地球交通事故撲滅本部(横断歩行者での事故防止)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

横断歩道での歩行者事故防止

警察庁が公開している「横断歩道での事故防止」に関する啓発ビデオ、ポスター・チラシ等を掲載しています。(youtube動画は千葉県警の公式チャンネルを利用しています)

[目次]

横断歩道に近づいたら

運転者編 ①

横断歩道に近づいたら、横断しようとする人があきらかにいない場合をのぞいて減速し、いつでも止まれる状態で走行する必要があります。

▲再生時間は3分12秒

横断歩道に歩行者がいたら

運転者編 ②

横断歩道では歩行者優先。渡っている人だけなく、渡ろうとしている人がいる場合(可能性がある場合を含む)も一時停止の義務があります。

▲再生時間は2分57秒

横断歩道の手前に止まっている車がいたら

運転者編 ③

横断歩道の手前に止まっている車がいたら、その車の前に出る前に一時停止する義務があります。駐車している場合も同じです。

  • 横断歩道から前後5メートル以内は、法令で認められた場合をのぞき駐停車禁止。
  • 横断歩道の手前30メートルは、前を走っている追い越しや追い抜きは禁止。

▲再生時間は2分53秒

ポスター・リーフレット

道路の途中横断を含めると歩行中死者の7割は横断中に発生。警察庁は歩行者事故の防止ポスターとリーフレットを公開し、配布しています。
ご家庭や学校、職場などに掲示することで、事故抑止が期待できると思います。

横断歩道での死亡事故多発 横断歩道での事故防止
PDFで表示・印刷
(警察庁へリンク)
PDFで表示・印刷
(警察庁へリンク)

まとめてダウンロード[zip]

▲上記2種類+A2横サイズを同梱しています。

歩行者妨害の取り締まり状況

「歩行者妨害」の取り締まりは毎年強化され、検挙件数も5年以上連続で増加しています。

歩行者妨害の検挙数(推移)

全国の停止率・検挙件数・罰則などは、こちらのページをご覧ください>>

スポンサーリンク
シェアする

過去の記事(一部広告を含む)



事件・事故・災害アーカイブ