スポンサーリンク

「交通死亡事故多発警報」の発令状況

スポンサーリンク

2020年(令和2年)の発令状況

都道府県または政令指定都市での発令状況です。(市町村単位は除く)
また深刻な状況で発表される「交通死亡事故多発緊急(または非常)事態宣言」についても掲載しています。(発令基準は自治体ごとに異なります)

発令期間は交通取り締まり等が強化されます。

三重県で「交通死亡事故多発警報」

  • 発令日:令和2年3月23日(月)
  • 期間:3月23日(月)~4月30日(木)
  • 地域:県内全域
  • その他:3月23日までの死者数は25人で、前年同期より10人も増加しています。死者数のうち8人が高齢者で道路横断中の事故です。県内全域で交通取り締まり等が強化されます。同県での発令は平成28年以来です。

※「春の交通安全運動」の期間と重なります。交通取り締まりが一段と厳しくなるかもしれません。

北海道で「交通死亡事故多発警報」

  • 発令日:令和2年3月19日(木)
  • 期間:3月19日(木)~3月25日(水)
  • 地域:道内全域
  • その他:3月18日までの死者数は21人で、前年同期より9人増加しています。交通取り締まり等が強化されます。

埼玉県で「交通死亡事故多発警報」

  • 発令日:令和2年2月25日(火)
  • 期間:2月25日(火)~3月9日(月)
  • 地域:県内全域
  • その他:2月1日~24日までの死者数は13人で、前年同期より8人増加しています。交通取り締まり等が強化されます。

滋賀県で「交通死亡事故多発警報」

  • 発令日:令和2年2月7日(金)
  • 期間:2月7日(金)~2月13日(木)
  • 地域:県内全域
  • その他:ドライバーの安全意識を喚起するなど、交通死亡事故の抑止へ向けた対策を強化するということです。2月6日夜に路面凍結が原因とみられる交通死亡事故が4件発生し、合わせて4人が亡くなっています。(2時間の間に相次いだということです)
スポンサーリンク

石川県で「交通死亡事故多発警報」

  • 発令日:令和2年1月31日(金)
  • 期間:1月31日(金)~2月14日(金)
  • 地域:県内全域
  • その他:交通取り締まり等が強化されます。

今年に入って1月31日までの死者数は7人です。同県での警報発令は10年ぶりです。

香川県で「交通死亡事故多発緊急事態宣言」

  • 発令日:令和2年1月25日(土)
  • 期間:1月25日(土)~31日(金)
  • 地域:県内全域
  • その他:交通取り締まり等が強化されます。

今年に入って24日までの死者数は7人です。

茨城県で「交通死亡事故多発警報(高齢者警報)」

  • 発令日:令和2年1月25日(土)
  • 期間:1月25日(土)~31日(金)
  • 地域:県内全域

名古屋市で「交通死亡事故多発警報」

  • 発令日:令和2年1月22日(水)
  • 期間:1月22日(水)~29日(水)
  • 地域:名古屋市内全域
  • その他:交通取り締まり等が強化されます。

大分県で「交通非常事態宣言」

  • 発令日:令和2年1月10日(金)
  • 期間:1月10日(金)~23日(木)
  • 地域:県内全域
  • その他:交通取り締まり等が強化されます。

今年に入ってから7日に大学生2人(いずれも19歳)が亡くなるなど、1月14日までの交通事故死者数は5人で、前年同期より5人増加しています。また昨年(2019年)の年間死者数は41人で、前年より2人増加しています。

昨年(2019年)の発令状況

全国での発令回数は37回で、前年より3回多くなっています。もっとも多く発令されたのは徳島県で6回です。次いで長野県が4回、北海道、埼玉県、鳥取県がそれぞれ3回です。

2019年の発令状況

被害者にも加害者にもならない!

  • ながら運転

▲オンマウスまたはタップで停止

「携帯電話に事故の知らせが届く」ことがないように、安全運転が大切です。

交通安全に関する記事

業務用アルコール検知器で、「アルコール検知器協議会」が認定している製品

2019年(令和元年)の交通死亡事故多発警報>>

スポンサーリンク
シェアする

過去の記事(一部広告を含む)



事件・事故・災害アーカイブ
タイトルとURLをコピーしました