猛暑日の日数と推移(年代別|50年間)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1970年代~2020年代の猛暑日

猛暑日の日数

東京都(千代田区)・名古屋市・大阪市・福岡市で猛暑日を記録した日数および推移について、1970年以降に「猛暑日」を記録した日数(各10年間の合計日数)、および近年の猛暑日(月別日数)を掲載しています。数値は過去の気象データから出典、このページは二次情報になります。

  • 「猛暑日」は最高気温が35.0℃以上を記録した日。(気象庁の予報用語としては、2017年に制定されています)
  • 表とグラフは気象庁のデーターを元に作成。

[目次]

東京都の猛暑日

東京都の猛暑日は2000年代から急増しています。

猛暑日の推移

  • 観測地点は千代田区
  • 各10年間の7月~9月に記録した日数
  • 2000年代は6月を含めると36回、2010年代は80回です

東京都の猛暑日の日数(推移)

年代ごとの猛暑日(日数)

  • 2020年以降:2022年9月末まで
  • 表に6月を追加したため、グラグとは一致しない年代があります。
期間(年)6月7月8月9月合計
2020~7423135
2010~1912449680
2000~0911420136
1990~9901321337
1980~8903339
1970~790113115

今年と過去5年の猛暑日(日数)

2022年は9月30日まで

6月7月8月9月合計
2022746017
202100606
20200011112
20190010212
2018057012
201701102
最高気温ランキング[表示]
東京都の観測記録
順位2000年以降に観測された記録
6月の最高気温
順位気温記録日
136.42022/6/30
236.22022/6/26
336.22005/6/28
435.72022/6/27
535.71963/6/26
635.42022/6/29
735.42022/6/25
835.12022/6/28
935.12011/6/29
1034.71946/6/2
7月の最高気温
順位気温記録日
139.52004/7/20
239.02018/7/23
338.12004/7/21
438.12001/7/24
537.71997/7/5
637.51961/7/15
737.31987/7/24
837.02022/7/1
937.01944/7/17
1036.91944/7/18
8月の最高気温
順位気温記録日
139.11994/8/3
238.71996/8/15
338.41953/8/21
438.32013/8/11
538.11942/8/16
637.72016/8/9
737.72015/8/7
837.61962/8/4
937.52007/8/17
1037.42013/8/10
9月の最高気温
順位気温記録日
138.11984/9/3
237.82000/9/2
336.41959/9/2
436.22019/9/9
535.92010/9/4
635.92010/9/1
735.81995/9/11
835.81942/9/1
935.72013/9/1
1035.72010/9/7
熱中症の搬送者数(過去5年)
  • 期間:2017年~2021年
  • 各年5月~9月の合計
  • 消防庁の統計から作成
  • 都府県単位です

東京都の熱中症(搬送者数)

▲2018年は東日本を中心に8月まで猛暑が続き、「災害級の暑さ」と呼ばれた年です。

スポンサーリンク

いつまで暑い?
いつから涼しくなる?

今年の夏は暑い!
2022年夏の気温予想

関東地方で暑かった夏(1位~5位)
6月月~9月の観測記録[平年差]

甚大な被害を出した豪雨災害と
台風被害の記録(2014年以降)

▲2014年以降に発生した大きな災害だけで、全国で700人近くが亡くなったり行方不明になっています。

名古屋市の猛暑日

名古屋市の猛暑日は1990年代から増加しています。

猛暑日の推移

名古屋市の猛暑日の日数(推移)

年代ごとの猛暑日(日数)

  • 2020年以降:2022年9月末まで
  • 表に6月を追加したため、グラグとは一致しない年代があります。
期間(年)6月7月8月9月合計
2020~4636349
2010~1905610214172
2000~09058931152
1990~99047605112
1980~8901435756
1970~7902227049

今年と過去5年の猛暑日(日数)

2022年は9月30日まで

6月7月8月9月合計
2022458017
202102608
20200022224
20190313420
201801620036
201701203
熱中症の搬送者数(過去5年)
  • 期間:2017年~2021年
  • 各年5月~9月の合計
  • 消防庁の統計から作成
  • 都府県単位です

愛知県の熱中症(搬送者数)

▲2018年は東日本を中心に8月まで猛暑が続き、「災害級の暑さ」と呼ばれた年です。

スポンサーリンク
いつまで暑い?
いつから涼しくなる?

今年の夏は暑い!
2022年夏の気温予想

東海地方で暑かった夏(1位~5位)
6月月~9月の観測記録[平年差]

甚大な被害を出した豪雨災害と
台風被害の記録(2014年以降)

▲2014年以降に発生した大きな災害だけで、全国で700人近くが亡くなったり行方不明になっています。

大阪市の猛暑日

大阪市の猛暑日は1990年代から増加しています。

猛暑日の推移

大阪市の猛暑日の日数(推移)

年代ごとの猛暑日(日数)

2020年以降:2022年9月末まで

期間(年)6月7月8月9月合計
2020~01335250
2010~1904611611173
2000~090459810153
1990~99027751103
1980~8901144560
1970~7902437061

今年と過去5年の猛暑日(日数)

2022年は9月30日まで

6月7月8月9月合計
2022068014
2021087015
20200020222
20190213419
201801413027
2017069015
熱中症の搬送者数(過去5年)
  • 期間:2017年~2021年
  • 各年5月~9月の合計
  • 消防庁の統計から作成
  • 都府県単位です

大阪府の熱中症(搬送者数)

▲2018年は東日本を中心に8月まで猛暑が続き「災害級の暑さ」と呼ばれた年です。西日本も平年を大きく上回る気温でした。

スポンサーリンク

いつまで暑い?
いつから涼しくなる?

今年の夏は暑い!
2022年夏の気温予想

近畿地方で暑かった夏(1位~5位)
6月月~9月の観測記録[平年差]

甚大な被害を出した豪雨災害と
台風被害の記録(2014年以降)

▲2014年以降に発生した大きな災害だけで、全国で700人近くが亡くなったり行方不明になっています。

福岡市の猛暑日

福岡市の猛暑日は2010年代から急増しています。

猛暑日の推移

福岡市の猛暑日の日数(推移)

年代ごとの猛暑日(日数)

2020年以降:2022年9月末まで

期間(年)6月7月8月9月合計
2020~0628236
2010~19035983136
2000~0901531349
1990~9901439659
1980~890824032
1970~790109019

今年と過去5年の猛暑日(日数)

2022年は9月30日まで

6月7月8月9月合計
20220613120
202105409
20200010111
201901607
20180511016
2017049013
熱中症の搬送者数(過去5年)
  • 期間:2017年~2021年
  • 各年5月~9月の合計
  • 消防庁の統計から作成
  • 都府県単位です

福岡県の熱中症(搬送者数)

▲2018年は東日本を中心に8月まで猛暑が続き「災害級の暑さ」と呼ばれた年です。西日本も平年を大きく上回る気温でした。

いつまで暑い?
いつから涼しくなる?

今年の夏は暑い!
2022年夏の気温予想
九州北部で暑かった夏(1位~5位)
6月月~9月の観測記録[平年差]

九州南部で暑かった夏(1位~5位)
6月月~9月の観測記録[平年差]

甚大な被害を出した豪雨災害と
台風被害の記録(2014年以降)

▲2014年以降に発生した大きな災害だけで、全国で700人近くが亡くなったり行方不明になっています。

スポンサーリンク

猛暑の日が増えると・・

熱中症が心配だ

局地的な豪雨も増えるようだし

日本近海の海面水温が高いと、台風は強い勢力を維持したまま上陸するみたい・・被害が心配

昼間のお散歩に行けないし

とにかく暑いのは苦手なの!

野菜や卵の価格も心配。電気代も気になるし

近年の夏は猛暑が常態化していますね。70年代、80年代の夏も知っている世代ですが、日中に外を少し歩くだけで、汗で衣服がびっしょり・・といった記憶はないですね。

最近は聞くことがなくなった「日射病」にならないように、直射日光を避けましょう!はありました。しかし室内にいても意識障害が起きるような「熱中症」とそれに類するもの、また「猛暑」という言葉を使うことも、ほとんどなかったと思います。

地球規模での温暖化

二酸化炭素排出量の増加などによる地球規模での温暖化、都市部では「ヒートアイランド現象(※)」などが影響しているとみられますが、要因が何であれ2000年以降は「猛暑日」が顕著に増加していることは間違いなく、気象が影響する自然災害も目立っていますね。※保水力の低いアスファルトやコンクリートが影響し、都市部の気温が郊外よりも高くなる現象。