飲酒運転の罰則・行政処分・検挙状況

スポンサーリンク

酒気帯び・酒酔い運転で検挙されたら?罰金や免許取り消し、事故・検挙状況など抑止につながるデーター。

飲酒運転

数値の出典は政府統計窓口(交通事故白書、免許統計等)で公開されているデーターから。(一部を除く)

[目次]

飲酒運転の3つの区分

検挙対象となる飲酒運転には、「酒気帯び運転」(呼気1リットルあたり0.15mg以上、0.25mg未満と0.25mg以上)と酒酔い運転(飲酒量に関係なく、まっすぐに歩けない状態など)の3つの区分があります。
運転者だけでなく、車両提供者、同乗者、酒類提供者にも厳しい罰則が科されます。

※飲酒検問等で呼気検査で0.15mg未満であっても、アルコールが検出された場合は警察官による指導が行われることが多い。(車の運転は出来ないなど)

平成29年の検挙件数は2万7195件(酒酔い・酒気帯び)です。

(1)酒気帯び

呼気1リットルあたり0.15mg以上0.25mg未満の場合。

運転者

刑事罰

  • 罰則:3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

行政処分

  • 違反点数:13点
  • 免停期間:90日(前歴・累積なしの場合)

車両提供者

飲酒運転することを知りながら、車両を提供した場合。刑事罰および行政処分は、運転者と同じ。

同乗者・酒類提供者

同乗者は運転者の酒気帯び状態を認識していた場合。酒類提供者は、飲酒運転をすることを知りながら提供した場合。

刑事罰

  • 罰則:2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

行政処分

  • 違反点数:13点
  • 処分:免許停止90日間
    ※前歴・累積なしの場合

(2)酒気帯び

呼気1リットルあたり0.25mg以上の場合。

運転者

刑事罰

  • 罰則:3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

行政処分

  • 違反点数:25点
  • 処分:免許取り消し(欠格期間:2年)
    ※前歴・累積なしの場合

車両提供者

飲酒運転することを知りながら、車両を提供した場合。刑事罰および行政処分は、運転者と同じ。

同乗者・酒類提供者

同乗者は運転者の酒気帯び状態を認識していた場合。酒類提供者は、飲酒運転をすることを知りながら提供した場合。

刑事罰

  • 罰則:2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

行政処分

  • 違反点数:25点
  • 処分:免許取り消し(欠格期間:2年)
    ※前歴・累積なしの場合

(3)酒酔い運転

飲酒によって、まっすぐに歩けない状態など(警察官の判断)。逮捕され勾留されることもあります。前歴がある場合は起訴されることもあります。
飲酒していた場合、呼気検査の数値に関係ありません。

運転者

刑事罰

  • 罰則:5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

行政処分

  • 違反点数:35点
  • 処分:免許取り消し(欠格期間:3年)
    ※前歴・累積なしの場合

車両提供者

飲酒運転することを知りながら、車両を提供した場合。刑事罰および行政処分は、運転者と同じ。

同乗者・酒類提供者

同乗者は運転者の酒酔い状態を認識していた場合。事故を起こした場合は、共同不法行為として賠償責任を負うこともあります。酒類提供者は、飲酒運転をすることを知りながら提供した場合。

刑事罰

  • 罰則:3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

行政処分

  • 違反点数:35点
  • 処分:免許取り消し(欠格期間:3年)
    ※前歴・累積なしの場合




経済的な損失(失う金額)

酒気帯び運転(0.25mg以上)で検挙された場合。

  1. 罰金:50万円以下(初犯の相場は20万~30万円)
  2. 免許証の再取得:30万~40万円(自動車学校に通う場合)
    ※欠格期間は再取得できません。
  3. 懲戒処分:懲戒免職(公務員等)を受けた場合は、退職金等の支給はありません。失われる金額は、定年退職(定年に近い時期)で約2千万円、勤続20~24年で約800万円が平均です。(年齢・職位等で異なる)民間であっても解雇・配置換え等の処分が行われるケースが多く、退職金等においても不支給が多くなっています。
  4. 未来:失うかもしれない信用、自分や家族の未来、将来の夢や希望はプライスレス

解雇・免職等で仕事を失った場合、ローンなどの支払いに窮する、免許を失うことで再就職が困難になるなど。また人身事故を起こした場合、被害者の救済には保険が適用されますが、自分の車両の損害は一切補償されません。また死亡した場合の補償はなく、ケガなどの治療費も自己負担になります。

最近の事故件数

人身事故

酒酔い 酒気帯び 酒気帯び
0.25mg以上 0.25mg未満
平成29年 195 2085 510
平成28年 217 2238 496
平成27年 238 2189 564

死亡事故

酒酔い 酒気帯び 酒気帯び
0.25mg以上 0.25mg未満
平成29年 19 128 18
平成28年 25 131 14
平成27年 21 105 23

平成30年10月末までの第1当事者が飲酒運転(酒酔い・酒気帯び)による死亡事故の件数は158件です。

平成28年のデーターでは、飲酒事故の死亡事故率は5%を超えており、飲酒事故以外の死亡事故率と比べて約8.4倍です。

最近の検挙件数
酒酔い・酒気帯び
平成29年 27,195
平成28年 26,423
平成27年 26,664
行政処分の件数(違反全体)

「運転免許統計」による交通違反等による処分件数。(違反別には公開されていません)
免許取り消しは、初心取消し、病気等及び重大違反等。(申請取り消しは含まれません)

免許取消し 免許停止
平成29年 44,237 215,013
平成28年 42,248 299,425
平成27年 42,844 273,601

※免許停止は、長期(90日~180日)・中期(60日)・短期(30日)の合計。

免許取り消し

関連記事

業務用アルコール検知器で「アルコール検知器協議会」が認定している製品を掲載しています。