パチンコ、ギャンブル依存症が動機・原因となった犯罪

窃盗などの犯罪の動機や原因に、パチンコや競馬・競輪などのギャンブル依存が関わっていることが判明。

2016年に全国で摘発された刑法犯のうち、パチンコなどのギャンブル資金の調達が動機・原因となった件数は2,328件。(警察庁のまとめ)

※2014年までの犯罪統計では、動機の分類でパチンコやギャンブルを「遊興費充当」と分類。昨今ギャンブル依存がクローズアップされていることもあり、2015年以降の集計では、パチンコ依存と競馬・競輪などのギャンブルを分類。データーの公表は初めて。

刑法犯の動機とギャンブル依存

※罪種の分類(警察庁の犯罪情勢資料による分類)

  • 凶悪犯:殺人、強盗、放火、強姦
  • 粗暴犯:暴行、傷害、脅迫、恐喝、凶器準備集合
  • 窃盗犯:窃盗(2015年の窃盗犯罪の検挙総件数は、226,001件)
  • 知能犯:詐欺、横領(占有離脱物横領を除く)、偽造、汚職、背任、あっせん利得処罰
    法(公職にある者等のあっせん行為による利得等の処罰に関する法律に規定する罪)

2015年の窃盗犯(検挙件数)でみると、約178件に1件がパチンコ、競馬・競輪などのギャンブルが動機または原因となっています。

パチンコが動機(または原因)

パチンコ資金の調達、借金返済など。(数字は件数)

罪種 2015年 2016年
凶悪犯 8 10
粗暴犯 9 7
窃盗犯 804 1090
知能犯 151 169
その他 23 53
総数 995 1329

※データーの出典:警察庁

パチンコ依存症

競馬や競輪などのギャンブルが動機(または原因)

ギャンブル資金の調達、借金返済など。(数字は件数)

罪種 2015年 2016年
凶悪犯 9 10
粗暴犯 6 9
窃盗犯 469 629
知能犯 175 151
その他 48 199
総数 707 999

※データーの出典:警察庁

ギャンブル依存症

トップへ戻る