水難事故(九州・沖縄)2017年

平成29年に「九州・沖縄」の海や川、湖などで発生した、おもな水難事故を記録しています。

平成28年では九州・沖縄の8県で325件の事故が発生し、170人(うち中学生以下は7人)の方が亡くなっています。
※警察庁の発表データーから。

昨年の事故件数[表示]

(カッコ内は死者数)

  1. 沖縄県:85件(45人)
    ※沖縄県は全国で最も多く事故が発生しています。
  2. 長崎県:60件(32人)
  3. 福岡県:49件(19人)
  4. 熊本県:34件(25人)
  5. 鹿児島県:33件(17人)
  6. 大分県:23件(15人)
  7. 佐賀県:23件(8人)
  8. 宮崎県:18件(9人)

夏の期間(平成29年6月から9月)でレジャー中に発生したおもな事故を記録しています。
(状況は報道時の内容です)
個人名等は記載していません。事故状況の記録であり、自治体等が発表した内容ではありません。

2017年7月と8月の水難事故は、全国で511件(昨年同期比103件減) 発生し、 死者・行方不明者は248人(同56人減)です。
死者・行方不明事故の発生場所は、海(145人)、 河川(72人)、 用水路(18人)、その他(13人)
※警察庁の速報値から

9月

鹿児島市の「甲突川」で中学生が重体

  • 日時:9月23日午後2時前
  • 場所:鹿児島県鹿児島市の「甲突川(こうつきがわ)
  • 状況:男子中学生(13)が川に仰向けの状態で浮かんでいるのが見つかり、意識不明の重体になっています。友人らと護岸ブロックから、川に飛び込んだりして遊んでいたとのことです。

名護市の「カヌチャビーチ」で体験ダイビング中の事故

  • 日時:9月5日午後2時45分
  • 場所:沖縄県名護市の「カヌチャビーチ」
  • 状況:体験ダイビングをしていた女性(57)が死亡。

宮崎市の「井倉川」で小学生が死亡

  • 日時:9月2日午後3時半ごろ
  • 場所:宮崎県宮崎市田野町の「井倉川」
  • 状況:川遊びをしていた小学2年生の男児(7)が亡くなっています。

8月

奄美大島の海でダイビング中に行方不明

  • 日時:8月30日午後
  • 場所:鹿児島県奄美市笠利町用安の海
  • 状況:ダイビングをしていた男性(48)が行方不明。

渡嘉敷島の沖合でシュノーケリング中の事故

  • 日時:8月27日午後4時半ごろ
  • 場所:沖縄県島尻郡渡嘉敷村の「渡嘉敷島」の沖合い
  • 状況:シュノーケリング中の男性(70)が死亡。

シュノーケリング中の事故が増加しています。

種子島の「浦田海水浴場」でダイビング中の事故

  • 日時:8月26日午前11時ごろ
  • 場所:鹿児島県西之表市の「浦田海水浴場」
  • 状況:ダイビングをしてた男子大学生(19)が溺れ、亡くなっています。

人吉市の「球磨川」でアユ漁の男性が死亡

  • 日時:8月22日午前11時10分ごろ
  • 場所:熊本県人吉市下薩摩瀬町の球磨川(西瀬橋付近)
  • 状況:アユ漁の男性(85)が死亡。溺れたとみられています。

宮古島市でシュノーケリング中の事故

  • 日時:8月14日午後4時半すぎ
  • 場所:沖縄県宮古島市の「与那覇前浜ビーチ」
  • 状況:観光で訪れていた女性(27)が溺れて意識不明。シュノーケリングをしていたとのことです。

シュノーケリング中の事故が増加しています。

天草市の「外平海岸自然観察公園」で男性が行方不明

  • 日時:8月12日午後1時ごろ
  • 場所:熊本県上天草市龍ヶ岳町樋島の「外平海岸自然観察公園」(海水浴場)
  • 状況:友人2人とキャンプに来ていた男性(43)が、海に出て泳いでいたところ行方不明になっています。

三島村の「硫黄島」沖でスキューバダイビングの事故

  • 日時:8月11日午後3時すぎ
  • 場所:鹿児島県三島村の「硫黄島」沖
  • 状況:女性(37)が死亡。スキューバダイビングのツアーに参加していたとのことです。

恩納村でシュノーケリング中の男性が死亡

  • 日時:8月12日午後3時ごろ
  • 場所:沖縄県恩納村恩納の海
  • 状況:友人と2人でシュノーケリングをしていた男性(26)が死亡。

シュノーケリング中の事故が増加しています。

福岡県芦屋町の海岸で男性が溺れ死亡

  • 日時:8月11日午後3時すぎ
  • 場所:福岡県遠賀郡芦屋町山鹿の海岸
  • 状況:男性(47)が死亡。遊泳中に溺れたとみられています。

南さつま市で釣りをしていた男性が行方不明

  • 日時:8月11日午後3時ごろ
  • 場所:鹿児島県南さつま市坊津町久志の海岸
  • 状況:釣りをしていた男性(27)が行方不明になっています。

壱岐市の「筒城浜海水浴場」で男性が死亡

  • 日時:8月11日午後3時半ごろ
  • 場所:長崎県壱岐市石田町筒城仲触の「筒城浜海水浴場」
  • 状況:男性(39)が死亡。遊泳中に溺れたとみられています。

古賀市の「花鶴川」の河口で親子が流される事故

  • 日時:8月11日午後2時ごろ
  • 場所:福岡県古賀市の「花鶴川」の河口
  • 状況:大人(男性36歳)と子ども(男の子7才と5才)2人が流され行方不明に。消防などが捜索し5才の男の子は発見されたものの亡くなっています。また事故を目撃し救助しようとした男性(49歳)も流され、救助されたものの死亡が確認されています。
  • その他:事故のあった現場は、離岸流が発生しやすく遊泳は禁止されている場所とのことです。

ヘッドランド(人工の岬)周辺は、離岸流が発生。遊泳禁止です。

壱岐市の「辰ノ島海水浴場」で小学生が溺れる

  • 日時:8月7日午前11時20分ごろ
  • 場所:長崎県壱岐市勝本町の「辰ノ島海水浴場」の沖合
  • 状況:母親とツアーで海水浴に来ていた女児(小学6年生)が溺れ、重体になっています。同日は外海の波が高く、「壱岐本島」と「辰ノ島」を結ぶ遊覧船が欠航。監視員が島に渡れないため海水浴場は遊泳禁止にしていた。しかしツアー会社が独自にチャーター船を手配し、ツアー参加者らは海水浴をしていたとのことです。

平戸市の海で男性が溺れ死亡

  • 日時:8月5日午後2時半
  • 場所:長崎県平戸市生月町の海
  • 状況:海に潜りに来ていた男性(73)が死亡。

久留米市のため池で女児が溺れる

  • 日時:8月2日午後3時半ごろ
  • 場所:福岡県久留米市三潴町西牟田の清導寺(せいどうじ)のため池。
  • 状況:ため池(深さ約3メートル)で、小学生の男の子3人と遊んでいた女児(8才)が溺れる。病院に運ばれたときは、意識不明だったとのことです。誤って転落したとみられています。ため池周辺にはフェンスなどなかったとのこと。

ため池での魚釣りなどは非常に危険!

築上町の「城井川」で男性が死亡

  • 日時:8月1日午後2時半前
  • 場所:福岡県築上郡築上町の「城井川」(築上町牧の原キャンプ場の付近)
  • 状況:友人らと川遊びに来ていた男性が溺れ死亡。

スポンサーリンク



7月までの事故

事故状況を表示

7月

宮崎市の「清武川」で中学生が川遊び中に溺れる

  • 日時:7月31日午後2時半ごろ
  • 場所:宮崎県宮崎市熊野の「清武川」
  • 状況:中学2年生の男子生徒(13)が溺れ、意識不明の重体で見つかる。友人らと川遊びに来ていたとのことです。(その後、病院で亡くなったとのことです)

川は海より溺れやすい!隠れた危険について

伊良部島の沖でダイビング中の事故

  • 日時:7月29日午前10時半すぎ
  • 場所:沖縄県伊良部島北部(白鳥崎の西の沖にあるリーフ付近)
  • 状況:ダイビングツアーに参加していた男性(65)が死亡。事故当時は台風9号の影響で波浪警報が出されており、波の高さは6メートルと予想されていました。

豊後大野市の「大野川」で男性が行方不明

  • 日時:7月29日午前10時頃
  • 場所:大分県豊後大野市犬飼町の「大野川」
  • 状況:釣りをしていた男性が行方不明。雨で増水していたとのことです。

日南市の沖合の島で男性が死亡

  • 日時:7月27日午後3時20分頃
  • 場所:宮崎県日南市南郷町の「栄松ビーチ」沖合の島付近
  • 状況:男性(30代)が死亡。女性と2人で栄松ビーチ側からシーカヤックで孤島にわたった後、1人で島の近くで泳いでいる最中に行方が分からなくなり、その後発見されたものの病院で亡くなっています。

串間市の「市木川」で男性が死亡

  • 日時:7月24日午後7時40分頃
  • 場所:宮崎県串間市市木の市木川(河口付近)
  • 状況:男性(74)が溺れ死亡。男性は幸島への渡し船を営業しており、船が浅瀬に乗り上げ転覆したあと、何らかの理由で川を泳いでいたとみられています。

北九州市八幡西区の「金山川」で中学生が取り残される

  • 日時:7月24日午後3時頃
  • 場所:福岡県北九州市八幡西区の「金山川」
  • 状況:釣りをしていた男子中学生4人が、急な雨で増水した河川敷に取り残される。全員救助され無事。

川は海より溺れやすい!隠れた危険について

名護市の海岸で男性が死亡

  • 日時:7月23日午後1時頃
  • 場所:沖縄県名護市宮里の海岸
  • 状況:男性(77)が死亡。海産物を採っていて溺れたとみられています。

宗像市でトライアスロン練習中に事故

  • 日時:7月23日午前9時半前
  • 場所:福岡県宗像市鐘崎の沖の海
  • 状況:トライアスロンの練習をしていた女性(60代)が溺れ重体。

恩納村真栄田の海岸で男児が溺れる

  • 日時:7月23日午後4時頃
  • 場所:沖縄県恩納村真栄田の海岸
  • 状況:家族と観光に来ていた男児(7才)が溺れ、意識不明の重体。

長崎市の「塩垂浜」で20歳の男女が死亡

  • 日時:7月21日午後2時30分頃
  • 場所:長崎県長崎市琴海尾戸町の「塩垂浜」
  • 状況:20歳の男女2人が海で溺れ亡くなっています。

「志賀島」の海水浴場で男性が死亡

  • 日時:7月17日午後2時50分頃
  • 場所:福岡県福岡市東区勝馬の志賀島にある海水浴場
  • 状況:男性(53)が溺れ死亡。家族らと海水浴に来ており、溺れたとみられています。

福津市の海水浴場で男性が死亡

  • 日時:7月16日
  • 場所:福岡県福津市の海水浴場
  • 状況:男性(63)が死亡。家族らと海水浴に来ており、遊泳中に溺れたとみられています。

奄美市の海岸で男性が溺れ死亡

  • 日時:7月13日午後4時半ごろ
  • 場所:沖縄県奄美市笠利町の用安海岸
  • 状況:親族3人と海水浴に訪れていた男性(76)が死亡。誤って転倒し溺れたとみられています。

西表島でシュノケーリング中の事故

  • 日時:7月9日正午ごろ
  • 場所:沖縄県竹富町の西表島にあるビーチ
  • 状況:シュノーケリングをしていた男性(59)が航行していた船と接触して、肋骨を折るなどの重傷。

八重瀬町でシュノケーリング中の事故

  • 日時:7月8日午後6時半ごろ
  • 場所:沖縄県八重瀬町(港川漁港から約200メートル離れた岩場付近)
  • 状況:観光で訪れていた男性(46)が死亡。家族や友人らとシュノーケリングをしていたとのことです。

シュノーケリング中の事故が多発。初心者は最新の注意を!

那珂川町「那珂川」で高校生が死亡

  • 日時:7月3日午後6時ごろ
  • 場所:福岡県那珂川町後野2の那珂川
  • 状況:友人2人と川遊び中に1人が行方不明に。消防隊に救助され、病院に運ばれたものの死亡が確認されています。

新宮町の「新宮海水浴場」で高校生が遊泳中に事故

  • 日時:7月1日午後4時ごろ
  • 場所:福岡県糟屋郡新宮町下府の「新宮海水浴場」
  • 状況:大人を含むグループで泳ぎに来ており、遊泳中に高校生2人が溺れ、1人は救助されたものの1人が行方不明に。約2時間半後発見され、病院に運ばれましたが亡くなっています。

6月

佐世保市の港で釣りをしていた男性が死亡

  • 日時:6月18日
  • 場所:佐世保市俵ヶ浦町の港
  • 状況:男性(78)が死亡。知人と2人で釣りをしていたところ、防波堤から転落したとみられています。

那珂川町の「那珂川」で中学生が溺れ死亡

  • 日時:6月5日
  • 場所:福岡県那珂川町道善の「那珂川」
  • 状況:友達5人で川で遊んでいたところ、中学2年生の男子生徒が溺れ死亡。那珂川では、昨年も上流で中学生が死亡する事故が発生しています。

その他の地域

全国の水難事故発生状況と原因

水難事故の防止
  1. 子どもからは絶対に目を離さない!
    川遊びなどでは、水深が浅い場所でも事故が起きています。
  2. 遊泳禁止場所、海水浴場でない海岸では絶対に泳がない。
    遊泳禁止にしている理由は、足に絡む藻や海草が多い、離岸流が発生しやすい、急に深くなるなどの危険性が高いためです。(遊泳期間も守ること)
  3. 気象情報に注意!特に川は雨などの影響を受けやすく、状況は短時間で変化します。
  4. 飲酒後の遊泳は絶対ダメ!毎年多くの事故が発生しています。
  5. 夏休みなどでは、子どもだけでの魚釣り、水遊びは禁止する。
  6. 川遊び、魚釣りなどでは、ライフジャケットを必ず着用する。
  7. シュノーケリング中の事故が目立っています。
    排水弁、逆止弁が付いた製品を使用し、ライフジャケットを着用する。

関連記事(事故対策を詳しく)

もしもの時に命を守るライフジャケット>>

トップへ戻る