滋賀県の熊(クマ)目撃・出没情報

平成29年(2017年)に、滋賀県内で出没・目撃されたツキノワグマの情報。

おもな生息地域は、北近畿、白山地域です。生息数は推計で200頭程度とみられています。

近年の出没件数(県資料から)

平成28年に出没の多かった市町村は、高島市(41件)、長浜市(19件)、米原市(5件)です。大津市や彦根市、日野町での目撃もあります。

月別では6月が29件と最も多く、次に7月(18件)、5月(17件)となっています。

※例年では10月と11月に多く出没しています。

  • 平成28年度:76件
  • 平成27年度:103件
  • 平成26年度:168件
  • 平成25年度:54件
  • 平成24年度:86件

平成29年度の状況

クマの目撃情報は4月から7月26日までに76件。前年同期に比べ約1.5倍に増加しています。(滋賀県自然環境保全課の集計から)

高島市内では、同一固体とみられるクマ目撃情報が増加しています。

事故情報

  • 日時:6月22日午後3時ごろ
  • 場所:高島市新旭町の県道で、軽自動車とクマが衝突。負傷者はなし。

最近のおもな目撃情報

※自治体の発表情報、安心メール等から収集しています。(下記以外にもあります)

  • 7月15日午後7時40分頃:米原市柏原地先の県道山東伊吹線
  • 7月12日午後8時54分頃:米原市梓地先の国道21号付近
  • 7月12日午後2時頃:米原市柏原地先の県道山東伊吹線、新町付近

近畿地方のクマ出没状況

生息地域の一覧

滋賀県のツキノワグマ出没対応マニュアル

※滋賀県が発行しています。(外部リンク)

http://www.pref.shiga.lg.jp/d/shizenkankyo/files/h27kumamanual.pdf

クマ対策

クマ対策(楽天)

クマ対策(アマゾン)

トップへ戻る