水難事故(九州・沖縄)2018年

平成30年の夏に、九州・沖縄の海や川、湖などで発生した「水の事故」について記録しています。

8月は台風の接近が多くなっています。気象情報に注意が必要です。

データー(数値)の出典:水難事故統計(警察庁)

昨年(平成29年)の水難事故件数[表示]

年間の事故件数です。カッコ内は子供の事故件数(水難者が子供のみの件数)です。

福岡県 41(4) 大分県 17(1)
佐賀県 19(1) 宮崎県 15(5)
長崎県 54(4) 鹿児島県 47(5)
熊本県 23(1) 沖縄県 81(11)

沖縄県は全国でもっとも多く事故が発生しています。子供の事故も全国で最多です。

レジャーやスポーツ中に発生した、おもな事故を記録しています。内容は発生時の状況です。
事故情報を要約したものであり、自治体等が発表した内容ではありません。
※個人名等は記載していません。

9月

恩納村のビーチで魚釣りの男性が溺れる事故

  • 日時:平成30年9月8日午前8時すぎ
  • 場所:沖縄県恩納村谷茶のビーチ
  • 状況:魚釣りをしていた男性(49)が溺れ、病院に運ばれたものの死亡しています。

鹿児島県肝付町で海釣り中の事故

  • 日時:平成30年9月3日午前11時ごろ
  • 場所:鹿児島県肝属郡肝付町(きもつきちょう)岸良の沖合い
  • 状況:2日から魚釣りに出かけていた男性(42)が、沖合で意識不明の状態で浮いているのが見つかり、病院に運ばれたものの死亡しています。何らかの原因で海に転落したとみられています。

宮古島市の漁港で男性が溺れる事故

  • 日時:平成30年9月2日午後4時50分ごろ
  • 場所:沖縄県宮古島市城辺友利の「博愛漁港」
  • 状況:遊泳中に溺れたとみられる男性(40)が心肺停止の状態で見つかり、病院に運ばれたものの死亡しています。

8月

佐賀県の「筑後川」で漁船から転落する事故

  • 日時:平成30年8月25日午後1時すぎ
  • 場所:佐賀県みやき町の「筑後川」
  • 状況:小型の漁船から男性が転落し、行方不明になっており警察や消防が捜索しています。漁船は男性が所有しており、ウナギ釣りをしていたとみられています。

薩摩川内市の海岸で男性が溺れる事故

  • 日時:平成30年8月20日正午過ぎ
  • 場所:鹿児島県薩摩川内市港町の海岸
  • 状況:妻と2人で海岸を訪れ、1人で海水浴をしていた男性(82)がうつぶせの状態で浮かんでいるのが見つかり、病院に運ばれたものの死亡しています。

福津市の「白石浜海水浴場」で男性が溺れる事故

  • 日時:平成30年8月17日午後3時半ごろ
  • 場所:福岡県福津市の「白石浜海水浴場」
  • 状況:子どもと一緒に4人で海水浴に来ていた男性2人が海に流され、男性(47)が溺れ、病院に搬送されたものの死亡しています。もう1人の男性は自力で海岸まで戻り、意識はあるとのことです。

大野城市の「御笠川」で女児が溺れる事故

  • 日時:平成30年8月13日午前4時半ごろ
  • 場所:福岡県大野城市の「御笠川」
  • 状況:小学2年生の女児(7)が溺れ亡くなっています。中学生の姉と小学生の友達3人で川遊びをしていたとのことです。

川は海より溺れやすい!水難事故の原因と対策

長崎県の「仲知漁港」で素潜りの男性が行方不明

  • 日時:平成30年8月12日午前11時ごろ
  • 場所:長崎県新上五島町の「仲知漁港」の周辺
  • 状況:大学のOBどうし3人で魚を採るため、素潜りをしていた男性(28)が行方不明になっています。

浦添市の海で男性が死亡する事故

  • 日時:平成30年8月11日朝
  • 場所:沖縄県浦添市のふ頭
  • 状況:10日午後4時ごろから泳ぎに出かけた男性(67)が、護岸から10メートルほどの海上に浮いているのが見つかり、死亡が確認されています。「波浪注意報」が出されていたとのことです。

福岡市の海で中学生が溺れる事故

  • 日時:平成30年8月7日午後1時ごろ
  • 場所:福岡県福岡市東区の西戸崎近くの海
  • 状況:男子中学生(13)が溺れ、消防に救助されたものの病院で亡くなっています。児童養護施設の職員や小中学生と海岸でビーチバレーをしており、途中から海で泳いでいたとのことです。また事故当時の海は荒れていたとのことです。

小郡市の「宝満川」で男性が溺れる事故

  • 日時:平成30年8月5日午後3時半ごろ
  • 場所:福岡県小郡市大板井の「宝満川」
  • 状況:河川敷からラジコンのボートを操作していた男性(58)が、ボートが動かなくなったため、泳いで川に入ったところ溺れ、病院に搬送されたものの死亡しています。

宮古島市の「砂山ビーチ」で男性が溺れる事故

  • 日時:平成30年8月1日午後2時24分ごろ
  • 場所:沖縄県宮古島市の「砂山ビーチ」沖合い約30メートル
  • 状況:男性(63)が浮いているのが見つかり、死亡が確認されています。遊泳中に溺れたとみられています。



7月

福岡市の海岸で大学生2人が行方不明

  • 日時:平成30年7月24日午後
  • 場所:福岡市東区西戸崎沖の玄界灘「海の中道」沖
  • 状況:10人のグループでシュノーケリングをするため、水上バイクに引かれたゴムボートに乗り、沖合の岩場に向かっていたところ、岩場の手前で降りて泳いでいた1人がが溺れ、助けようとした1人も溺れる事故。2人とも行方不明になっています。(いずれも大学生の男性)2人はライフジャケットを着用してなかったとのことです。
  • 追記:2人は遺体で発見されたとのことです。

福岡県新宮町の「新宮海岸」で男性が死亡

  • 日時:平成30年7月22日午前
  • 場所:福岡県新宮町の「新宮海岸」
  • 状況:シュノーケルを体験するイベントに運営スタッフとして参加していた男性(39)が海に浮かんでいるのが見つかり、死亡が確認されています

天草市で3才の男の子が川で溺れる事故

  • 日時:平成30年7月21日午前11時45分ごろ
  • 場所:熊本県天草市中村町の「広瀬川」
  • 状況:3才の男の子が自宅近くの川で浮かんでいるのが発見され、病院に運ばれたものの亡くなっています。1人で外に出て、誤って川に転落した可能性があるとのことです。

佐伯市の「番匠川」で男性が溺れる事故

  • 日時:平成30年7月16日午後12時半すぎ
  • 場所:大分県佐伯市本匠の「番匠川」
  • 状況:家族で川に遊びに来ていた男性(39)が溺れ、病院に運ばれたものの死亡しています。

川は海より溺れやすい!水難事故の原因と対策

鹿児島市本港新町で男性が死亡

  • 日時:平成30年7月15日午後5時ごろ
  • 場所:鹿児島市本港新町の「鹿児島港本港区北埠頭」
  • 状況:男性が海に浮いているのが見つかり、救助されたものの死亡が確認されています。警察で身元などを確認中。

岡垣町の海水浴場で男性が死亡

  • 日時:平成30年7月15日午後2時前
  • 場所:福岡県遠賀郡岡垣町原の海水浴場
  • 状況:知人らとバーベキューをしたあと、海で泳いでいた男性(60代)が意識を失い、病院に運ばれたものの死亡しています。

海水浴など、海のレジャーでの水難事故対策

糸満市の海岸で男性が死亡

  • 日時:平成30年7月8日午後5時ごろ
  • 場所:沖縄県糸満市米須の海岸
  • 状況:海岸に男性(50代くらい)が打ちあげられそうになっているのを発見され、死亡が確認されています。男性はウェットスーツなどを着用しており、警察で事故原因や身元などを調べています。

延岡市の「細見川」で男性が流される

  • 日時:平成30年7月4日午後4時45分ごろ
  • 場所:宮崎県延岡市小川町の「細見川」
  • 状況:友人と泳いでいた男性(18)が流され、約1時間後に発見されたものの死亡が確認されています。川は降り続いた雨で普段より増水しており、流れも急だったとのことです。

その他の地域と過去の事故状況

2018年(平成30年)の事故

2017年(平成29年)の事故

2016年(平成28年)の事故

水難事故の防止

海や川などでの水難事故防止、もしもの時に命を守るアイテムをまとめています。 警察庁の「水難事故統計」によると、昨年(平成29年)に全国の海...
トップへ戻る