大雪時のタイヤチェーン規制と区間

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高速道路や一般国道で、タイヤチェーン
装着車のみが通行できる区間を設定

雪道のチェーン規制

雪道のチェーン規制

2018年2月の「北陸豪雪」で、福井県と石川県の国道8号(一部区間)で大規模な車の立ち往生が発生し、物流に大きな影響が発生したことなどから新しい通行規制を導入。

チェーン規制の概要

通行規制の目的

大雪特別警報や大雪に対する緊急発表が行われるような異例の降雪があるときに行います。大雪時に通行止めを実施する場合でも、チェーン規制を実施し、タイヤチェーンを着けていれば通行できるようにすることで、これまでより積雪による通行止め時間を短くすることを目指します。

国土交通省のHPから

  • 施行:平成30年度(2018年度)の冬から
  • 規制:「大雪特別警報」「大雪警報」または「大雪に関する緊急情報」が発表された時。
  • 規制内容:タイヤチェーン装着車のみ通行できる。
    冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ等)のみは通行できないため、注意が必要です。 タイヤチェーンは一般に販売されている金属製、ゴムなどの樹脂製、アラミドなどの特殊繊維製であればOK。車両の駆動輪に装着することが基本。(4WD車も規制の対象です)

短時間に警報レベルの降雪および降雪予想の場合「顕著な大雪情報」を発表。北陸4県で試験運用。>>

指定された道路と区間

国土交通省HPから

一般国道で5区間、高速道路は7区間が対象になっています。

タイヤチェーン規制区間

▲タイヤチェーン規制区間(拡大表示)

一般国道

  • 山形県:「月山道路|国道112号線」の西川町月山沢鶴岡市上名川(約27km)
  • 山梨県・静岡県:「山中湖・須走|国道138号線」の 山梨県山中湖村平野静岡県小山町須走字御登口(約9km)
  • 福井県:「石川県境~坂井市|国道8号線」のあわら市熊坂あわら市笹岡(約4km)
  • 広島県・島根県:「赤名峠|国道54号線」の広島県三次市布野町横谷島根県飯南町上赤名(約3km)
  • 愛媛県:「鳥坂峠|国道56号線」の西予市宇和町大洲市北只(約7km)

高速道路

  • 新潟県・長野県:「上信越道 」の信濃町IC新井PA[上り線](約25km)
  • 山梨県:「中央道」の須玉IC長坂IC(約9km)
  • 長野県:「中央道」の 飯田山本IC園原IC(約10km)
  • 石川県・福井県:「北陸道」の 丸岡IC加賀IC(約18km)
  • 福井県・滋賀県:「北陸道 」の木之本IC今庄IC(約45km)
  • 岡山県・鳥取県:「米子道 」の湯原IC江府IC(約34km)
  • 広島県・島根県:「浜田道 」の大朝IC旭IC(約27km)