サーフィン中の水難事故(事例)

気象状況にもご注意いただき
くれぐれもご安全に

ウインドサーフィンを含む事故の発生状況です。サーファーの方は海をよく知ってると思いますが、気象状況にもお気をつけいただき、くれぐれもご安全に。

近年の事故(記録)

期間は各年6月~9月です。

  • レージャー中の事故を中心に記録。
  • 報道ベースで、すべての事故ではありません。
  • 発生日の新しい順です。
  • 状況は発生時の概要のみです。
スポンサーリンク

2022年~2024年

発生日 都道
府県
場所 状況
2024年
6月30日
神奈川 横須賀市の野比海岸沖 男性(66)がサーフィン中に亡くなったということです。事故当時は南西の風14メートルの強い風が吹き、波はうねりを伴い1.5メートルの高さということです。
2024年
6月23日
鹿児島 薩摩川内市寄田町の「寄田海岸」 男性(22)がサーフィン中に溺れ、亡くなったということです。

22歳以下の若者中学生以下

2023年
9月11日
静岡 静岡県下田市吉佐美の入田浜海岸 妻と2人でサーフィンをしていた男性(60代)が意識不明になり、病院に救急搬送されたということです。
2023年
9月2日
愛知 田原市の赤羽根海岸(道の駅「あかばねロコステーション」近くの海) サーフィンをしていた男性(59)の行方が分からなくなっており、海上保安庁が捜索しているということです。(遺体で発見されたということです)
2023年
8月30日
徳島 徳島県徳島市上助任町の「吉野川」 友人とウインドサーフィンをしていた男性(60代)が行方不明になっており、流された可能性もあるとみて、捜索しているということです。
2023年
8月14日
鹿児 東串良町の「柏原海岸」 サーフィン中の男性が沖に流されて約27時間漂流し、近くを航行していたタンカーに救助され、脱水症状があったものの無事ということです。男性はサーフィン経験が長く、体力の消耗を避けてサーフボードの上で救助を待ったということです。
2023年
8月11日
茨城 茨城県大洗町の海水浴場 知人とサーフィンに来ていた男性(50)が溺れ、亡くなったということです。
2023年
8月6日
千葉 長生村・一松戊の一松海岸 サーファーとみられる男性が海で沈んでいるのが見つかり、病院に運ばれたものの死亡が確認されたということです。
2023年
8月2日
静岡 牧之原市の「鹿島海岸」 サーフィンをしていた2人が行方不明になっており、消防などが捜索しているということです。
2023年
7月26日
福島 福島県いわき市の「豊間海岸」 サーフィンをしていた男性(30代)が行方不明になっており、消防隊が捜索しているということです。
2022年
9月2日
北海道 小樽市銭函3丁目のヨットハーバー付近 ウインドサーフィンをしていた男性(70代)が亡くなったということです。溺れたとみられています。
2022年
8月31日
徳島 川内町の「小松海岸」 男性(58)が倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されたということです。近くにはサーフボードが落ちており、サーフィン中に溺れたとみられています。
2022年
8月31日
沖縄 金武町金武のビーチから、およそ200メートル沖合 サーフィンをしていた専門学校生(21)が高波で岸に戻れなくなり、およそ50分間漂流し、自力で岸に戻ったということです。「台風11号」の影響で、波浪警報が出されていたということです。

22歳以下の若者中学生以下

2022年
8月31日
沖縄 糸満市潮崎の「潮崎ビーチ」からおよそ700メートルの沖合 男性(57)がウインドサーフィンの練習中に強風にあおられ、沖合に流される。マリンショップ関係者の水上バイクに救助され無事ということです。「台風11号」の影響で、波浪警報が出されていたということです。
2022年
8月19日
佐賀 唐津市の「浜崎海岸」 ウインドサーフィンをしていたとみられる男性(50代)が、海岸から約90メートル離れた場所で浮いているのが見つかり、その場で死亡が確認されたということです。
2022年
8月12日
高知 黒潮町の「入野海岸」 サーフィン中の男性(40)が沖に流され、捜索で見つかったものの亡くなったということです。
2022年
8月12日
宮崎 宮崎市の青島海岸の沖合 サーフィンをしていた男性(67)が海中で心肺停止の状態で発見され、病院に運ばれたものの亡くなったということです。「台風8号」の影響で波が高かったということです。
2022年
7月20日
静岡 牧之原市勝俣の鹿島海岸 サーフィンをしていたとみられる男性(30代~40代)が、意識不明の状態で浮いているのが見つかり、病院に搬送されたものの亡くなったということです。
2016年~2021年[23件を表示]
発生日 都道
府県
場所 状況
2021年
9月23日
千葉 南房総市和田町の海岸 友人3人とサーフィンをしていた男性(50代)が溺れ、亡くなったということです。
2021年
8月14日
静岡 下田市吉佐美の「入田浜海水浴場」 友人4人とサーフィンをしていた男性(30代)が沖に流され、行方不明になっているということです。
2021年
7月25日
静岡 浜松市南区法枝町の遠州灘海岸 サーフィンをしていた男性(54)が意識不明の状態ということです。
2021年
7月23日
高知 安芸郡東洋町(室戸市に隣接する町)の「生見海岸」 サーフィンをしていた男性(50代)が波にのまれ、心肺停止の状態ということです。
2020年
9月22日
三重 志摩市阿児町国府の海 友人らとサーフィンに来ていた男性(49)が溺れ、亡くなったということです。
2020年
8月13日
愛知 田原市六連町の海岸 サーフィンをしていた男性(39)が溺れ、亡くなったということです。
2020年
8月9日
山梨 富士河口湖町の「本栖湖」 本栖湖畔でウェットスーツ姿の男性(77)が亡くなっているのが見つかっています。付近にウィンドサーフィンが打ち上げられおり、事故にあったとみられています。
2020年
6月24日
神奈川 足柄下郡湯河原町吉浜の「湯河原海水浴場」 サーフィンをしていたとみられる男性が溺れ、亡くなっています。
2019年
9月21日
宮崎 日向市の伊勢ヶ浜海岸 サーフィンをしていた親子が沖に流され、父親(60)亡くなり長男が行方不明になっているということです。「台風17号」の影響で波が高い状態が続いていたということです。
2019年
9月8日
神奈川 平塚市高浜台の海岸 男性が海面に浮いているのが見つかり、病院に運ばれたものの亡くなっています。サーフィン中に溺れた可能性があるということです。「台風15号」の影響で波浪警報が出されていた。
2019年
9月7日
宮崎 宮崎市阿波岐原町前浜の沖合 男性(20)が浮いているのが見つかり、死亡が確認されています。サーフィンをしていたということで、流されたとみられています。

22歳以下の若者中学生以下

2019年
8月26日
神奈川 藤沢市鵠沼海岸4丁目の沖合 男性が海中に沈んでいるのが見つかり、意識不明の重体になっているということです。サーフィンをしていたとみられています。
2019年
8月16日
島根 出雲市大社町の「きづき海浜公園」の海岸 サーフィンをしていた男性(40)が溺れ、意識不明の重体になっています。
2019年
7月27日
静岡 下田市白浜の「白浜大浜海水浴場」 サーフィンをしていたとみられる男性が亡くなっています。
2019年
6月9日
愛知 田原市池尻町の沖合 仲間と沖合でサーフィンをしていた男性(50代)が溺れ、救助されたものの亡くなっています。
2018年
8月22日
宮城 仙台市宮城野区の「向洋海浜公園」の沖 会社の同僚5人とサーフィンをしていた男性(58)が溺れ、病院に搬送されたものの亡くなっています。
2018年
8月9日
千葉 一宮町付近の海岸 友人数人とサーフィンをしていた男性が溺れ、病院に搬送されたものの亡くなっています。現場は遊泳禁止の場所で、台風13号の影響で房総半島東側に、波浪や強風などの注意報が出ていたということです。
2017年
9月24日
山梨 南巨摩郡身延町の「本栖湖」 湖岸から100メートルほど離れた場所で、ライフジャケットを着た成人男性1人が浮いているのが見つかり、死亡が確認されています。近くにウインドサーフィンのボードが打ち上がっていたとのことで、警察では転落した可能性があるとみて調べています。
2017年
8月20日
千葉 匝瑳(そうさ)市の海岸 サーフィンをしていた男性(40代)が溺れ、意識不明の重体。事故現場は遊泳禁止場所ということです
2017年
8月5日
神奈川 横須賀市鴨居の「観音崎海水浴場」から、約700メートルの沖合 男性(45)が亡くなっています。男性はサーフィンの板に乗り、プレジャーボートにロープで引っ張ってもらい遊んでいる最中に、転落し溺れたとみられています。
2016年
9月5日
千葉 宿町岩和田 サーフィン中に溺れ亡くなっています。
2016年
8月7日
千葉 御宿町須賀「御宿中央海水浴場」の沖合約900メートル サーフィンをしていた男性(31)が流される事故(足がつったということです)男性は救助され無事。またこの日は、この男性の以外にも3人が流されています。いずれも自力で岸に戻り無事。事故当時は波が高く、遊泳禁止の赤旗が出ていた。
2016年
7月11日
静岡 牧之原市須々木の海岸 男性(43)がサーフィン中の事故(報道時は心肺停止)

サーフィンの事故防止

  1. 気象情報、海象状況を十分に確認。
  2. 台風が接近時のサーフィンは行わない。

関連:サメの目撃情報

水難事故の事例

2016年以降の6月~9月に発生したレジャー中の事故について、1400件以上を記録しています。その中で地域や発生場所(河川名など)、行為や状況、若年層の年代ごとに分類しています。

過去の事故からリスクを予見

どのような事故が多く発生してるかを知ることで、予定されるレジャーに応じたリスクを予見し、安全対策に役立つかもしれません。(事例は概要のみ)

(1)地域別(2023年と2024年)

北海道から関東東海・北陸近畿・中国・四国九州・沖縄

(2)レジャー人口の多い河川

那珂川荒川多摩川相模川長良川板取川神通川木曽川・矢作川・豊川四万十川仁淀川・面子川

(3)地域別の河川

※(2)を含みます。

北海道東北関東・甲信東海・北陸近畿中国四国九州・沖縄

(4)湖沼池・滝つぼ

琵琶湖全国の湖沼池滝つぼ

(5)子ども・若者

未就学児小中学生高校生・大学生・若者(22歳以下)

(6)レジャー別

キャンプ・BBQシュノケーリング水上バイクダイビング小型ボートSUPサーフィン

(7)状況別

救助事故離岸流サンダル等が流された台風・大雨

(8)1事故で複数の水難者が発生

おもな事故


夏の水難事故防止
過去5年の7月と8月だけで水難者は2,981人、死者・行方不明は1,177人


スポンサーリンク



サファーの方が気になるサメの出没情報は、2015年から記録しています。>>

各チラシはPDFで表示・印刷できます。低画質なため印刷される場合はA4(タテ)をおすすめします。(子ども向けは小学4年生以上が対象)

まとめてダウンロード
(zip|659KB)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
今年の夏は暑い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連サイト
昭和残照館