関東・甲信の夏の気温予想[2021年]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

9月全般の気温は
平年より高い確率が40%

[地域]茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・東京都・千葉県・神奈川県・山梨県・長野県
※新潟県は北陸地方に区分されています。

関東・甲信の夏の気温

[目次]

このページに掲載している数値等は、気象庁のデーターから出典したものです。
数値を再利用される場合は出典元(気象庁)データーをご使用ください。

1か月予報

 

秋から冬の気温予想に掲載してます。>>

3か月予報

 

9月から11月の気温は、秋から冬のページに掲載しています。>>

熱中症警戒アラート

2021年4月28日から全国で本格運用が始まります。関東・甲信(1都8県)では、昨年7月1日から試験的に運用されていたものです。

環境省と気象庁は、熱中症の危険性が高まった場合に「熱中症警戒アラート」を発表するということです。
気温や湿度、日射量などを基に算出した「暑さ指数」から、翌日に暑さ指数33以上(※)が予測される場合に発表されるということです。

(※)重症者と死者が急増するおそれ。

発表された場合の行動指針は、環境省の資料をご参照ください。行動指針(PDF)

熱中症アラート

拡大表示

スポンサーリンク

関東・甲信の気温推移(2021年)

新しい平年値に変更しました。気象庁の過去の気象データーを元に、各月の気温(平年差)、および昨年との比較を掲載しています。

関東・甲信の気温推移

関東・甲信の気温と降水量

新しい平年値(統計期間:1991年~2020年)に変更しました。

気象庁の「地域平均気象データー」から、今年と過去5年間の気温(平年差)と降水量(比率)を掲載しています。(関東・甲信の全域での平均)

気温(2016年~2021年)

平年値と比べた差(℃)です、8月の気温は3年連続で上昇しています。

6月 7月 8月 9月
2021 +0.6 +0.4
2020 +1.4 -1.3 +1.9 +1.1
2019 -0.1 -1.1 +1.2 +1.5
2018 +0.6 +2.4 +1.0 -0.4
2017 -0.3 +1.4 -0.3 -0.7
2016 +0.4 0.0 +0.2 +1.1

降水量(2016年~2021年)

平年値を100とした場合の比率(%)です。

6月 7月 8月 9月
2021 90 169
2020 138 211 31 76
2019 135 128 84 69
2018 86 92 77 163
2017 56 78 108 79
2016 89 58 205 136

2020年8月の気温日数(東京)

最高気温の平均は34.1℃で、平年の気温より2.8℃高くなっています。

東京の気温(8月)

真夏日の期間

新しい平年値(日)で真夏日(最高気温が30℃以上)の始まりから終わるまでの期間です。昨年7月~9月の真夏日数は東京(千代田区)で49日、さいたま市は47日でした。

さいたま市の7月は長雨による梅雨寒で真夏日の日数は5日でしたが、8月はすべての日で30℃を超えています(最高気温の平均は34.9℃)。猛暑日(最高気温が35℃以上)の日数は16日でした。

都市 始まり 終わり 日数
東京 7月18日 9月1日 45
さいたま 7月12日 9月4日 54
千葉 7月22日 8月31日 40
横浜 7月22日 8月30日 39
宇都宮 7月21日 8月27日 37
水戸 7月28日 8月16日 19
甲府 7月4日 8月27日 54
長野 7月19日 8月27日 39

東京は過去10年の夏をみると、もっとも暑い期間は8月5日~11日です!

年代ごとの猛暑日(過去50年の推移)

2000年代に入ってから猛暑日が倍増しています。熱中症対策が大切です。

月別の気温(新しい平年値)

1月~12月(上旬・中旬・下旬)の平均気温(最高と最低)、および降水量の平年値です。

※新潟県の区分は北陸です。

スポンサーリンク

夏を安全に過ごすために

夏の事故や災害リスクを知る!


川で溺れる原因(事故防止ページへ)

  • アユ釣り中の事故
  • 川に隠れた7つの危険
  • ホワイトウォーター
  • 河童
  • 子どもの事故
  • 若者の事故
  • 飛び込み禁止
  • アユ釣り中の事故
  • 川に隠れた7つの危険
  • ホワイトウォーター
  • 河童
  • 子どもの事故
  • 若者の事故
  • 飛び込み禁止

 

年末にかけて交通死亡事故が増えます!
年末にかけて交通死亡事故が増加
2020年1月~8月と9月~12月の月平均死者数を比較すると、9月以降は8月までの1.26倍です。過去10年間(2011年~2020年)の平均は1.24倍で、年ごとにみても1.19倍~1.34倍で大きな差はありません。
交通死亡事故ランキング
2021年(最新データー)

その他の地域[表示]
スポンサーリンク
シェアする

過去の記事(一部広告を含む)



事件・事故・災害アーカイブ