水難事故(北海道から関東)2019年

スポンサーリンク

夏に海や川で発生した事故

期間:2019年7月~

昨年の事故件数[表示]

データー(数値)の出典:水難事故統計(警察庁)

2018年(年間)の事故件数です。カッコ内は子供の事故件数(水難者が子供のみの件数)です。※長野県、静岡県は東海・北陸に含めています。

北海道 51(2) 栃木県 5(0)
青森県 15(1) 茨城県 35(6)
岩手県 27(0) 千葉県 90(14)
宮城県 19(2) 東京都 28(1)
秋田県 17(1) 埼玉県 21(2)
山形県 26(0) 神奈川県 64(5)
福島県 18(3) 新潟県 65(10)
群馬県 2(1) 山梨県 10(1)

千葉県は全国でもっとも多く水難事故が発生しています。(子どものみの事故も最多)また新潟県の事故件数は全国で2番目です。

栃木県警は過去5年間(2014年から2018年)の水難事故状況を発表。水難者数は46人で、半数を超える27人が60歳以上ということです。(魚釣り中の事故が多い)

レジャーやスポーツ中に発生したおもな事故について、月ごとに記録しています。内容は発生時の状況です。事故情報を要約したものであり、自治体等が発表した内容ではありません。
※個人名等は記載していません。

7月の水難事故

坂東市の「西仁連川」で男児が溺れる事故

  • 日時:令和元年7月21日午後2時ごろ
  • 場所:茨城県坂東市山の「西仁連川=にしにれかわ」
  • 状況:7月20日夕方から自宅を出たまま行方不明になっていた、小学3年生の男児(8)が川底に沈んでいるのが見つかり、亡くなっています。溺れたとみられています。

那須烏山市の「那珂川」で男性が溺れる事故

  • 日時:令和元年7月21日午前10時45分ごろ
  • 場所:栃木県那須烏山市野上の「那珂川=なかがわ」
  • 状況:釣りをしていた男性(56)が流され、亡くなっています。

愛川町の「中津川」で男性が流される事故

  • 日時:令和元年7月14日午後2時半すぎ
  • 場所:神奈川県愛甲郡愛川町の「中津川」
  • 状況:家族らとバーベキューをしていた男性(64)が、川に流されて亡くなっています。お酒を飲んだあとに、川に入ったとみられています。

那珂川町の「那珂川」で小学生が行方不明

  • 日時:令和元年7月6日午後2時前
  • 場所:栃木県那須郡那珂川町(なかがわまち)の「那珂川=なかがわ」。(国道293号線の「若鮎大橋」の近く)
  • 状況:川の中を歩いていた小学6年生の男児が行方不明になっており、水難事故の可能性もあるとみて、警察や消防が捜索しているとのことです。(追記:遺体で発見されたとのことです)

 

その他の地域

2019年6月~

近年の事故

2018年までの3年間について、6月~9月に発生した事故を地域別に記録しています。

2018年(平成30年)
2017年(平成29年)
2016年(平成28年)