水難事故(北海道から関東)2018年

シュノーケリング中の事故が目立っています。7月21日(土)までの1週間で、死者・行方不明者が4人(全国)です。

平成30年の夏に、北海道・東北・関東・甲信の海や川、湖などで発生した「水の事故」について記録しています。

昨年の水難事故件数(全国)は、過去10年で2番目に少なくなっています。(子供はもっとも少ない)東北や関東・甲信では、天候不順の影響もあったとみられています。今年は関東・甲信地方の梅雨明けも早く、猛暑も予想されています。十分な注意が必要です。

データー(数値)の出典:水難事故統計(警察庁)

昨年(平成29年)の水難事故件数[表示]
年間の事故件数です。カッコ内は子供の事故件数(水難者が子供のみの件数)です。
※長野県、静岡県は東海・北陸に含めています。

北海道 73(4) 栃木県 6(0)
青森県 19(1) 茨城県 43(6)
岩手県 21(0) 千葉県 46(4)
宮城県 22(6) 東京都 20(2)
秋田県 13(1) 埼玉県 24(9)
山形県 22(0) 神奈川県 53(4)
福島県 11(4) 新潟県 57(5)
群馬県 4(1) 山梨県 8(1)

北海道は全国で2番目に多く、新潟県は3番目に多くなっています。また子どもの事故件数では、埼玉県は2番目に多くなっています。

レジャーやスポーツ中に発生した、おもな事故を記録しています。内容は発生時の状況です。
事故情報を要約したものであり、自治体等が発表した内容ではありません。
※個人名等は記載していません。

7月

館山市の「沖ノ島海水浴場」で、シュノーケリングの事故

  • 日時:平成30年7月21日午前9時半ごろ
  • 場所:千葉県館山市の「沖ノ島海水浴場」
  • 状況:家族らと海水浴に訪れていた男性(31)がシュノーケリング中に溺れ、搬送先で死亡が確認されています。

シュノーケル(シュノーケリング)中の事故。初心者は注意!

気仙沼市の海で男性が溺れる事故

  • 日時:平成30年7月20日午後3時時半ごろ
  • 場所:宮城県気仙沼市本吉町の「小泉海岸」
  • 状況:友人と泳いでいたの男性(27)が溺れ、病院に運ばれたものの死亡しています。この事故では2人とも引き波(離岸流の可能性)に、100メートル以上流されたとみられています。

海でのレジャーでは「離岸流」に注意。

鶴岡市の沖合でダイビング中の事故

  • 日時:平成30年7月18日午後12時ごろ
  • 場所:山形県鶴岡市堅苔沢漁港から、約800メートル沖合の「留棹庵島」近く
  • 状況:ダイビングをしていた女性(51)が意識不明となり、病院に運ばれたものの死亡しています。

館山市の海で男性が溺れる

  • 日時:平成30年7月17日午後1時半ごろ
  • 場所:千葉県館山市富士見の「沖ノ島公園」の近くの海
  • 状況:海水浴に来ていた男性(70代くらい)が溺れ、意識不明の重体になっています。

千葉市の「幕張海浜公園」で中学生ら4人が溺れる事故

  • 日時:平成30年7月16日午後4時20分ごろ
  • 場所:千葉市美浜区の「幕張海浜公園」の海岸(遊泳禁止場所)
  • 状況:中学生3人と男性(50代)の合わせて4人が溺れ、消防に救助されています。全員意識があり命に別状はないとのことです。

海水浴など海のレジャーでの水難事故対策

ひたちなか市の海岸(沖合)で男性が死亡

  • 日時:平成30年7月15日午後1時20分ごろ
  • 場所:茨城県ひたちなか市平磯町の沖合
  • 状況:ウェットスーツを着た男性(79)が浮いているのが見つかり、病院に搬送されたものの死亡が確認されています。

宮城県柴田町の白石川で大学生が溺れる事故

  • 日時:平成30年7月14日午後5時20分ごろ
  • 場所:宮城県柴田町の「白石川」
  • 状況:友人2人と釣りをしていた男子大学生(19)が溺れ死亡。

川は隠れた危険が多い!水難事故の原因と対策

逗子市の沖合でプレジャーボートに乗っていた男性が行方不明

  • 日時:平成30年7月14日午後5時20分ごろ
  • 場所:神奈川県逗子市の「逗子マリーナ」から約13キロの海上
  • 状況:男女7人と乗っていた男性(60代)が行方不明になっています。

相模原市の「相模川」で高校生が溺れる事故

  • 日時:平成30年7月10日午後3時ごろ
  • 場所:神奈川県相模原市内の「相模川」
  • 状況:友人2人と川で遊んでいた高校1年の男子生徒が溺れ、救助されたものの意識不明の重体になっています。

川は隠れた危険が多い!水難事故の原因と対策

ひたちなか市で釣りをしていた男性が海に転落

  • 日時:平成30年7月8日午後8時ごろ
  • 場所:茨城県ひたちなか市那珂湊の海岸にある堤防
  • 状況:釣りに来ていた男性(34)が転落して死亡しています。

美浦村の「清明川」で男性が転落

  • 日時:平成30年7月8日午後2時ごろ
  • 場所:茨城県稲敷郡美浦村の「清明川」
  • 状況:川岸から網を使って魚とりをしていた男性(69)が川に転落し、死亡しています。

栃木市の「谷中湖」で男性が死亡

  • 日時:平成30年7月4日午後3時ごろ
  • 場所:栃木市藤岡町の渡良瀬遊水地(渡良瀬第一貯水池の谷中湖)
  • 状況:ウエットスーツを身につけた男性(50歳くらい)が浮いているのが見つかり、死亡が確認されています。付近にはウインドサーフィンのボードが浮いており、何らかの事故にあったとみられています。

新潟県聖籠町の「網代浜海水浴場」で中学生が溺れる

  • 日時:平成30年7月1日午後12時55分ごろ
  • 場所:新潟県聖籠(せいろう)町網代浜の「網代浜海水浴場」
  • 状況:中学生の男女5人が遊泳していたところ、男女2人が溺れ中学1年生の男子生徒(12)が亡くなっています。女子生徒(12)は無事。同海水浴場は海開き前で、監視員はいなかったとのことです。

6月

筑西市の「鬼怒川」で女子児童2人が転落

  • 日時:平成30年6月30日午後2時ごろ
  • 場所:茨城県筑西市を流れる「鬼怒川」
  • 状況:川に遊びに来ていた2人の小学生(いずれも10才)が川に転落する事故。近くにいた人や駆けつけた消防隊員に救助され無事。落とし物を拾おうとして誤って川に転落したとみられています。

川は隠れた危険が多い!水難事故の原因と対策

佐渡市のため池で小学生男児が溺れる

  • 日時:平成30年6月11日午後3時すぎ
  • 場所:新潟県佐渡市のため池(深さ約2メートル)
  • 状況:小学生の男の子(10)が亡くなっています。池の周辺で子ども同士が遊んでいたということで、警察で原因を調査中。

ため池での魚釣り・水遊びは非常に危険!

川崎市の「多摩川」で男子大学生が川で溺れる

  • 日時:平成30年6月9日午後1時半すぎ
  • 場所:神奈川県川崎市多摩区の「多摩川」河川敷
  • 状況:男子大学生が溺れ意識不明の重体。河川敷で大学の友人らとバーベキューをしていたところ、近くの岩から川に飛び込み溺れたとみられています。

河口湖で男性が死亡

  • 日時:平成30年6月5日午前11時45分ごろ
  • 場所:山梨県富士吉田市の「河口湖」
  • 状況:男性(78)は手こぎ舟でウナギ釣りに出掛けていたとのことです。

藤沢市の「江の島」沖合で、水上バイクとプレジャーボートが衝突

  • 日時:平成30年6月3日午後1時ごろ
  • 場所:神奈川県藤沢市の江の島の沖合
  • 状況:2人が乗った水上バイクと5人が乗ったプレジャーボートが衝突。この事故で水上バイクに乗っていた2人が海に投げ出され、運転していた男性(51)が死亡し、同乗していた女性(45)が軽傷を負っています。

常総市の「鬼怒川」で、男子中学生が行方不明

  • 日時:平成30年6月2日午後
  • 場所:茨城県常総市の「鬼怒川」
  • 状況:友人数人とともに鬼怒川で泳いで遊んでいたところ川に流されたとみられています。

水難事故の発生状況と事故防止

2018年(平成30年)の事故

2017年(平成29年)の事故

2016年(平成28年)の事故

水難事故の防止
海や川などでの水難事故防止、もしもの時に命を守るアイテムをまとめています。 警察庁の「水難事故統計」によると、昨年(平成29年)に全国の海...
トップへ戻る