千葉市の気温と猛暑日・降水量

千葉市の気温・猛暑日

千葉市の都市風景

近年は全国的に平年の気温を上回る年が多くなっています。特に夏の気温は平年値を大きく超える年もあり「猛暑日」も増加しています。

[目次]

平年値と2020年以降の気温等は、過去の気象データー(気象庁)から出典し表・グラフを作成しています。

1月・2月・3月の気温

いつまで寒いの

平年値

  • 現在の平年値は1991年~2020年の観測データーが使われています。(10年ごとに見直されます)
  • 降雪地域での積雪は最深積雪です。(その期間にもっとも積もった雪の深さ)
最高 最低 降水量 積雪
1 上旬 10.6 2.8 13.9 0
中旬 9.8 2.3 23.8 1
下旬 9.8 2.1 29.8 2
2 上旬 10.1 2.2 16.7 2
中旬 10.7 2.7 25.0 2
下旬 11.5 3.6 17.4
3 上旬 12.4 4.4 43.9 0
中旬 14.1 5.7 25.5 0
下旬 14.9 6.9 41.9

平年値では・・

  • 1年でもっとも寒い期間は、1月19日~24日で最高気温は9.4℃、最低気温は2.1℃~2.2℃です。
  • 「春分の日=3月20日基準」の最高気温は14.4℃、最低気温は6.2℃です。

冬から春の気温の上がり方

2020年代の気温

千葉市の1月から3月の気温推移グラフ。2020年~2023年(過去4年)の気温の上がり方

千葉市はいつまで寒い?

最低気温が氷点下の日数

  • 最低気温が0℃未満です。
  • 過去2シーズン(12月~2月)
シーズン
12月 1月 2月
2022-23年 0 5 1
2021-22年 1 5 1

上記期間でもっとも低かった日は2023年1月26日で-1.7℃(最高気温は7.7℃)です。

1月~3月に注意が必要なこと

  • 冬は空気が乾燥し春にかけては風が強くなり、火災の発生が多くなります。消防庁によると、もっとも火災が多い月(2022年の年間統計)は3月で、次いで2月、1月の順です。全国の火災発生件数(ランキング)
  • ヒートショックなど家庭内での事故にご注意。
  • 年度末にかけて還付金詐欺などが増加します。警察庁の統計によると2023年(8月まで)は、2年連続で特殊詐欺被害が増加しています。
  • 路面凍結による転倒・スリップ事故にご注意。
  • 大雪など荒天よる車の立ち往生で車内で待機する場合は、一酸化炭素中毒にご注意を。

丸旭製材

スポンサーリンク

4月・5月・6月の気温

いつから暑いの?

平年値

  • 現在の平年値は1991年~2020年の観測データーが使われています。(10年ごとに見直されます)
  • 近年は平年値を超える月が多くなっています。
最高 最低 降水量 積雪
4 上旬 17.2 8.8 39.5
中旬 18.7 10.6 41.5
下旬 20.2 12.4 29.4
5 上旬 22.0 14.3 28.6
中旬 22.6 15.1 46.8
下旬 24.3 16.7 46.9
6 上旬 24.9 17.8 38.6
中旬 25.5 19.1 61.4
下旬 26.5 20.3 50.9
  • 初めて夏日になる日は、6月9日(最低気温は18.2℃)です。

春から夏の気温の上がり方

2020年代の気温

  • 2020年~2023年(4年間)の最高/最低気温の平均推移です。
  • 数値は過去の気象データー(気象庁)から出典し、グラフにしています。
  • 近年の気温は平年値を超える状況が続いています。
千葉市の4月から6月の気温推移グラフ。2020年代の気温の上がり方

千葉市はいつから暑い?

梅雨の期間[関東・甲信]

過去2シーズンの記録(気象庁)です。降水量は平年を100とした場合の比率です。

梅雨入り 梅雨明け 降水量
2023 6月8日ごろ 7月22日ごろ 110
2022 6月6日ごろ 7月23日ごろ 90
平年 6月7日ごろ 7月19日ごろ 100

4月~6月に注意が必要なこと

  • 4月頃までは風の強い日が多くなります。火災にご注意を。
  • 6月になると梅雨入りする地域も多くなります。大雨に対する早めの備えを。

 

スポンサーリンク

7月・8月・9月の気温
(猛暑日も掲載)

いつまで暑いの?(暑さのピーク)

平年値

  • 現在の平年値は1991年~2020年の観測データーが使われています。(10年ごとに見直されます)
  • 近年の夏は平年値が目安にならないほど気温の上昇が続いています。
最高 最低 降水量 積雪
7 上旬 28.2 21.9 60.9
中旬 29.5 23.0 38.7
下旬 30.4 24.0 37.0
8 上旬 31.5 24.7 23.1
中旬 31.2 24.4 37.1
下旬 30.4 23.8 55.5
9 上旬 29.5 23.0 68.5
中旬 27.7 21.3 67.4
下旬 25.2 18.8 68.9

平年値では・・

  • 真夏日(最高気温が30℃以上)になる日は、7月22日(最低気温は23.5℃)です。真夏日は8月30日まで続きます。
  • 1年でもっとも暑い期間は、8月4日~10日で最高気温は31.4℃、最低気温は24.6℃~24.7℃です。
  • 「秋分の日=9月23日基準」の最高気温は25.9℃、最低気温は19.4℃です。

夏から秋の気温推移

2020年代の気温

  • 2020年~2023年(4年間)の最高/最低気温の平均推移です。
  • 数値は過去の気象データー(気象庁)から出典し、グラフにしています。
  • 7月から9月の気温は平年値を大きく超える状況が続いています。
千葉市の7月から9月の気温推移グラフ。(暑さのピーク)

千葉市はいつまで暑い?

2023年の記録的猛暑の気温推移グラフ

2023年7月~9月の気温推移です。高い気温が続く期間中に最高気温が大きく下がった日は、長雨や大雨などで日照時間が短かった影響です。

千葉市で記録的な猛暑だった2023年夏の気温推移グラフ

2023年の気温推移

千葉市の猛暑日(日数)

千葉市の夏も気温上昇中

6月 7月 8月 9月 合計
2023年 0 4 3 0 7
2022年 1 1 0 0 2
2021年 0 0 1 0 1
2020年 0 0 2 0 2
合計 1 5 6 0 12
猛暑日にならなくても多くの人が厳しい暑さを感じる[33.0℃~34.9℃]、猛暑日は[35.0℃~37.9℃]と[38.0℃以上]で分けて日数を掲載しています。【表示する】

※表はお使いのデバイスにより横スクロールします。

範囲 6月 7月 8月 9月 合計
2023年 33.0~
34.9
0 10 24 5 39
35.0~
37.9
0 4 3 0 7
38.0~ 0 0 0 0 0
2022年 33.0~
34.9
1 6 9 0 16
35.0~
37.9
1 1 0 0 2
38.0~ 0 0 0 0 0
2021年 33.0~
34.9
0 0 5 0 5
35.0~ 37.9 0 0 1 0 1
38.0~ 0 0 0 0 0
2020年 33.0~
34.9
0 0 18 3 21
35.0~
37.9
0 0 2 0 2
38.0~ 0 0 0 0 0

路面からの高さで気温は大きく違います。特にアスファルトの路上では大きな差があります。小学校低学年までの子どもは、体調不良を言葉で伝えることが困難な子も少なくありません。屋内外に関わらず常に様子に気をつけることが必要です。また犬の散歩にも注意が必要です。アスファルトの路面温度はかなり高くなります。手で触って温度を確かめるなどしましょう。 子どもの周囲の気温は高い ▲上記は朝から晴天が続いた午後2時頃に、筆者がアスファルトの路上で測った気温です。気象庁が観測地点で発表する気温は、芝生の上1.5mの位置に通風機の中に格納した電気式温度計で、筒の下から常に外気を取り入れ計測したデーターです。

降水量の記録(日数)

千葉市の夏の豪雨日数

  • 1時間の降水量が20㎜以上を記録した日数。(気象用語では20㎜~30㎜未満は”強い雨”、人が受けるイメージは”どしゃ降り”で、車のワイパーを速くしても見づらいとされています)表は30㎜以上を含めた日数です。
  • 24時間の降水量が50㎜以上を記録した日数。1日に50㎜の降水量は大雨の目安とされています。(全国では地域により違いがあります)短期間に続くと場所によっては、冠水や斜面などに雨水が多く含まれるようになり注意が必要です。1日100㎜以上が豪雨の目安になり、大雨警報/大雨特別警報が発令されることが多くなります。表は100㎜以上を含めた日数です。

※表はお使いのデバイスにより横スクロールします。

時間 6月 7月 8月 9月 合計
2023年 1時間 0 0 0 2 2
24時間 2 0 0 1 3
2022年 1時間 0 2 2 2 6
24時間 0 0 2 0 2
2021年 1時間 0 3 2 0 5
24時間 0 3 2 0 5
2020年 1時間 0 5 0 2 7
24時間 1 0 1 0 2
合計 1時間 0 10 4 6 20
24時間 3 3 5 1 12

熱中症が心配

千葉県の熱中症搬送者数。2023年9月は前年の2.7倍です。数値は消防庁から出典したデーターです。(お使いのデバイスにより横スクロール)

6月 7月 8月 9月 合計
2023 320 1,591 1,301 401 3,613
2022 781 988 799 147 2,715

全国一覧はこちらから(前年比も掲載)

猛暑日の全国ランキング

7月~9月に注意が必要なこと

  • 7月は梅雨末期になる地域も多く、大雨による災害にご注意。
  • 6月~9月は水難事故が多く発生します。事故にはくれぐれもご注意を。警察庁の水難事故統計によると、2023年7月と8月に全国で発生した水難事故は453件(水難者は568人)、このうち亡くなった方は236人(うち中学生以下は16人)です。
  • 近年は局地的な豪雨が目立ちます。また8月中旬ごろからは日本に接近・上陸する台風が増えます。早めの災害対策を。

2024年の夏は暑い?
(世界気温は昨年を超える可能性)

スポンサーリンク

10月・11月・12月の気温

いつから寒いの

平年値

  • 現在の平年値は1991年~2020年の観測データーが使われています。(10年ごとに見直されます)
  • 降雪地域での積雪は最深積雪です。(その期間にもっとも積もった雪の深さ)
最高 最低 降水量 積雪
10 上旬 24.0 17.6 98.2
中旬 22.3 15.7 65.4
下旬 20.7 13.6 62.1
11 上旬 19.2 11.6 24.2
中旬 17.2 9.9 37.5
下旬 15.6 8.0 32.4 0
12 上旬 13.8 6.4 22.5 0
中旬 12.3 4.7 14.7
下旬 11.5 3.6 19.6

平年値では・・

  • 最低気温が10℃未満になる日は、11月16日(最高気温は17.1℃)です。この頃から朝晩は肌寒さを感じるようになります。
  • 最高気温が15℃未満になる日は、11月29日(最低気温は7.5℃)です。

秋から冬の気温の下がり方

2020年代の気温

千葉市の気温の下がり方(10月~12月)推移グラフ

千葉市はいつから寒い?

冬の気温予想(全国)>>

10月~12月に注意が必要なこと

12月は特殊詐欺の認知件数、被害額がもっとも多い月です。

フィッシング詐欺
※「アンコウ」の多くは深海魚のため魚釣りでは捕れません。

警察庁の統計によると、2023年8月末までの「特殊詐欺」認知件数は、全国で1万2555件(前年同期比+2,016件)、被害総額は264億3千万円(1日あたり1億円以上)で深刻な状況が続いています。毎年12月は被害件数・金額ともにもっとも多く、昨年12月は1,926件発生し、被害金額は約46億3000万円(1日あたり約1億4900万円)です。

丸旭製材

全国(目次)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
今年の夏は暑い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連サイト
昭和残照館