水難事故(北海道から関東)2019年

スポンサーリンク

.

夏に海や川で発生した事故

昨年の事故件数[表示]

データー(数値)の出典:水難事故統計(警察庁)

2018年(年間)の事故件数です。カッコ内は子供の事故件数(水難者が子供のみの件数)です。※長野県、静岡県は東海・北陸に含めています。

北海道 51(2) 栃木県 5(0)
青森県 15(1) 茨城県 35(6)
岩手県 27(0) 千葉県 90(14)
宮城県 19(2) 東京都 28(1)
秋田県 17(1) 埼玉県 21(2)
山形県 26(0) 神奈川県 64(5)
福島県 18(3) 新潟県 65(10)
群馬県 2(1) 山梨県 10(1)

千葉県は全国でもっとも多く水難事故が発生しています。(子どものみの事故も最多)また新潟県の事故件数は全国で2番目です。

栃木県警は過去5年間(2014年から2018年)の水難事故状況を発表。水難者数は46人で、半数を超える27人が60歳以上ということです。(魚釣り中の事故が多い)

期間:2019年7月~9月

レジャーやスポーツ中に発生した、おもな事故(プールを除く)を記録しています。
事故の概要のみあり発生時の状況です。自治体等が発表した内容ではありません。
※個人名等は掲載していません。

9月の水難事故

鴻巣市の「荒川」で魚釣り中の事故

  • 日時:令和元年9月28日午前10時35分ごろ
  • 場所:埼玉県鴻巣市大芦の「荒川」
  • 状況:釣りをしていた男性(72)が溺れ、救助されたものの搬送先の病院で亡くなっています。川の水深は約40センチだったということです。

小清水町の海岸で海釣り中の事故

  • 日時:令和元年9月28日午前6時20分ごろ
  • 場所:北海道斜里郡小清水町浜小清水の海岸
  • 状況:釣りをしていた男性(82)が流され、救助されたものの搬送先の病院で亡くなっています。

八丈島の海水浴場で1人が溺れ、1人行方不明

  • 日時:令和元年9月16日午前11時すぎ
  • 場所:東京都八丈島八丈町樫立の海水浴場に設けられたプール
  • 状況:男女2人が波にのまれ、男性は救助されたものの女性(36)が意識不明の重体。また2人を助けようとした男性(46)が行方不明になっているということです。事故当時は強風や波浪の注意報が出されていたということです。

白子町の「古所海水浴場」で少年2人が流される

  • 日時:令和元年9月9日午後5時35分ごろ
  • 場所:千葉県長生郡白子町の「古所=ふるところ 海水浴場」
    ※営業期間は終了しています。
  • 状況:17歳の少年2人が流され、1人は救助されたものの1人が行方不明になっているということです。(追記:遺体で発見されたということです)当時は「台風15号」の影響で波浪注意報が出されていたということです。

平塚市の海岸で男性が溺れる

  • 日時:令和元年9月8日正午ごろ
  • 場所:神奈川県平塚市高浜台の海岸
  • 状況:男性が海面に浮いているのが見つかり、病院に運ばれたものの亡くなっています。サーフィン中に溺れた可能性があるということです。当時は「台風15号」の影響で波浪警報が出されていたということです。

石巻市の海岸で男性が溺れる

  • 日時:令和元年9月7日午後4時前
  • 場所:宮城県石巻市鮎川浜万治下の海岸
  • 状況:海岸で泳いでいた男性(47)が沖に流され、救助されたものの意識不明の重体になっているということです。

那須烏山市の「荒川」でアユ釣り中の事故

  • 日時:令和元年9月7日午前10時40分ごろ
  • 場所:栃木県那須烏山市小塙の「荒川」
  • 状況:男性(73)が川面に浮かんでいるのが見つかり、死亡が確認されています。アユ釣りをしていたということで、流されたとみられています。

大田原市の「箒川」で男性が流される事故

  • 日時:令和元年9月4日午前11時半ごろ
  • 場所:栃木県大田原市佐良土の「箒川=ほうきがわ」左岸
  • 状況:男性(68)が流され、救助されたものの病院で亡くなっています。

川は海より溺れやすい!水難事故の原因と対策

那珂川町の「那珂川」でアユ釣り中の事故

  • 日時:令和元年9月2日午後1時30分ごろ
  • 場所:栃木県那須郡那珂川町小口の「那珂川」
  • 状況:アユ釣りをしていた男性が流され、救助されたものの病院で亡くなっています。

川は海より溺れやすい!水難事故の原因と対策

勝浦市の「鵜原海岸」でシュノーケリング中の事故

  • 日時:令和元年9月1日午後1時55分ごろ
  • 場所:千葉県勝浦市鵜原の「鵜原海岸」
  • 状況:シュノーケリングをしていた男性(76)が溺れ、亡くなっています。

シュノーケリング中の事故。初心者は注意!

8月の水難事故

那珂川町の「那珂川」でアユ釣り中の事故

  • 日時:令和元年8月27日午後5時半ごろ
  • 場所:栃木県那須郡那珂川町の那珂川(八溝大橋上流)
  • 状況:仲間2人とアユ釣りをしていた男性が、対岸に渡ろうとした際に流され亡くなっています。

藤沢市の沖合で男性が溺れる

  • 日時:令和元年8月26日午前10時20分ごろ
  • 場所:神奈川県藤沢市鵠沼海岸4丁目の沖合
  • 状況:男性が海中に沈んでいるのが見つかり、意識不明の重体になっているということです。サーフィンをしていたとみられています。

白州町の「尾白川渓谷」の滝つぼで男性2人が溺れる

  • 日時:令和元年8月25日午後3時25分ごろ
  • 場所:山梨県北杜市白州町白須の「尾白川渓谷」の滝つぼ
  • 状況:友人3人と遊びに来ていた男性2人(いずれも18歳)が溺れ、亡くなっています。1人が溺れたため、もう一人が助けに入って2人とも溺れたとみられています。

厚木市の「相模川」で大学生が溺れる

  • 日時:令和元年8月24日午後2時40分ごろ
  • 場所:神奈川県厚木市関口の「相模川」
  • 状況:友人7人と川に来ていた男子大学生(19)が、対岸まで泳いで渡ろうとした際に溺れ、救助されたものの意識不明の重体になっているということです。

南房総市の「岩井海岸」沖で男性が溺れる

  • 日時:令和元年8月20日午後1時すぎ
  • 場所:千葉県南房総市久枝の「岩井海岸」およそ100メートルの沖合
  • 状況:友人3人と海水浴をしていた男性が溺れ、亡くなっています。

海老名市の「相模川」で男性が行方不明

  • 日時:令和元年8月18日午後6時5分ごろ
  • 場所:神奈川県海老名市上郷3丁目の「相模川」
  • 状況:男性が行方不明になっているということです。

酒田市の「浜中あさり海水浴場」で大学生が行方不明

  • 日時:令和元年8月18日午後3時ごろ
  • 場所:山形県酒田市浜中下村の「浜中あさり海水浴場」
  • 状況:友人4人と泳いでいた男子大学生(19)が波にさらわれ、4人は自力で岸にたどり着いたものの、大学生の行方が分からなくなっているということです。海水浴場は17日で営業を終了しており、監視員などはいなかったということです。

壬生町の「黒川」で女性が流される

  • 日時:令和元年8月18日午後1時55分ごろ
  • 場所:栃木県下都賀郡壬生町(みぶまち)壬生甲の「黒川」
  • 状況:友人約10人と河川敷でバーベキューをしたあと、川遊びをしていた女性(20)が流され、意識不明の状態になっているということです。

南部町の「福士川」で救助中の事故

  • 日時:令和元年8月18日午前11時20分ごろ
  • 場所:山梨県南巨摩郡南部町の「福士川」
  • 状況:親族ら8人で遊びに来ていた男児(11)が溺れ、父親と親族の男性が救助しようとした際に、親族の男性(47)が亡くなっています。男児は無事ということです。

仙台市の「秋保大滝」近くの川で男性が流される

  • 日時:令和元年8月17日午後5時半ごろ
  • 場所:宮城県仙台市太白区秋保町の「秋保大滝」
  • 状況:友人と滝つぼの下流にある浅瀬で遊んでいた男性(18)が溺れ、亡くなっています。サンダルが流され拾おうとした際に誤って転倒し、川に流されたとみられています。

川は海より溺れやすい!水難事故の原因と対策

寄居町の荒川でアユ釣りの男性が流される

  • 日時:令和元年8月17日午前10時25分ごろ
  • 場所:埼玉県大里郡寄居町末野の「荒川」
  • 状況:アユ釣りをしていた男性(67)が流され、搬送先の病院で亡くなっています。

新潟西港の沖で遊泳中に行方不明

  • 日時:令和元年8月14日午後6時40分ごろ
  • 場所:新潟県新潟市中央区の新潟西港の沖合約17km
  • 状況:プレジャーボートで沖合に出た男女5人のうち、海に飛び込んで遊んでいた3人が流され、1人が行方不明になっているということです。他2人は救助され無事。

大槌町の船越湾で男性が溺れる

  • 日時:令和元年8月13日午後2時半ごろ
  • 場所:岩手県上閉伊郡大槌町の「船越湾」
  • 状況:遊泳中の男性(47)が高波にのまれ、亡くなっています。「吉里海岸海水浴場」近くであるのもの、海水浴場でない場所ということです。

鹿嶋市の海で男女が溺れる

  • 日時:令和元年8月12日午後6時すぎ
  • 場所:茨城県鹿嶋市の「武井釜」
  • 状況:20代の男女2人が溺れ、消防が救助にあたっているということです。

館山市の「布良海岸」で5人が離岸流に流される

  • 日時:令和元年8月12日午前6時すぎ
  • 場所:千葉県館山市布良の「布良(めら)海岸」
  • 状況:男性5人が離岸流に流され、うち3人は自力で岸に戻ったものの、18歳と19歳の男性2人が行方不明になっています。事故当時「台風10号」の影響で、「波浪注意報」が出ていたということでです。

ヘッドランド、河口の周辺は離岸流による事故が多発

日立市の「河原子海岸」で男性が溺れる

  • 日時:令和元年8月11日午後6時50分ごろ
  • 場所:茨城県日立市の「河原子海岸」の沖合
  • 状況:フィリピン国籍の男性(33)が溺れ、亡くなっています。事故当時は「波浪注意報」が出されていたということです。

藤枝市の海岸でサーファーが溺れる

  • 日時:令和元年8月11日午後2時40分ごろ
  • 場所:神奈川県藤枝市鵠沼海岸4丁目の海岸
  • 状況:パドリングで岸に向かっていた男性(27)が溺れ、救助されたものの亡くなっています。

真鶴町の「真鶴の海岸」で少年が溺れる

  • 日時:令和元年8月11日午後1時ごろ
  • 場所:神奈川県足柄下郡真鶴町の「真鶴の海岸」
  • 状況:10人ほどのグループで遊びにきていた少年(17)が、海面に浮いているのが見つかり、亡くなっています。高波にのまれたとみられています。

勝浦市の「守谷海水浴場」で40人が流される

  • 日時:令和元年8月11日正午すぎ
  • 場所:千葉県勝浦市の「守谷海水浴場」
  • 状況:海水浴をしていた40人が一時沖に流され、ライフセーバーによって救助されたものの、男性(44)1人が亡くなっています。「台風10号」の影響で波が高く、遊泳区域外に出ないよう注意を呼びかけていたということです。

小田原市の海で3人が流される

  • 日時:令和元年8月11日午前11時半ごろ
  • 場所:神奈川県小田原市早川の漁港(沖合)
  • 状況:男女3人が流され救助されたものの、40代の女性1人が意識不明の重体ということです。他2人のうち10代の女性は意識があり、40代の男性は無事ということです。

三浦市の海で釣りをしていた男性が行方不明

  • 日時:令和元年8月11日午前午前9時10分ごろ
  • 場所:神奈川県三浦市の「剣埼灯台」の下の岩場
  • 状況:友人らと海釣りをしていた男性が行方不明。海に転落したみられており、海上保安部が捜索しているということです。

熊谷市の「利根川」で男子高校生2人が行方不明

  • 日時:令和元年8月8日午後3時半すぎ
  • 場所:埼玉県熊谷市妻沼の「利根川」刀水橋近く
  • 状況:高校生5人が川で遊んでいたところ3人が流され、うち1人は自力で泳ぎ着いたものの、17歳と18歳の男子生徒が行方不明になっており、警察や消防が捜索しています。
    (追記:2人とも遺体で発見されたということです)

川は海より溺れやすい!水難事故の原因

仙台市の「名取川」で高校生が溺れる

  • 日時:令和元年8月7日午後3時半ごろ
  • 場所:宮城県仙台市太白区秋保町の「名取川」
  • 状況:友人らと岩場から川に飛び込んで遊んでいた高校生1年の男子生徒(16)が溺れ、病院に運ばれたものの亡くなっています。

川は海より溺れやすい!水難事故の原因

千葉市美浜区の海岸で高校生が流される

  • 日時:令和元年8月5日午後3時すぎ
  • 場所:千葉県千葉市美浜区の海岸
  • 状況:遊泳中の男子高校生(15)が流され、救助されたものの搬送先の病院で亡くなっています。海岸は遊泳禁止の場所とのことです。

大月市の「桂川」で魚釣り中に流される

  • 日時:令和元年8月5日午後1時ごろ
  • 場所:山梨県大月市賑岡町の「桂川」
  • 状況:釣りをしていた男性が流され、救助されたものの亡くなっています。

※大月市内の「桂川」では、7月30日にもアユ釣りの男性が流され亡くなっています。

川が海より危険な7つの理由

鉾田市の「滝浜沖」で遊泳中の事故

  • 日時:令和元年8月4日午後2時ごろ
  • 場所:茨城県鉾田市の滝浜沖
  • 状況:ブラジル人の男性(58)が浮いているのが見つかり、亡くなっています。遊泳中に流されたとみられています。

三浦市の「城ケ島」でダイビング中の事故

  • 日時:令和元年8月4日午前9時10分ごろ
  • 場所:神奈川県三浦市三崎町の「城ケ島」
  • 状況:ダイビングを終えたあとの女性(67)が体調不良になり、病院に運ばれたものの、その後に亡くなっています。

亘理町の「荒浜海水浴場」で男子高校生が溺れる

  • 日時:令和元年8月3日昼すぎ
  • 場所:宮城県亘理郡亘理町の「荒浜海水浴場」
    (閉鎖されている海水浴場で遊泳禁止の場所)
  • 状況:友人3人と海水浴をしていた男子生徒(17)が溺れ亡くなっています。

海での事故対策




7月の水難事故

気仙沼市の「小田の浜海水浴場」で男性が溺れる

  • 日時:令和元年7月31日午前7時半ごろ
  • 場所:宮城県気仙沼市長崎の「小田の浜海水浴場」※離島大島
  • 状況:友人と2人で海水浴をしていた男性が溺れ、意識不明の重体になっています。

大月市の「桂川」でアユ釣りの男性が流される

  • 日時:令和元年7月30日午後4時すぎ
  • 場所:山梨県大月市富浜町鳥沢の「桂川」
  • 状況:知人ら3人とアユ釣りにきていた男性(61)が、川底に引っかかった針を外すため川の中に入った際に、足を滑らせて転倒し流され、亡くなっています。

新潟市の「五十嵐浜」で沖合で事故

  • 日時:令和元年7月30日午前11時まえ
  • 場所:新潟県新潟市西区五十嵐(通称:五十嵐浜)の沖合
  • 状況:知人の男性と2人でカヤックのようなボート使い、素もぐり漁をしていた男性が海に沈んでいるのがみつかり、亡くなっています。

中之条町の「反下川」で男性が溺れる

  • 日時:令和元年7月29日午後2時半すぎ
  • 場所:群馬県吾妻郡中之条町上沢渡の「反下川=たんげがわ」
  • 状況:友人2人と川で遊んでいた男性(18)が流され、30日に川底で亡くなっているのが発見されています。雨の影響で川は増水し、流れが速かったとのことです。

坂東市の「西仁連川」で男児が溺れる

  • 日時:令和元年7月21日午後2時ごろ
  • 場所:茨城県坂東市山の「西仁連川=にしにれかわ」
  • 状況:7月20日夕方から自宅を出たまま行方不明になっていた、小学3年生の男児(8)が川底に沈んでいるのが見つかり、亡くなっています。溺れたとみられています。

那須烏山市の「那珂川」で男性が溺れる

  • 日時:令和元年7月21日午前10時45分ごろ
  • 場所:栃木県那須烏山市野上の「那珂川=なかがわ」
  • 状況:釣りをしていた男性(56)が流され、亡くなっています。

川に隠れた7つの危険と安全対策>>

愛川町の「中津川」で男性が流される

  • 日時:令和元年7月14日午後2時半すぎ
  • 場所:神奈川県愛甲郡愛川町の「中津川」
  • 状況:家族らとバーベキューをしていた男性(64)が、川に流されて亡くなっています。お酒を飲んだあとに、川に入ったとみられています。

那珂川町の「那珂川」で小学生が行方不明

  • 日時:令和元年7月6日午後2時前
  • 場所:栃木県那須郡那珂川町(なかがわまち)の「那珂川=なかがわ」。(国道293号線の「若鮎大橋」の近く)
  • 状況:川の中を歩いていた小学6年生の男児が行方不明になっており、水難事故の可能性もあるとみて、警察や消防が捜索しているとのことです。(追記:遺体で発見されたとのことです)

地域別の事故状況

期間:2019年6月~ 北海道・東北・関東・甲信 東海・北陸 近畿・中国・四国 九州・沖縄

水難事故の対策

近年の事故

2018年までの3年間について、6月~9月に発生した事故を地域別に記録しています。

2018年(平成30年)
2017年(平成29年)
2016年(平成28年)
スポンサーリンク
シェアする

『知っていた!』ことでリスクを小さくすることが出来ます。

過去の記事(一部広告を含む)



事件・事故・災害アーカイブ