鹿児島県の平均気温と降水・降雪量

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1日と15日の最高気温と最低気温

「平年より気温が高い・・」などで使われる平年値は、現在1981年~2010年の観測データー(※)が使われています。

平均の気温だけでは、体感的な暑さ・寒さの目安にならないことも。 各月1日と15日の最高気温と最低気温を知ることで、衣替えや体調管理に役立ちます。(月末は翌月1日が近い気温です)

※10年ごとに見直されます。(データーの出典:気象庁

鹿児島市(平年値)

  • 各月の平均気温(月間)、各月1日と15日の最高気温と最低気温を記載。
  • 気温の単位は℃です。
  • 降水量の単位はmm、積雪は最深積雪で単位はcmです。

冬から春(1月・2月・3月)

いつまで寒いの?

気温 降水量 積雪
1 8.5(平均) 77.5 2
最高 最低
1 13.7 5.1
15 12.8 4.7
2 9.8(平均) 112.1 1
最高 最低
1 12.7 4.2
15 14.6 5.9
3 12.5(平均) 179.7 0
最高 最低
1 15.3 6.7
15 17.1 8.4
  • 1年でもっとも寒い日は1月27日~29日で、最高気温が12.4℃、最低気温は4.1℃です。
  • 春分の日(3月20日基準)は、最高気温が17.7℃、最低気温は9.3℃です。

4月・5月・6月

いつから暑いの?

気温 降水量
4 16.9(平均) 204.6
最高 最低
1 19.2 10.6
15 21.4 12.6
5 20.8(平均) 221.2
最高 最低
1 23.7 15.4
15 25.1 16.9
6 24.0(平均) 452.3
最高 最低
1 26.5 18.8
15 27.2 20.8
  • 初めて夏日(最高気温が25.0℃以上)になる日は5月12日です。
スポンサーリンク
今年の夏は暑い?(2020年)気温予想と災害の記録
気象庁の「3か月予報」によると8月~10月の気温は、全国的に平年より高くなる予想です。「コロナ禍」で厳しいい状況が続いていますが、熱中症に注意するとともに、もしもの災害に備えて危険箇所の把握と避難経路と場所の確認、非常食や防災用品の備えも大切です。夏から秋の気温予想と近年の災害について掲載しています。

7月・8月・9月

いつまで暑いの?

気温 降水量
7 28.1(平均) 318.9
最高 最低
1 29.8 23.8
15 32.1 25.3
8 28.5(平均) 223.0
最高 最低
1 32.8 25.9
15 32.5 25.8
9 26.1(平均) 210.8
最高 最低
1 31.8 24.7
15 30.3 23.0
  • 初めて真夏日(最高気温が30.0℃以上)になる日は、7月2日です。
  • 初めて熱帯夜(最低気温が25.0℃以上)になる日は、7月11日で8月29日まで続きます。
  • 1年でもっとも暑い日は7月27日から8月7日で、最高気温が32.8℃、最低気温は25.9℃です。
  • 初めて最高気温が30.0℃を下回る日は9月18日です。
  • 秋分の日(9月23日基準)は、最高気温が29.0℃、最低気温は21.7℃です。

10月・11月・12月

いつから寒いの?

気温 降水量
10 21.2(平均) 101.9
最高 最低
1 27.8 20.3
15 25.9 17.7
11 15.9(平均) 92.4
最高 最低
1 22.7 14.4
15 20.3 12.0
12 10.6(平均) 71.3
最高 最低
1 17.5 8.8
15 15.1 6.7
  • 初めて最高気温が25.0℃を下回る日は10月20日です。
水難事故の事例と発生状況(2020年)
夏に海や川などで発生した水難事故事例と安全対策(子ども向けチラシなど)を掲載しています。この夏は「新型コロナ」の影響で、閉鎖する海水浴場が多くなっています。監視員不在の場所では、事故発生時の救助が遅れるなど危険性が大きくなります。昨年の7月と8月は水難事故件数が461件(水難者数は594人)発生しています。
秋の全国交通安全運動(2020年)
令和2年の「秋の交通安全運動」について、実施概要、重点項目・ポスターを掲載しています。昨年(2019年)の期間中の人身事故発生件数は9540件、負傷者数は1万1532人、死者数は89人です。
「コロナウイルス」の感染防止チラシ
「新型コロナウイルス」の感染防止に!厚労省のリーフレット、素材を使用した簡易チラシを配布(PDFで表示・印刷)。みんなで力を合わせ、コロナ危機を乗り越えましょう!
火災の発生状況と出火原因(ワースト10)
全国で発生した火災の発生件数は3万7981件(年間)です。死者数は1,427人、負傷者数は6,114人です。1日あたり約104件の火災が発生し約3.9人が死亡、出火原因の1位は放火(疑いを含む)、ワースト10を掲載。

九州・沖縄地方

全国[目次ページ]