北陸の冬(2020年)の気温・降雪量の予想

スポンサーリンク

このページの更新は終了しています。
夏の気温と降水量の予想へ >>

スポンサーリンク

「3か月予報」による気温と降水・降雪量

福井、石川、富山、新潟の冬

北陸地方の冬

2020年1月24日発表分

2020年2月~4月の気温と降水量を掲載しています。
このページに掲載している数値等は、気象庁のデーターから出典したものです。
数値を再利用される場合は出典元(気象庁)データーをご使用ください。

[目次]

気温

3か月間(全般)の平均気温は、平年より高い確率が50%と予想されています。

2020年2月

  • 低い:20%
  • 平年並:30%
  • 高い:50%

2020年3月

  • 低い:20%
  • 平年並:40%
  • 高い:40%

2020年4月

  • 低い:20%
  • 平年並:40%
  • 高い:40%
降雪量

予想は終了しています。

降水量

3か月間(全般)の降水量は、平年並または少ない確率ともに40%と予想されています。

2020年2月

  • 少ない:40%
  • 平年並:40%
  • 多い:20%

2020年3月

  • 少ない:40%
  • 平年並:30%
  • 多い:30%

2020年4月

  • 少ない:30%
  • 平年並:40%
  • 多い:30%

金沢市の気温の推移(2019年)

気象庁HPの過去の気象データーから、月別の気温と平年差をグラフにしたもの。
(気象庁が発表したグラフではありません)

金沢市の気温グラフ(2019年)

金沢市の気温(推移)

スポンサーリンク

近年の冬の特徴

過去5年間(北陸地方)

  • 期間:12月~2月(3か月間)
  • 気温は平年値と比較した差です。
  • 降雪量は平年値に対する比率です。
期間 気温 降雪量
2018年-19年
(平成31年の冬)
+0.9℃ 27%
2017年-18年
(平成30年の冬)
-1.1℃ 127%
2016年-17年
(平成29年の冬)
+0.7℃ 43%
2015年-16年
(平成28年の冬)
+1.1℃ 47%
2014年-15年
(平成27年の冬)
-0.3℃ 71%

降雪量が平年より多かった年|過去10年

  • 2017-18年(平成30年の冬)
  • 2011-12年(平成24年の冬)

2018年2月5日から8日かけ、福井県嶺北地方から石川県加賀地方を中心に、記録的な大雪となった「平成30年の北陸豪雪」が発生しています。福井県坂井市では、立ち往生した車内で仮眠をしていた男性が一酸化炭素中毒で亡くなるなど、新潟県を含めると死者8人、重軽傷者34人を出すなど大きな被害が発生しました。

大雪時のタイヤチェーン規制と区間
国土交通省は大雪時に指定する高速道路や一般国道で、タイヤチェーン装着車両のみが通行できる区間を設定。スタッドレスタイヤ等のみは不可。2018年度の冬から規制を開始。

降雪量が平年より少なかった年|過去10年

  • 2018-19年(平成31年の冬)
    ※かなり少ない
  • 2016-17年(平成29年の冬)
  • 2015-16年(平成28年の冬)
  • 2013-14年(平成26年の冬)
  • 2014-15年(平成27年の冬)
    ※かなり少ない
各月1日と15日の気温(平年値)

「平年の気温より高い・・」などで使われる平年値は、現在1981年~2010年の観測データーが使われています。
※気象庁の区分では、新潟県は北陸地方に含まれます。

関連記事

インフルエンザの流行状況(2019年から2020年)
[最新の状況]厚生労働省、国立感染症研究所から、流行状況(警報・注意報)と予防に関する情報を掲載。2019年-20年シーズンの流行は、例年より1か月以上早く終息。累計患者数は約728.5万人で、前シーズンより約447.5万人少なく、過去10年ではもっとも少なくなっています。

全国統一防火標語は
『ひとつずつ いいね!で確認 火の用心』

春の火災予防運動 2020年(令和2年)
令和2年の『春の全国火災予防運動』は、3月1日(日)~7日(土)です。統一防火標語は「ひとつずつ いいね!で確認 火の用心」です。ポスター等を掲載しています。年間の総出火件数は3万7981件(1日の平均は104件)です。火災発生件数は3月がもっとも多く、次いで2月、4月の順です。
今年の夏は暑い?(2020年)気温予想と災害の記録
気象庁の「3か月予報」によると6月~8月の気温は、全国的に平年より高くなる予想です。梅雨の降水量は近畿から九州にかけて、平年より多くなる予想です。もしもの災害に備えて、危険個所の把握と避難経路の確認、非常食や防災用品の準備も大切です。夏の気温予想と近年の災害について掲載しています。