熊(クマ)の目撃・出没情報

スポンサーリンク

ツキノワグマに遭遇し負傷する事故(年平均で97件)も発生しています。山菜採りや渓流釣り、登山やハイキング、キャンプなどで生息地域に入る場合は、十分な注意が必要です。

スポンサーリンク

2020年のツキノワグマ出没・事故

クマの目撃・出没情報

統計数値:環境省

[目次]

最近の出没状況

2019年度(令和元年度)は、32都府県で合わせて1万8155件の出没が確認されています。前年に比べ5448件増加しています。また人身事故は135件発生し152人(うち死者は1人)が被害にあっています。
環境省の速報値で2020年2月末までの暫定数。3月末までが発表され確定後に更新します。

2013年以降で出没が確認されているのは本州と四国の34都府県です。大阪府は恒常的な生息域はないとみられていますが、京都府や兵庫県との境界地域で出没があります。四国は「四国山地」を中心に、数十頭程度生息しているとみられています。茨城県は福島県との境界付近で、わずかな出没事例があります。千葉県は近年での記録はありません。


スポンサーリンク

近年の出没状況・事故件数

2020年4月末現在数値の出典:環境省

2019年度(令和元年度)の特徴、過去5年間の出没状況など。2019年度は2020年2月分までの暫定数です。(3月末までが発表されたあとに更新予定です)

2019年度の状況

出没件数は約1万8000件で、前年より5000件以上増え過去5年間でもっとも多くなっています。また人身事故も135件発生しています。

出没の多かった都府県

  1. 岩手県:2,782件
  2. 京都府:1,453件
  3. 新潟県:1,450件
  4. 長野県:1,329件
  5. 群馬県:1,035件

事故件数が多かった都府県

  1. 新潟県:16件(20人)
  2. 岩手県:15件(16人)
  3. 秋田県:14件(16人)
  4. 富山県:13件(13人)
  5. 岐阜県:13件(14人)

前年より増加した都府県(前年比)

  1. 新潟県:+860件
  2. 富山県:+784件
  3. 長野県:+584件
  4. 岐阜県:+551件
  5. 群馬県:+476件

茨城県と四国を除いた32都府県のうち、27都府県で増加しています。

増加率が高い都府県(前年比)

  1. 富山県:660.0%(140から924)
  2. 奈良県:590.9%(11から65)
  3. 愛知県:450.0%(6から27)
  4. 神奈川県:448.8%(82から368)
  5. 岐阜県:291.3%(288から839)

34都府県の出没件数、事故件数は各ページに掲載しています。

過去5年間の出没件数・死傷者数

環境省の集計データーによると、過去5年間の年平均出没件数は1万5469件です。人身事故は年平均で約86件発生し93人が被害にあっています。(2019年度は暫定数)

年度 出没件数 人身事故 死者数
2019年(R01) 18,155件 135件(152人) 1
2018年(H30) 12,707件 48件(50人) 0
2017年(H29) 12,812件 96件(104人) 1
2016年(H28) 18,116件 100件(104人) 4
2015年(H27) 15,555件 52件(56人) 0
熊(クマ)と遭遇したら。段階別の対処法
「ツキノワグマ」の習性、遭遇した場合の対処方法など。4つの段階に分けて推奨されてる方法を掲載しています。