東海の夏から秋の気温と降水量(2020年)

スポンサーリンク
  • 「3か月予報」による気温と降水量(8月~10月)
  • [地域]愛知県・岐阜県・三重県・静岡県
愛知・岐阜・三重の夏の気温

東海地方の夏

このページに掲載している数値等は、気象庁のデーターから出典したものです。
数値を再利用される場合は出典元(気象庁)データーをご使用ください。

[目次]

スポンサーリンク

気温と降水量の予想

2020年7月22日発表分
前回予想と比較できるようにしました。

気温

カッコ内は前回の予想確率です。

低い 平年並 高い
8月 20%(20) 40%(30) 40%(50)
9月 20%(20) 30%(30) 50%(50)
10月 20% 40% 40%

降水量

カッコ内は前回の予想確率です。

少ない 平年並 多い
8月 40%(40) 30%(40) 30%(20)
9月 30%(30) 40%(40) 30%(30)
10月 30% 40% 30%

名古屋市の気温推移(2020年)

名古屋市は6月29日までに、6月の「真夏日=最高気温が30℃以上」日数が15日となり、76年ぶりに最多日数を更新。また岐阜市は真夏日が17日で、126年ぶりに最多日数を更新したということです。

気象庁の過去の気象データーから、月別の気温と平年差をグラフにしたもの。
(気象庁が発表したグラフではありません)

現在の平年値は1981年~2010年の観測データーが使われています。

  • 名古屋市の気温推移
    2020年

▲スライド(スワイプ)で2019年と比較できます。

東海の夏(近年の特徴)

気象庁の「地域平均気象データー」から、今年の夏と過去5年間の気温(平年差)と降水量(比率)を掲載しています。表の色分けは当サイトで行ったもので、気象庁の階級による色分けではありません。

気温と降水量

  • 気温は平年値と比べた差です。
  • 降水量は平年値に対する比率です。
  • 色分けは月間のみ行っています。
平年差 0.1℃以上 1.0℃以上 0.1℃以下 1.0℃以下
比率(降水量) 50%以下 150%以上 200%以上

2020年の夏(月間と14日間ごと)

月間と14日間ごとは過去の地域平均気象データー(気象庁)から掲載しています。

  • 7月15日~28日の気温は平年より0.8℃低く、降水量は平年値の255%です。
  • 7月1日~14日の気温は平年より0.4℃低く、降水量は平年値の306%です。
  • 6月の気温は統計開始[1946年]以降で、もっとも高くなっています。(これまでもっとも高かったのは2004年の+1.4℃で、記録を更新しています)
気温の平年差(℃) 降水量の比率(%)
2020 6 +1.9 1日-14日 123 1日-14日
+2.7 120
15日-28日 15日-28日
+1.2 113
7 -0.7 1日-14日 273 1日-14日
-0.4 306
15日-28日 15日-28日
-0.8 255
8 1日-14日 1日-14日
15日-28日 15日-28日
9 1日-14日 1日-14日
15日-28日 15日-28日
スポンサーリンク

いつまで暑いの?(平年値と昨年・おととしに真夏日・夏日を最後に記録した日)

過去5年間

気温の平年差(℃) 降水量の比率(%)
2019 6 +0.5 119
7 -0.5 161
8 +1.3 111
9 +2.1 51
2018 6 +0.7 115
7 +2.5 101
8 +1.5 76
9 -0.2 188
2017 6 -0.3 73
7 +1.6 57
8 +0.6 111
9 -0.3 72
2016 6 +0.4 111
7 +0.4 66
8 +0.8 84
9 +1.1 141
2015 6 -0.4 106
7 +0.2 169
8 +0.4 173
9 -0.9 162
名古屋市の猛暑日

最高気温が35.0℃以上を記録した日数です。

7月 8月 9月 合計
2019 3 13 4 20
2018 16 20 0 36
2017 1 2 0 3
  • 2018年8月は38℃台が3回、39℃台が4回あり、3日には名古屋での観測史上最高の40.3℃を記録しています。
  • 2018年7月は38℃台が2回、39℃台が3回ありました。

年代ごとの猛暑日(過去50年の推移)

1990年代以降は猛暑日が顕著に増加しています。熱中症対策が大切です。

各月1日と15日の気温(平年値)

「平年の気温より高い・・」などで使われる平年値は、現在1981年~2010年の観測データーが使われています。

東海地方の梅雨(平年と記録)

気象庁の発表データー(月日は[頃]になります)

梅雨明け

平年 2020年 2019年 2018年 2017年
6月8日 6月10日 6月7日 6月5日 6月21日

梅雨明け

平年 2020年 2019年 2018年 2017年
7月21日 8月1日 7月24日 7月9日 7月25日

梅雨の降水量(過去3年)

平年の降水量を100とした比率(%)

2019年 2018年 2017年
138 110 67

夏を安全に過ごすために

被災地での空き巣・窃盗・詐欺に注意

ボランティアや公的機関を装った悪質な勧誘・詐欺など、犯罪による二次被害にも注意が必要です。災害時には命を守ることが何より優先されますが、安全に避難したあとは、近隣の方々との協力、警察との連携、自警団の結成などで犯罪被害の防止も必要です。

災害被災地での犯罪対策

水難事故に注意!

昨年(2019年)の8月は、愛知県と三重県でお盆期間中の海水浴場での水難者数が13人(前年同期の3倍以上)も出ています。動きの遅かった「台風10号」による高波が影響したとみられています。

また愛知県では年間の死者13人のうち、3人が中学生以下の子どもです。死者数に占める子どもの比率は約23%で、福岡県と並んで全国でもっとも高くなっています。

水難事故(東海・北陸)2020年
令和2年の夏(6月~9月)に、東海・北陸の海や川、湖などで発生したレジャー中の「水難事故」について掲載しています。内容は事故発生時の状況です。