少
増加

交通死亡事故の増減数(2021年)

神奈川県と愛媛県は2年連続で増加しています。

たくさん増えたところは、取り締まりが厳しくなるかもね。

まじかー。。
事故や取り締まりに気をつけるわ!

10万人あたりの死者数

全国平均は2.09人です。四国4県が上位5位以内です。徳島県は前年の23位から1位(過去5年の平均は3位)になり、愛媛県は9位から4位(同6位)になっています。香川県は3位(同1位)、高知県は5位(同5位)です。

死者数に占める高齢者(65歳以上)の比率は、11月末時点の全国平均が57.9%です。65%以上は12府県あり高知県は86.4%で全国1位ですが、その他3県は65%を下回っており際立って高い状況ではありません。

2021年
順位
都道
府県
2021年 2020年
1 徳島 4.45 2.75
2 山梨 3.95 2.59
3 香川 3.89 6.17
4 愛媛 3.75 3.58
5 高知 3.62 4.87
6 三重 3.50 4.10
7 鳥取 3.43 3.06
8 福井 3.39 5.34
9 和歌山 3.36 1.95
10 大分 3.20 3.79
11 岐阜 3.08 2.16
12 岡山 3.02 3.28
13 鹿児島 2.96 3.31
14 奈良 2.94 1.88
15 秋田 2.92 3.83
16 栃木 2.90 3.10
17 岩手 2.89 3.75
18 佐賀 2.83 4.05
19 宮崎 2.80 3.36
20 富山 2.80 2.49
21 茨城 2.79 2.94
22 福島 2.67 3.09
23 滋賀 2.62 3.47
24 群馬 2.58 2.32
25 山口 2.53 3.09
26 広島 2.50 2.53
27 静岡 2.45 2.96
28 青森 2.34 2.25
29 北海道 2.30 2.74
30 石川 2.30 3.51
31 山形 2.25 2.78
32 熊本 2.24 2.63
33 長野 2.20 2.24
34 新潟 2.14 2.88
35 兵庫 2.09 2.01
36 長崎 2.06 2.56
37 京都 1.98 1.90
38 福岡 1.97 1.78
39 千葉 1.93 2.05
40 宮城 1.82 1.91
41 沖縄 1.77 1.51
42 埼玉 1.61 1.65
43 大阪 1.58 1.41
44 愛知 1.55 2.04
45 神奈川 1.54 1.52
46 島根 1.49 2.67
47 東京 0.95 1.11
  • 10万人あたりの死者数を色分け
    (当サイトで色分け)
  • 全国平均は2.09人
  • 兵庫県は全国平均と同じ
  • 地図は拡大します。
10万人あたりの死者数 10万人あたりの死者数(2021年)
3人以上
2人以上
2人未満

過去5年間の平均死者数でみると・・

下記は警察庁の統計から試算しています。

  • 10万人あたりの死者数平均
    (2017年~2021年)
  • 同期間の全国平均は2.52人
  • 人口推計値と順位(2020年)
  • 車両保有台数の順位(2019年)
    ※自家用車のみ

都道
府県
死者 人口 人口
順位
車両
順位
1 香川 4.89 950,244 39 39
2 福井 4.78 766,863 43 42
3 徳島 4.29 719,559 44 44
4 三重 4.28 1,770,254 22 20
5 高知 4.25 691,527 45 46
6 愛媛 4.09 1,334,841 28 28
7 鳥取 4.03 553,407 47 47
8 岩手 3.96 1,210,534 32 29
9 栃木 3.92 1,933,146 19 16
10 佐賀 3.80 811,442 41 43
  • 最下位の東京都は1.05人です。
  • 交通死亡事故の多い愛知県は2.17人、大阪府は1.57人、千葉県は2.43人、埼玉県は1.97人、神奈川県は1.58人です。
24時間以内と30日死者数(2021年)

30日死者数は発表待ち(///)。例年3月頃に前年のデーターが発表されています。

※表記を訂正しました。交通事故発生後24時間以内の死者数は「24時間死者数」、24時間経過後、30日以内の死者数は「30日死者数」、事故発生から30日以内の死者数が「30日以内死者数」です。


都道
府県
24時間
死者
都道
府県
30日
死者
1 神奈川 142 /// ///
2 大阪 140 /// ///
3 東京 133 /// ///
4 北海道 121 /// ///
5 千葉 120 /// ///
6 埼玉 118 /// ///
7 愛知 117 /// ///
8 兵庫 114 /// ///
9 静岡 101 /// ///
10 兵庫 89 /// ///

2020年は全国の24時間死者数が2,839人、30日死者数が576人です。(30日以内死者数は3,415人)報道等では24時間死者数が多く使われますが、30日以内を含めると1.20倍になります。2011年~2020年の平均は1.19倍です。年ごとにみても1.18~1.22倍で大きな差はありません。

この年の24時間死者数はワースト1が東京都(155人)、2位は愛知県(154人)ですが、30日以内死者数では、愛知県が191人で東京都が190人になり順位が入れ替わります。

死亡事故にならなくても・・警察庁の統計ではありませんが、損害保険料率算出機構のデーターによると、交通事故によって重度後遺症(日常生活に介護が必要)になる人は、2011年以降では毎年1,600人~2,000人で推移しているということです。

人身事故の発生件数
  • 全国で305,425件発生
    (前年より3,753件減少)
  • 都道府県ごとは発表待ち

11月末時点

  1. 東京都:24,631件
  2. 大阪府:22,566件
  3. 愛知県:21,665件
  4. 神奈川県:19,480件
  5. 福岡県:18,125件
負傷者数
  • 全国で361,768人が負傷
    (前年より7,708人減少)
  • 都道府県ごとは発表待ち

11月末時点

  1. 東京都:27,423人
  2. 大阪府:26,229人
  3. 愛知県:25,664人
  4. 福岡県:22,870人
  5. 神奈川県:22,553人

交通死亡事故の原因・違反

2021年11月末までの状況です。年間は発表されたあとに更新します。

死亡事故の法令違反

原付以上の交通死亡事故において、第一当事者(責任がもっとも大きい)の法令違反

  1. 漫然運転:307件
  2. 運転操作不適:258件
  3. 安全不確認:248件
  4. 脇見運転:227件
  5. 歩行者妨害等:188件
  6. 交差点安全進行:105件
  7. 最高速度:104件
  8. 通行区分:89件
  9. 信号無視:77件
  10. 優先通行妨害:66件

「漫然運転」は10年以上連続して1位

漫然(まんぜん)運転は、ぼんやりと運転したり、考え事をしながらの運転(集中力や注意力が低下した状態)です。死亡事故(第一当事者)の原因では、10年以上連続でもっとも多くなっています。{法令違反では脇見や安全確認違反などの「安全運転義務違反」に含まれます}

歩行者妨害等による死亡事故件数

歩行者妨害は「歩行者のいる信号機のない横断歩道での車の一時停止違反」です。(横断歩道以外も交差点などで歩行者優先の事故も含まれます)

2021年11月末時点では昨年、おととしより死亡事故件数が多くなっています。

死亡事故 取り締まり
検挙件数
2021年
(11月末)
188件 発表待ち
2020年 192件 290,538件
2019年 207件 229,395件
2018年 232件 181,290件
2017年 238件 145,292件

全国の一時停止率ランキング
取り締まり状況・件数

交通安全に関する記事