春の交通安全運動(2016年|平成28年)

2016年の「全国 春の全国交通安全運動」は、4月6日(水曜日)から4月15日(金曜日)です。スローガンは、「気をつけて 子供に自転車 おとしより」です。

新しく入学する児童や自転車を利用する生徒などが増える季節です。また自動車の運転免許を取得したばかりのドライバーも増加し、事故の危険性が高まる時期です。

追記

平成28年4月20日:期間中の交通事故死亡者数が発表されました。亡くなった方は、110人で昨年の期間中に比べ、15人増加しています。

事故件数

  • 事故件数:13,051件
  • 死者数:110人
  • 負傷者数:16,051人

飲酒運転による事故も56件あり、2人が死亡しています。

「春の全国交通安全運動」の概要

  • 実施期間:平成28年4月6日(水曜日)~4月15日(金曜日)の10日間
  • 交通事故死ゼロを目指す日:4月10日(日)
  • 標語:気をつけて 子供に自転車 おとしより
  • 運動の基本:子供と高齢者の交通事故防止
  • 4月10日(日)は、交通死亡事故ゼロの日

重点項目

  1. 自転車の安全利用の推進(特に自転車安全利用五則(※)の周知徹底)
  2. 後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  3. 飲酒運転の根絶
平成28年春の全国交通安全運動

平成28年春の全国交通安全運動

PDFポスターのダウンロードは、こちらから(外部リンク|内閣府)

※自転車安全利用五則とは?

  1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外
  2. 車道は左側を通行
  3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  4. 安全ルールを守る(飲酒運転・二人乗り・並進の禁止、夜間はライトを点灯、交差点での信号遵守と一時停止・安全確認 )
  5. 子どもはヘルメットを着用

自転車の危険運転に罰則

平成28年の交通死亡事故の発生状況

4月7日現在

  1. 茨城県:50人(前年同期比+14人で激増!)
  2. 愛知県:49人
  3. 千葉県:45人
  4. 兵庫県:43人
  5. 東京都:43人
  6. 長野県:42人(前年同期比+30人で激増!)
  7. 静岡県:39人
  8. 埼玉県:39人
  9. 福岡県:38人
  10. 大阪府:38人

※長野県で「交通死亡事故多発警報」が出ています。

平成27年の交通事故状況(全国)

昨年(平成27年)の交通事故死者数は、15年ぶりに増加しています。

1日平均で約11人が亡くなり、1,822人が負傷しています。

死傷者数

  • 交通事故死者数:4117人(高齢者は54.6%)
  • 負傷者数:66万5126人

※飲酒運転による交通事故死者数:203人

事故発生件数

  • 交通事故発生件数:53万6789件

1日平均で、約1,641件の交通事故が発生!

関連記事

ご高齢者の徘徊対策・見守りは「まもるっく」

トップへ戻る