火災予防

スポンサーリンク
スポンサーリンク

火災予防に関する情報を掲載

火災の不安をなくすために

全国火災予防運動

春と秋に1週間の火災予防運動が実施されます。(主催:消防庁)

火災を予防するために

  1. 家の周りにゴミなどを放置しない
  2. ストーブの付近に燃えやすいものを置かない
  3. ストーブの給油時には、必ず火を消す
  4. 子供にライターなどを使わせない、持たせない
  5. 電気器具のタコ足配線を行わない。
  6. コンセント・配線器具にホコリをためない。
  7. 調理中は火元から離れない
  8. 火災報知機の設置

47都道府県のランキング
配線器具からの火災が増加中
多言語チラシ
飲食店・宿泊施設などでの訪日外国人向け。

初期消火が大切!

もしも火災が発生したら
初期消火が重要

爆発事故や放火を除けば、住宅火災(失火)のほとんどは小さな火から。もしもの時は燃え広がる前に、素早く消火が出来る備えが大切。「消火スプレー」や「投てき消火剤」をキッチンやお部屋に備え、被害を最小に抑えましょう!子どもや高齢者も簡単に使用でき、1秒でも早く消火できる環境づくりを。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
今年の夏は暑い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連サイト
昭和残照館