東北の冬(2020年-21年)の気温・降雪量の予想

スポンサーリンク

気象庁が10月9日に発表した「エルニーニョ/ラニーニャ」監視速報によると、現在「ラニーニャ現象」が発生(持続)しており、冬にかけて続く確率は90%(前回予想より20%高い)と予想されています。また3月まで続く確率は80%、4月までは70%です。

  • 「3か月予報」による気温と降水量(12月まで)
  • 「寒候期予報」による冬季の気温と降水・降雪量

[地域]青森県・秋田県・岩手県・宮城県・山形県・福島県

東北の冬

[目次]

このページに掲載している数値等は、気象庁のデーターから出典したものです。
数値を再利用される場合は出典元(気象庁)データーをご使用ください。

スポンサーリンク

気温と降水量の予想

気象庁の「3か月予報」による12月までの気温と降水量

9月25日発表分

気温

低い(%) 平年並(%) 高い(%)
10月
20
30
50
11月
30
40
30
12月
30
40
30

降水量

少ない(%) 平年並(%) 多い(%)

日本海側

青森県(津軽地方)、秋田県、山形県、福島県(会津地方)

10月
30
40
30
11月
30
40
30
12月
30
40
30

太平洋側

青森県(下北、三八上北地方)、岩手県、宮城県、福島県(中通り、浜通り地方)

10月
30
40
30
11月
30
40
30
12月
20
40
40
降雪量(日本海側)

青森県(津軽地方)、秋田県、山形県、福島県(会津地方)

次回(10月23日)の「3か月予報」から発表されます。

寒候期予報(12月~2月)

冬の期間(2020年12月~2021年2月)全般の見通しです。また気象庁は次回の3か月予報(10月23日)の発表時に合わせて、寒候期予報に変更がある場合は修正するということです。
(変更があった場合は、このページも修正します)

9月25日発表分

気温

低い(%) 平年並(%) 高い(%)
30 40 30

降水量

日本海側

青森県(津軽地方)、秋田県、山形県、福島県(会津地方)

少ない(%) 平年並(%) 多い(%)
30 40 30

太平洋側

青森県(下北、三八上北地方)、岩手県、宮城県、福島県(中通り、浜通り地方)

少ない(%) 平年並(%) 多い(%)
20 40 40
降雪量(日本海側)

青森県(津軽地方)、秋田県、山形県、福島県(会津地方)

少ない(%) 平年並(%) 多い(%)
30 40 30

雪がいっぱい降るのかな。

多すぎても少なすぎても困るけどね。

仙台市の気温推移

気象庁の過去の気象データーから、月別の気温と平年差をグラフにしたもの。
(気象庁が発表したグラフではありません)

現在の平年値は1981年~2010年の観測データーが使われています。10年ごとに更新されるため、2021年以降は変わる場合があります。

  • 仙台市の気温推移
    2020年

▲スライド(スワイプ)で2019年と比較できます。

スポンサーリンク

東北地方の冬(記録)

冬の気温・降水・降雪(12月~2月)

  • 気温は平年値と比べた差(℃)です。
  • 降水・降雪量は平年値に対する比率(%)です。
  • 気象庁の寒冬基準は-0.4℃以下、暖冬は+0.5℃以上(東北地方の場合)
  • 色分けは当サイトで行ったもので、色の濃さは気象庁の階級区分を示すものではありません。

現在の平年値は1981年~2010年の観測データーが使われています。10年ごとに更新されるため、2021年以降は変わる場合があります。

寒冬 暖冬
気温(平年差) -1.0℃ -0.4℃ +0.5℃ +1.0℃

日本海側

青森県(津軽地方)、秋田県、山形県、福島県(会津地方)

気温 降水量 降雪量
2019-20 +1.8 101 24
2018-19 +0.5 93 61
2017-18 -0.9 114 88
2016-17 +0.7 121 72
2015-16 +1.1 106 60
  • 2019-20年の冬は平年より1.8℃高く、統計開始(1946年)以降でもっとも気温が高い冬でした。降雪量も平年の24%で統計開始(1962年)以降で、もっとも少なくなっています。

太平洋側

青森県(下北、三八上北地方)、岩手県、宮城県、福島県(中通り、浜通り地方)

気温 降水量 降雪量
2019-20 +1.6 126 27
2018-19 +0.6 54 44
2017-18 -0.6 79 88
2016-17 +0.9 86 57
2015-16 +1.2 126 58
  • 2019-20年の冬は平年より1.6℃高く、統計開始(1946年)以降でもっとも気温が高い冬でした。降雪量も平年の27%で統計開始(1962年)以降で、2番目に少なくなっています。(もっとも少なかったのは2007年の15%)
  • 2001年以降の冬で、降雪量が平年値を超えたのは、2001年(168%)、2005年(126%)、2006年(116%)、2014年(110%)の4回です。
  • 2017-18年の冬は「ラニーニャ現象」が継続しており、全国的に平年の気温を下回っています。
スポンサーリンク
10月から翌年3月までの平年差

東北地方全体の月別平年差(過去5年)です。

現在の平年値は1981年~2010年の観測データーが使われています。10年ごとに更新されるため、2021年以降は変わる場合があります。

気温 降水量 降雪量
2019-20 10 +1.8 293 ///
11 +0.3 53 16
12 +0.7 87 25
1 +2.3 161 15
2 +2.1 97 36
3 +2.6 114 14
2018-19 10 +1.2 92 ///
11 +1.3 48 11
12 -0.1 99 96
1 +0.6 44 43
2 +1.1 63 34
3 +1.7 106 45
2017-18 10 -0.2 185 ///
11 -0.3 66 99
12 -1.2 83 104
1 -0.1 99 89
2 -1.0 95 83
3 +2.2 162 21
2015-16年まで表示
気温 降水量 降雪量
2016-17 10 +0.1 72 ///
11 -1.1 60 63
12 +0.9 111 50
1 +0.6 89 70
2 +0.9 102 67
3 +0.2 77 42
2015-16 10 -0.3 49 ///
11 +1.5 150 23
12 +1.4 122 23
1 +0.8 133 90
2 +1.1 95 97
3 +1.8 47 37
各月1日と15日の気温(平年値)

「平年の気温より高い・・」などで使われる平年値は、現在1980年~2010年の観測データーが使われています。

青森市盛岡市仙台市秋田市山形市福島市

冬を安全に過ごすために

火災予防

2020年度(2021年3月まで)の全国統一防火標語が発表されています。

『その火事を 防ぐあなたに 金メダル』

2019年の火災発生件数等

  • 青森県は人口1万人あたりの火災発生件数が4.69件で全国最多です。
  • 青森県は人口10万人あたりの死者数が2.86人で全国最多です。
  • 福島県は火災による死者数が53人(負傷者は101人)で全国8位です。10万人あたりの死者数では2.79人で全国2位です。
秋の火災予防運動 2020年(令和2年)
令和2年の「秋の全国火災予防運動(秋の火災予防週間)」は、11月9日(月)から15日(日)に実施。 2020年度の全国統一防火標語は、『その火事を 防ぐあなたに 金メダル」』ポスターなどを掲載しています。2019年の総出火件数は37,538件。毎日どこかで103件(平均)の火災が発生しています。

青森県は全国の火災予防運動とは別に、10月19日~25日まで県独自の「秋の火災予防運動」を実施しています。2020年は10月19日までに、青森市と周辺の4町村の管内で起きた火災の発生件数は82件(前年同期より28件少ない)ということです。

爆発事故や放火を除けば、住宅火災(失火)のほとんどは、最初は小さな火です。燃え広がる前に、とっさに消火行動が出来る環境づくりが大切。消火スプレーや投てき消火剤で被害を最小限に抑えましょう!

初期消火に役立つアイテム
(楽天・amazon)

インフルエンザの流行状況

インフルエンザと冬の気温(寒さとの関係)
2011年-12年以降の冬の気温とインフルエンザの流行(受診者数)を掲載しています。過去9シーズンでもっとも流行したのは2017-18年で全国的に寒い冬でした。(期間を通してラニーニャ現象が継続)

▲過去9シーズンの流行状況(受診者数と冬の気温)

インフルエンザの流行状況(2019年から2020年)
[最新の状況]厚生労働省、国立感染症研究所から、流行状況(警報・注意報)と予防に関する情報を掲載。2019年-20年シーズンの流行は、例年より1か月以上早く終息。累計患者数は約728.5万人で、前シーズンより約447.5万人少なく、過去10年ではもっとも少なくなっています。

▲現在の内容は2019-2020年の状況です。2020-21年シーズンは発表開始後に更新します。

冬が来る前に(楽天・amazon)

その他の地域[表示]
スポンサーリンク
シェアする

過去の記事(一部広告を含む)



事件・事故・災害アーカイブ