東北の冬(2021年)の気温と雪の予想

スポンサーリンク

[地域]青森県・秋田県・岩手県・宮城県・山形県・福島県

東北の冬

[目次]

このページに掲載している数値等は、気象庁のデーターから出典したものです。
数値を再利用される場合は出典元(気象庁)データーをご使用ください。

スポンサーリンク

1か月予報

3月4日発表分

気温

低い(%) 平年並(%) 高い(%)
1か月
10
30
60

降水量

少ない(%) 平年並(%) 多い(%)

日本海側

1か月
40
40
20

太平洋側

1か月
30
40
30
降雪量(日本海側)

青森県(津軽地方)、秋田県、山形県、福島県(会津地方)

少ない(%) 平年並(%) 多い(%)

予想は終了しています。

大雪に関する情報
期間 /// ///
日本海側 山沿い /// ///
平地 /// ///
太平洋側 山沿い /// ///
平地 /// ///

大雪による事故にご注意

スポンサーリンク

3か月予報

冬の期間の3か月予報は、掲載を終了しました。

今年の夏も暑くなる予想(全国版)

夏の気温の予想(東北)

いつまで寒いの?

最低気温が初めて10℃を超える日(平年日)です。最高気温も20℃前後になり、過ごしやすくなる頃です。

都市 平年日 都市 平年日
青森市 5月24日 秋田市 5月13日
盛岡市 5月26日 仙台市 5月21日
山形市 5月16日 福島市 5月5日
郡山市 5月12日

全国のおもな都市(90か所以上)は、こちらから>>

東北の気温推移(2021年)

気象庁の過去の気象データーから、月別の気温と平年差をグラフにしたもの。
(気象庁が発表したグラフではありません)

日本海側

東北(日本海側)の気温推移

太平洋側

東北(太平洋側)の気温推移

スポンサーリンク

東北地方の冬(記録)

冬の気温・降水・降雪(12月~2月)

  • 気温は平年値と比べた差(℃)です。
  • 降水・降雪量は平年値に対する比率(%)です。
  • 気象庁の寒冬基準は-0.4℃以下、暖冬は+0.5℃以上(東北地方の場合)
  • 色分けは当サイトで行ったもので、色の濃さは気象庁の階級区分ではありません。

現在の平年値は1981年~2010年の観測データーが使われています。10年ごとに更新されるため、2021年以降は変わる場合があります。

寒冬 暖冬
気温(平年差) -1.0℃ -0.4℃ +0.5℃ +1.0℃

日本海側

青森県(津軽地方)、秋田県、山形県、福島県(会津地方)

気温 降水量 降雪量
2019-20 +1.8 101 24
2018-19 +0.5 93 61
2017-18 -0.9 114 88
2016-17 +0.7 121 72
2015-16 +1.1 106 60
  • 2019-20年の冬は平年より1.8℃高く、統計開始(1946年)以降でもっとも気温が高い冬でした。降雪量は平年の24%で統計開始(1962年)以降で、もっとも少なくなっています。

太平洋側

青森県(下北、三八上北地方)、岩手県、宮城県、福島県(中通り、浜通り地方)

気温 降水量 降雪量
2019-20 +1.6 126 27
2018-19 +0.6 54 44
2017-18 -0.6 79 88
2016-17 +0.9 86 57
2015-16 +1.2 126 58
  • 2019-20年の冬は平年より1.6℃高く、統計開始(1946年)以降でもっとも気温が高い冬でした。降雪量は平年の27%で統計開始(1962年)以降で、2番目に少なくなっています。(もっとも少なかったのは2007年の15%)
  • 2001年以降の冬で、降雪量が平年値を超えたのは、2001年(168%)、2005年(126%)、2006年(116%)、2014年(110%)の4回です。
  • 2017-18年の冬は「ラニーニャ現象」が継続しており、全国的に平年の気温を下回っています。
10月から翌年3月までの平年差

東北地方全体の月別平年差(過去5年)です。

現在の平年値は1981年~2010年の観測データーが使われています。10年ごとに更新されるため、2021年以降は変わる場合があります。

気温 降水量 降雪量
2019-20 10 +1.8 293 ///
11 +0.3 53 16
12 +0.7 87 25
1 +2.3 161 15
2 +2.1 97 36
3 +2.6 114 14
2018-19 10 +1.2 92 ///
11 +1.3 48 11
12 -0.1 99 96
1 +0.6 44 43
2 +1.1 63 34
3 +1.7 106 45
2017-18 10 -0.2 185 ///
11 -0.3 66 99
12 -1.2 83 104
1 -0.1 99 89
2 -1.0 95 83
3 +2.2 162 21
スポンサーリンク
2015-16年まで表示
気温 降水量 降雪量
2016-17 10 +0.1 72 ///
11 -1.1 60 63
12 +0.9 111 50
1 +0.6 89 70
2 +0.9 102 67
3 +0.2 77 42
2015-16 10 -0.3 49 ///
11 +1.5 150 23
12 +1.4 122 23
1 +0.8 133 90
2 +1.1 95 97
3 +1.8 47 37
年ごとの平年値(旬ごと)

青森市盛岡市仙台市秋田市山形市福島市

冬を安全に過ごすために

コロナ禍が続く中での冬になりそうです。くれぐれもご安全に!

火災予防

2019年の火災発生件数等

  • 青森県は人口1万人あたりの火災発生件数が4.69件で全国最多です。
  • 青森県は人口10万人あたりの死者数が2.86人で全国最多です。
  • 福島県は火災による死者数が53人(負傷者は101人)で全国8位です。10万人あたりの死者数では2.79人で全国2位です。
春の全国火災予防運動(2021年)ポスター等
令和3年の『春の全国火災予防運動』は、3月1日(月)~7日(日)です。統一防火標語は『その火事を 防ぐあなたに 金メダル』です。ポスター(PDF形式)等を掲載しています。春は空気も乾燥し、火風の強い日が多くなります。火の取り扱いには十分な注意が必要です。

爆発事故や放火を除けば、住宅火災(失火)のほとんどは、最初は小さな火です。もしもの時は燃え広がる前に、素早く消火が出来る環境づくりが大切。消火スプレーや投てき消火剤で被害を最小限に抑えましょう!

初期消火に役立つアイテム
(楽天・amazon)

インフルエンザの流行状況

インフルエンザの流行状況(2019年から2020年)
[最新の状況]厚生労働省、国立感染症研究所から、流行状況(警報・注意報)と予防に関する情報を掲載。2020年-21年シーズンの感染者数は例年よりかなり少なく、このページでの掲載は行っていません。

▲2020-21年シーズンは発表が始まったあとに更新します。

紫外線・加湿・清浄でリスクを
低減(amazon・楽天)

除雪作業・除雪機による事故防止

2020年12月16日からの大雪で、除雪作業中の事故が目立っています。除雪作業はできるだけ2人以上で行い、雪下ろしにあたっては屋根からの転落にも注意が必要です。また作業中は携帯電話を所持することで、もしも雪に埋まった場合には、架電することで着信音による早期発見につながります。

消費者庁(PDF)によると除雪機による事故は、全国で90件発生(2017年-28年の冬)しており、8人が亡くなり82人が負傷しているということです。

おもな事故原因

  • 除雪部に手を突っ込む:41%
  • 除雪部に巻き込まれる:26%
  • 壁などの挟まれる:16%
  • 除雪機にひかれる:11%

特に歩行型ロータリー除雪機の安全装置を無効化した状態での使用で、事故が目立つということです。(作業を楽にするために、安全装置であるデッドマンクラッチをひもで縛るなどで固定することは、絶対に行わないこと)

除雪機の事故防止ポスター 除雪機を使用するときの注意
▲拡大表示します。

PDFで表示・印刷(除雪機安全協議会へリンク)

印刷して除雪機の保管場所などに掲示すれば、事故防止が期待できそうです。

強い寒気(寒波)が来たら!
雪による事故・トラブル

その他の地域[表示]
スポンサーリンク
シェアする

過去の記事(一部広告を含む)



事件・事故・災害アーカイブ