九州[北部]の冬(2021年)気温と降水量の予想

スポンサーリンク

[地域]山口県・福岡県・大分県・長崎県・佐賀県・熊本県

福岡・佐賀・長崎・熊本・大分の冬

[目次]

このページに掲載している数値等は、気象庁のデーターから出典したものです。
数値を再利用される場合は出典元(気象庁)データーをご使用ください。

スポンサーリンク

1か月予報

3月4日発表分

気温

低い(%) 平年並(%) 高い(%)
1か月
10
20
70

降水量

少ない(%) 平年並(%) 多い(%)
1か月
30
40
30
雪の予想
  • 24時間降雪量(多い所)
  • データーの出典:気象庁(防災情報)
  • 単位:センチ
  • 山地:標高200メートルを超える地域
  • ///:発表なし
地域 /// ///
山口県 山地 /// ///
平地 /// ///
福岡県 山地 /// ///
平地 /// ///
佐賀県 山地 /// ///
平地 /// ///
長崎県 山地 /// ///
平地 /// ///
大分県 山地 /// ///
平地 /// ///
熊本県 山地 /// ///
平地 /// ///

3か月予報

冬の期間の3か月予報は、掲載を終了しました。

今年の夏も暑くなる予想(全国版)

夏の気温の予想(九州北部)

いつまで寒いの?

最低気温が初めて10℃を超える日(平年日)です。最高気温も20℃前後になり、過ごしやすくなる頃です。

都市 平年日 都市 平年日
山口市 4月28日 萩市 4月24日
福岡市 4月8日 八幡市 4月16日
佐賀市 4月5日 長崎市 4月5日
熊本市 4月12日 大分市 4月15日

全国のおもな都市(90か所以上)は、こちらから>>

スポンサーリンク

福岡市の気温推移(2021年)

気象庁の過去の気象データーから、月別の気温と平年差をグラフにしたもの。
(気象庁が発表したグラフではありません)

九州(北部)の気温推移(平年差)

九州北部の冬(記録)

冬の気温・降水・降雪(12月~2月)

  • 気温は平年値と比べた差(℃)です。
  • 降水・降雪量は平年値に対する比率(%)です。
  • 気象庁の寒冬基準は-0.2℃以下、暖冬は+0.5℃以上(九州地方の場合)
  • 色分けは当サイトで行ったもので、色の濃さは気象庁の階級区分ではありません。
寒冬 暖冬
気温(平年差) -1.0℃ -0.2℃ +0.5℃ +1.0℃
気温 降水量 降雪量
2019-20 +2.1 167 7
2018-19 +1.4 103 3
2017-18 -1.3 83 226
2016-17 +0.9 118 70
2015-16 +0.8 156 211
スポンサーリンク

10月から翌年3月までの平年差

九州[北部]地方の月別平年差(過去3年)です。

気温 降水量 降雪量
2019-20 10 +1.6 123 ///
11 +0.9 38 ///
12 +1.4 182 0
1 +2.9 198 36
2 +2.0 125 0
3 +1.7 114 0
2018-19 10 +0.3 74 ///
11 +0.3 60 ///
12 +1.1 153 44
1 +1.2 59 1
2 +1.7 101 0
3 +1.3 99 0
2017-18 10 +0.8 348 ///
11 -0.4 44 0
12 -1.7 39 11
1 -1.0 123 218
2 -1.4 79 410
3 +1.5 136 0

都市ごとの平年値(旬ごと)

福岡市佐賀市長崎市熊本市長崎市大分市山口市

冬を安全に過ごすために

コロナ禍が続く中での冬になりそうです。くれぐれもご安全に!

火災予防

2019年の火災発生件数等

  • 福岡県の火災発生件数は1,345件(建物火災は740件)で全国9位です。また負傷者数も164人で同じく9位です。
  • 山口県は人口1万人当たりの出火件数が3.71件で全国10位です。
  • 山口県は10万人あたりの死者発生率が1.95で全国4位です。

気温が低くなると暖房器具を使う機会も増えます。また空気も乾燥する季節です。暖房器具や消火設備の点検、火事を起こさないための知識の共有が大切です。また水害被害にあわれた建物や工場などでは、配電盤の点検(漏電チェックなど)も行いましょう。

春の全国火災予防運動(2021年)ポスター等
令和3年の『春の全国火災予防運動』は、3月1日(月)~7日(日)です。統一防火標語は『その火事を 防ぐあなたに 金メダル』です。ポスター(PDF形式)等を掲載しています。春は空気も乾燥し、火風の強い日が多くなります。火の取り扱いには十分な注意が必要です。

爆発事故や放火を除けば、住宅火災(失火)のほとんどは、最初は小さな火です。もしもの時は燃え広がる前に、素早く消火が出来る環境づくりが大切。消火スプレーや投てき消火剤で被害を最小限に抑えましょう!

初期消火に役立つアイテム
(楽天・amazon)

紫外線・加湿・清浄でリスクを
低減(amazon・楽天)

その他の地域[表示]
スポンサーリンク
シェアする

過去の記事(一部広告を含む)



事件・事故・災害アーカイブ