水難事故(近畿・中国・四国)2019年

スポンサーリンク

.

夏に海や川で発生した事故

昨年の事故件数[表示]

データー(数値)の出典:水難事故統計(警察庁)

2018年(年間)の事故件数です。カッコ内は子供の件数(水難者が子供のみの)です。

滋賀県 26(3) 岡山県 24(5)
京都府 11(1) 広島県 8(1)
大阪府 18(2) 山口県 25(2)
兵庫県 63(9) 徳島県 13(0)
奈良県 9(2) 香川県 25(3)
和歌山県 31(4) 愛媛県 17(2)
鳥取県 8(1) 高知県 18(1)
島根県 25(2)

期間:2019年6月~9月

レジャーやスポーツ中に発生した、おもな事故(プールを除く)を記録しています。
事故の概要のみあり発生時の状況です。自治体等が発表した内容ではありません。
※個人名等は掲載していません。

9月の水難事故

愛媛県の「広見川」で男性が溺れる事故

  • 日時:令和元年9月14日午後3時40分ごろ
  • 場所:愛媛県北宇和郡鬼北町川上の「広見川」
  • 状況:妻と子ども5人で川遊びに来ていた父親(33)が。三男(6)が川に落ちたのを助けようとして溺れ、亡くなっています。三男は無事ということです。

川に隠れた7つの危険!水難事故の原因と対策

四万十市の「四万十川」で大学生2人が行方不明

  • 日時:令和元年9月13日午後5時55分ごろ
  • 場所:高知県四万十市勝間の「四万十川=しまんとがわ」
  • 状況:大学生ら8人が「勝間沈下橋」から飛び込んで遊んでいたところ4人が流され、このうち大学生の男女2人が行方不明になっているということです。(追記:2人は遺体で発見されたということです)

川に隠れた7つの危険!水難事故の原因と対策

高槻市の「芥川」で小学生ら4人が溺れる事故

  • 日時:令和元年9月7日午後2時ごろ
  • 場所:大阪府高槻市川西町3の「芥川=あくたがわ」
  • 状況:小学生の女児11歳と9歳、7歳の男児、73歳とみられる男性のあわせて4人が溺れ、意識不明の重体になっているということです。4人は祖父と孫3人とみられ、一緒に遊びに来て、深さ約2メートルのくぼみで次々に溺れたとみられています。
    (追記:女児の2人、男児1人、祖父の4人は亡くなったということです)

川に隠れた7つの危険!水難事故の原因と対策

8月の水難事故

大津市の「へク谷」で渓流釣りの事故

  • 日時:令和元年8月24日朝
  • 場所:滋賀県大津市葛川坂下町の「へク谷」
  • 状況:片足を川につけて倒れていた男性(64)が見つかり、死亡が確認されています。男性は渓流釣りをしていたということで、足をすべらせ転落した可能性があるということです。

浜田市の「下府川」で男性が溺れる

  • 日時:令和元年8月24日午前4時ごろ
  • 場所:島根県浜田市下府町の「下府川=シモコウガワ」
  • 状況:男性(78)が意識を失った状態で見つかり、搬送先の病院で亡くなっています。前日から友人とカニをとっていたということで、溺れたとみられています。

高知市の「下田川」で男児が行方不明

  • 日時:令和元年8月22日夕方
  • 場所:高知県高知市の「下田川」
  • 状況:小学2年の児童(男児)が行方不明になっており、警察や消防などが捜索しているということです。(追記:発見されたものの死亡が確認されたということです)

神河町の「越知川」で男性が溺れる

  • 日時:令和元年8月17日午後5時ごろ
  • 場所:兵庫県神崎郡神河町中村の「越知川」
  • 状況:野球チームの子どもや保護者ら約50人でバーベキューや川遊びをしてところ、児童が中州の岩場に上がるのを手助けしていた男性が溺れ、意識不明の重体になっています。

川は海より溺れやすい。他人数のバーベキューなどで川を訪れた際の事故が目立っています。

高知市の沖合で男性が溺れる

  • 日時:令和元年8月17日午後3時ごろ
  • 場所:高知県高知市仁井田の「高知新港」の沖合
  • 状況:プレジャーボートに乗って釣りをしていた男性(68)が、海に飛び込んだあと海中で沈んでいるのが見つかり、意識不明の重体になっています。

豊岡市の「竹野浜海水浴場」で遊具で遊んでいた女児が重傷

  • 日時:令和元年8月17日午前11時すぎ
  • 場所:兵庫県豊岡市竹野町竹野の「竹野浜海水浴場」
  • 状況:海上に浮かべたビニール製のアスレチック遊具で遊んでいた、小学5年の女児(10)が約1.5メートルの高さからマットに飛び降りた際に、右脚を骨折する重傷を負っています。

出雲市の「きづき海浜公園」の海岸で男性が溺れる

  • 日時:令和元年8月16日午後1時ごろ
  • 場所:島根県出雲市大社町の「きづき海浜公園」の海岸
  • 状況:サーフィンをしていた男性(40)が溺れ、意識不明の重体になっています。

上郡町の「千種川」でアユ取りの2人が流される

  • 日時:令和元年8月15日午後10時ごろ
  • 場所:兵庫県赤穂郡上郡町の「千種川」
  • 状況:網でアユ取りをしていた男性(71)と義理の息子(40)が流され、息子は自力で岸にたどり着いたものの、男性が行方不明になっています。「台風10号」の影響で、増水していたということです。

吉野町の「吉野川」で男性が溺れる

  • 日時:令和元年8月13日午後4時ごろ
  • 場所:奈良県吉野郡吉野町御園の「吉野川」
  • 状況:バーベキューや水遊びに来ていた男性(33)が流され、亡くなっています。川の対岸から泳いで戻る途中で流されたということです。

松江市の「野波海水浴場」で男性が溺れる

  • 日時:令和元年8月13日正午すぎ
  • 場所:島根県松江市島根町の「野波海水浴場」
  • 状況:家族や知人らと海水浴に来ていた男性(38)が溺れ、亡くなっています。また子供3人も溺れたものの、知人らに救助され無事ということです。

大津市の「和邇浜水泳場」で男性が溺れる

  • 日時:令和元年8月12日午後6時半ごろ
  • 場所:滋賀県大津市和邇南浜の琵琶湖「和邇浜=わにはま 水泳場」
  • 状況:20代の男性が溺れ、意識不明の重体になっています。

高島市の「琵琶湖」で大学生2人が溺れる

  • 日時:令和元年8月12日午後1時50分ごろ
  • 場所:滋賀県高島市マキノ町西浜の「琵琶湖」
  • 状況:琵琶湖に飛び込んで遊んでいた男子大学生2人が、心肺停止の状態で見つかっています。

山口市の「佐波川」で男性が溺れる

  • 日時:令和元年8月11日午後2時40分ごろ
  • 場所:山口県山口市徳地野谷の「佐波川」
  • 状況:知人ら約30人とキャンプに訪れていた男性(41)が川底で発見され、亡くなっています。飲酒していたということです。

川は海より溺れやすい!水難事故の原因と対策

三好市の「吉野川」でアユ釣り中の事故

  • 日時:令和元年8月11日午後2時すぎ
  • 場所:徳島県三好市の「吉野川」
  • 状況:アユ釣りをしていた男性(59)が川に流され、病院に搬送されたものの亡くなっています。

伊予市の海岸で男性が溺れる

  • 日時:令和元年8月11日午前10時半ごろ
  • 場所:愛媛県伊予市双海町の海岸
  • 状況:海水浴をしていた男性(63)が溺れ、亡くなっています。

香南市の海水浴場で男性が溺れる

  • 日時:令和元年8月11日午前
  • 場所:高知県香南市の海水浴場
  • 状況:男性(60)があおむけで浮いているのが見つかり、救助されたものの亡くなっています。

岩国市の海水浴場で男性が溺れる

  • 日時:令和元年8月10日午後6時半ごろ
  • 場所:山口県岩国市由宇町の海水浴場
  • 状況:ベトナムから来た技能実習生の男性(26)が溺れ、亡くなっています。

三豊市の「父母ヶ浜海水浴場」で女性が溺れる

  • 日時:令和元年8月10日午後2時まえ
  • 場所:香川県三豊市仁尾町の「父母ヶ浜海水浴場」
  • 状況:7歳のおいと11歳のめいを連れて海水浴に来ていた女性(35)が溺れ、亡くなっています。7歳のおいが浮き輪のまま沖に流されたため、助けようとして溺れたということです。おいは救助され無事ということです。

海水浴などで水に浮かべて遊ぶ「フロート」が風に流される事故が目立っています。

白浜町の「日置川」でアユ釣り中の男性が流される

  • 日時:令和元年8月10日午後1時すぎ
  • 場所:和歌山県白浜町中嶋の「日置川」
  • 状況:アユ釣りをしていた男性(63)が流され、亡くなっています。

川に隠れた7つの危険

岡山市の「犬島海水浴場」で女児が溺れる

  • 日時:令和元年8月10日午後1時半ごろ
  • 場所:岡山県岡山市東区犬島の「犬島海水浴場」
  • 状況:家族で海水浴に来ていた小学3年の女児(8)が、海面に浮いているのが見つかり、意識不明の重体になっています。溺れたとみられています。

江津市の海岸で男性が溺れる

  • 日時:令和元年8月10日正午前
  • 場所:島根県江津市後地町の海岸
  • 状況:沖合に男性(58)が浮いているのが見つかり、亡くなっています。遊泳中に溺れたとみられています。

徳島市の「鮎喰川」男性が溺れる

  • 日時:令和元年8月10日午前10時10分ごろ
  • 場所:徳島県県徳島市の「鮎喰川=あくいがわ」
  • 状況:友人と2人で川に遊びに来ていた中国人の男性(40)が溺れ、意識不明の重体になっています。

川は海より溺れやすい!7つの隠れた原因

大津市の「北小松水泳場」で子どもが溺れる

  • 日時:令和元年8月10日午前10時10分ごろ
  • 場所:滋賀県大津市北小松の「北小松水泳場」
  • 状況:家族と遊びに来ていた男児(4)が溺れ、意識不明の重体になっています。

長浜市の「琵琶湖 二本松キャンプ水泳場」で男児が溺れる

  • 日時:令和元年8月8日午後5時半ごろ
  • 場所:滋賀県長浜市西浅井町大浦の「二本松キャンプ水泳場」
  • 状況:家族と遊びに来ていた小学1年の男児(6)が溺れ、亡くなっています。

和歌山市の友ヶ島付近で学生のボートが転覆

  • 日時:令和元年8月6日午前10時ごろ
  • 場所:和歌山県和歌山市の友ヶ島付近
  • 状況:大学生23人が乗ったボートが転覆する事故。海上保安本部が救助にあたっており、全員無事ということです。

大津市の「琵琶湖」で男性が行方不明

  • 日時:令和元年8月4日午後4時ごろ
  • 場所:滋賀県大津市雄琴の「琵琶湖」
  • 状況:ヨットから飛びこんで遊んでいた男性(40代)が行方不明になっています。

舞鶴市の海岸でシュノーケリング中の事故

  • 日時:令和元年8月4日午後12時5分ごろ
  • 場所:京都府舞鶴市瀬崎の海岸
  • 状況:シュノーケリングをしていた男性(47)が、海面に浮いているのが見つかり亡くなっています。

シュノーケル(シュノーケリング)中の事故。初心者は注意!

日高川町の「日高川」で男性が溺れる

  • 日時:令和元年8月1日午後5時ごろ
  • 場所:和歌山県日高郡日高川町の「日高川」
  • 状況:友人3人とシュノーケリングなどをして遊んでいた男性(27)が溺れ、亡くなっています。

隠れた7つの危険と安全対策

三次市の「江の川」でアユ釣り中の男性が流される

  • 日時:令和元年8月1日午前8時半ごろ
  • 場所:広島県三次市作木町の「江の川」
  • 状況:友人らとアユ釣りに訪れていた男性(80)が流され、亡くなっています。



7月の水難事故

香美町の「安木浜海水浴場」で男性が溺れる

  • 日時:令和元年7月31日午後1時45分ごろ
  • 場所:兵庫県香美町香住区安木の「安木浜海水浴場」
  • 状況:男性が海面にうつぶせで浮いるのが見つかり、意識不明の重体になっています。

尼崎市の「芦原公園市民プール」で高校生が溺れる事故

  • 日時:令和元年7月30日午後4時ごろ
  • 場所:兵庫県尼崎市東七松町2の「芦原公園市民プール」
  • 状況:一人で泳いでいた高校2年の男子生徒が溺れ、意識不明の重体になっています。

岡山市の「千町川」で男性が溺れる事故

  • 日時:令和元年7月29日午前10時ごろ
  • 場所:岡山県岡山市東区乙子の「千町川=せんちょうがわ」(吉井川の支流)
  • 状況:釣りをしていた男性(70)が溺れ亡くなっています。また8才の孫が助けようとして川に入り溺れたものの救助されています。軽傷ということです。

大阪市「大和川」で釣り人が行方不明

  • 日時:令和元年7月25日午後9時半ごろ:
  • 場所:大阪府大阪市平野区の「大和川」
  • 状況:中州で釣りをしていた高齢の男性が行方不明になっています。(川は増水していたということです)

紀の川市「紀の川」で高校生が行方不明

  • 日時:令和元年7月25日夕方
  • 場所:和歌山県紀の川市粉河の「紀の川」
  • 状況:友人2人と泳いでいた男子高校生(15)が行方不明になっています。

川は海より溺れやすい!隠れた7つの原因

浜田市の海水浴場で、海水浴中の6人が流される事故

  • 日時:令和元年7月12日午後2時すぎ
  • 場所:島根県浜田市の「石見海浜公園海水浴場」
  • 状況:海水浴中の男性警察官6人が次々と波に流され、5人の無事は確認されたものの、1人が亡くなっています。海水浴場は海開き前で2メートルの波のうねりがあったということです。(監視員はいなかったということです)

6月の水難事故

東近江市の「愛知川」で高校生が溺れる事故

  • 日時:令和元年6月23日午後2時すぎ
  • 場所:滋賀県東近江市の「愛知川」
  • 状況:男子高校生(15)が同級生と3人でイルカ型の浮輪で遊んでいたところ、溺れ亡くなっています。

川に隠れた7つの危険と安全対策

長浜市の「姉川」で小学生が川に流され行方不明

  • 日時:令和元年6月16日午後3時15分ごろ
  • 場所:滋賀県長浜市の「姉川」
  • 状況:同級生と2人で釣りをしていた小学3年生の男の子が、川に流され行方不明になっています。事故当時の川は増水しており、流れもふだんより数倍早かったということです。
川は海より溺れやすい!水難事故の原因と対策
2018年に全国で発生した水難事故は1,356件で、死者・行方不明者は692人です。このうち川での事故による死者・行方不明者は197人(全体の28.5%)です。子どもの死亡事故の約3分の2は川で起きています。夏休みの期間は特に注意が必要です。隠れた7つの危険とな事故原因、安全対策を掲載。

地域別の事故状況

期間:2019年6月~ 北海道・東北・関東・甲信 東海・北陸 近畿・中国・四国 九州・沖縄

水難事故の対策

近年の事故

2018年までの3年間について、6月~9月に発生した事故を地域別に記録しています。

2018年(平成30年)
2017年(平成29年)
2016年(平成28年)
スポンサーリンク
シェアする

『知っていた!』ことでリスクを小さくすることが出来ます。

過去の記事(一部広告を含む)



事件・事故・災害アーカイブ