愛知県の平均気温と降水・降雪量

スポンサーリンク
スポンサーリンク

上旬・中旬・下旬の平均気温

新しい平年値(統計期間:1991年~2020年)から、各月[上旬・中旬・下旬]の最高と最低の平均気温、降水量と積雪(観測地域のみ)を掲載しています。

名古屋市(平年値)

1月・2月・3月

いつまで寒いの?

最高 最低 降水量 積雪
1 上旬 9.6 1.3 12.8 2
中旬 9.3 1.2 16.5 1
下旬 9.1 0.8 21.5 1
2 上旬 9.4 0.7 14.9 2
中旬 10.5 1.3 24.8 2
下旬 12.0 2.4 25.1 0
3 上旬 13.0 3.6 38.5 0
中旬 14.6 4.2 33.7 0
下旬 15.9 5.8 44.0
  • 1年で平年値の気温がもっとも低い期間は、1月26日~30日で最高気温が9.1℃、最低気温が0.7℃です。
  • 年間で降水量がもっとも少ないのは1月上旬です。2月までは空気の乾燥する期間です。インフルエンザや火災に特に注意が必要です。
  • 「春分の日=3月20日基準」の平年値は、最高気温が15.2℃、最低気温が5.0℃です。

4月・5月・6月

いつから暑いの?

最高 最低 降水量
4 上旬 18.4 7.9 39.9
中旬 20.3 9.9 44.5
下旬 21.7 11.4 43.2
5 上旬 23.6 13.7 48.0
中旬 24.2 14.5 54.1
下旬 26.0 16.3 48.2
6 上旬 26.8 17.8 39.7
中旬 27.5 19.4 67.0
下旬 28.4 20.9 79.8
  • 初めて夏日(最高気温が25℃以上)になる日は、5月20日で25.1℃(最低気温は15.3℃)です。
スポンサーリンク

7月・8月・9月

いつまで暑いの?

最高 最低 降水量
7 上旬 29.9 22.4 74.8
中旬 31.4 23.5 73.8
下旬 32.7 24.5 62.8
8 上旬 33.8 25.1 33.1
中旬 33.5 25.0 43.3
下旬 32.5 24.0 63.1
9 上旬 31.2 23.0 61.0
中旬 29.3 21.2 100.9
下旬 26.8 18.9 69.7
  • 初めて真夏日(最高気温が30℃以上)になる日は、7月6日で30.0℃(最低気温は22.5℃)です。真夏日は9月11日まで続きます。
  • 1年でもっとも暑い期間は、8月6日~8日で最高気温が33.7℃、最低気温が25.1℃です。
  • 年間で降水量がもっとも多いのは9月中旬です。
  • 初めて最高気温が30.0℃未満になる日は、9月12日(最低気温は21.9℃)です。
  • 「秋分の日=9月23日基準」の最高気温は27.6℃(最低気温は19.5℃)です。

8月の平均気温(℃)

名古屋の夏の気温

気象庁の平年値(期間)は1991年~2020年ですが、過去3年と10年ごとの平均を掲載しています。数値は気象庁の過去のデーターから出典し、各期間の平均を出したものです。

期間 過去
3年間
2011年
から
2020年
2001年
から
2010年
1991年
から
2000年

平均
29.6 28.7 28.1 27.8
最高
気温
35.0 33.7 33.2 32.9
最低
気温
26.0 25.2 24.6 24.2

2018年~2020年の8月の最高気温(平均)は35.0℃で、過去10年の平均に比べ1.3℃も高くなっています。

近年の猛暑日(日数)

7月 8月 9月 合計
2021 2 6
2020 0 22 2 24
2019 3 13 4 20
2018 16 20 0 36
2017 1 2 0 3
スポンサーリンク

猛暑日の推移

猛暑日の推移(名古屋市)

猛暑日の推移(名古屋)


川で溺れる原因(事故防止ページへ)

  • アユ釣り中の事故
  • 川に隠れた7つの危険
  • ホワイトウォーター
  • 河童
  • 子どもの事故
  • 若者の事故
  • 飛び込み禁止
  • アユ釣り中の事故
  • 川に隠れた7つの危険
  • ホワイトウォーター
  • 河童
  • 子どもの事故
  • 若者の事故
  • 飛び込み禁止

 

年末にかけて交通死亡事故が増えます!
年末にかけて交通死亡事故が増加
2020年1月~8月と9月~12月の月平均死者数を比較すると、9月以降は8月までの1.26倍です。過去10年間(2011年~2020年)の平均は1.24倍で、年ごとにみても1.19倍~1.34倍で大きな差はありません。
交通死亡事故ランキング
2021年(最新データー)

10月・11月・12月

いつから寒いの?

最高 最低 降水量 積雪
10 上旬 25.2 17.1 61.5
中旬 23.6 15.1 51.7
下旬 21.3 12.6 51.4
11 上旬 19.5 10.5 20.3
中旬 17.0 8.5 32.9
下旬 15.5 6.6 25.9
12 上旬 13.3 4.9 18.9 0
中旬 11.4 3.3 16.1 2
下旬 10.5 2.2 21.6 1
  • 初めて最高気温が25℃未満になる日は、10月8日で24.8℃(最低気温は16.7℃)
  • 初めて最高気温が20℃未満になる日は、11月3日で19.8℃(最低気温は10.9℃)
  • 初めて最高気温が15℃未満になる日は、11月28日で14.9℃(最低気温は6.3℃)
  • 最高気温が10℃未満になる日は、12月31日で9.9℃(最低気温は1.6℃)です。

12月は交通事故死者数が最多

年末の交通安全運動(2021年)
12月の交通事故死者数は11月までの月平均に比べ1.34倍(過去5年間の平均)で、死者数がもっとも多い月です。昨年12月は全国で298人が亡くなっており1.29倍でした。

年末・年始に増える事故・犯罪
(気をつけたい11のリスク)

冬から春は火災の多い季節です

火災予防 火事の原因

2020年(全国)の火災発生件数は3万4062件(うち建物火災は1万0969件)、死傷者数は6,832人です。毎日どこかで約93件の火災が発生しています。

多くの人が集まる場所では、火災だけでなく、地震発生時の避難経路の安全確認もお忘れなく。防災・防火対策がより重要な時期かもしれません。

愛知県は2020年の火災発生総件数が1,869件(住宅火災は975件)で全国3位です。

気温と降水量(近年の傾向)

県西部の夏は多蒸し暑い日が多くなっています。特に名古屋市では最高気温が35℃を超える猛暑日も目立ち始めています。2018年の猛暑日は36回(全国最多)、2019年は20回、2020年は24回です。冬は乾燥した晴天の日が多くなります。

その他の都市

全国(目次)

東海・北陸の関連ページ

東海・北陸

全国(共通)

スポンサーリンク
シェアする

関連記事(一部広告を含む)



事件・事故・災害アーカイブ