水難事故(近畿・中国・四国)2017年

平成29年に「近畿・中国・四国」の海や川、湖などで発生した、おもな水難事故を記録しています。

平成28年では近畿、中国、四国の15府県で440件の事故が発生し、254人(うち中学生以下は9人)の方が亡くなっています。
※警察庁の発表データーから。

昨年の事故の多かった府県[表示]

※カッコ内は死者数

  1. 大阪府:57件(46人)
    死者数は富山県と並び、全国でもっとも多くなっています。
  2. 兵庫県:45件(27人)
  3. 山口県:42件(29人)
  4. 和歌山県:41件(12人)
  5. 高知県:31件(21人)

夏の期間(平成29年6月から9月)でレジャー中に発生したおもな事故を記録しています。
(状況は報道時の内容です)
個人名等は記載していません。事故状況の記録であり、自治体等が発表した内容ではありません。

2017年7月と8月の水難事故は、全国で511件(昨年同期比103件減) 発生し、 死者・行方不明者は248人(同56人減)です。
死者・行方不明事故の発生場所は、海(145人)、 河川(72人)、 用水路(18人)、その他(13人)
※警察庁の速報値から

9月

坂出市の「綾川」で中学生が死亡

  • 日時:9月23日午後2時半ごろ
  • 場所:香川県坂出市の綾川(あやがわ)
  • 状況:男子中学生(14)が溺れ亡くなっています。友人らと一緒に釣りをしていたとことろ、ルアーが川に流れて回収しようと川に入ったところ、溺れたとのことです。

川には隠れた危険が多い(事故対策)

高知県いの町の「仁淀川」で大学生が死亡

  • 日時:9月7日午前10時半頃
  • 場所:高知県いの町鹿敷の「仁淀川」(道の駅「土佐和紙工芸村くらうど」前)
  • 状況:男子大学生(22)が溺れ死亡。友人ら4人で川に遊びに来ていたとのことです。

江田島市の海水浴場で水上オートバイの男性が死亡

  • 日時:9月4日午後5時半頃
  • 場所:広島県江田島市大柿町大君の海水浴場の沖合
  • 状況:水上オートバイが、カキいかだに乗り上げ男性(39)が死亡。女性と同乗しており、男性は座席の後ろから操縦していたとのことです。女性は無事。

唐津市の「観音の滝」で大学生が死亡

  • 日時:9月4日午後4時20分頃
  • 場所:佐賀県唐津市七山滝川の「観音の滝」
  • 状況:滝つぼに飛び込む遊びをしていた大学生(19)が死亡。

芦屋市で「アクアスロン」大会中の事故

  • 日時:9月3日午前11半頃
  • 場所:兵庫県芦屋市の海水浴場
  • 状況:「アクアスロン」の大会に参加していた男性(45)が死亡。競技中に溺れた可能性があるとのことです。

長浜市の「琵琶湖」でカヤックをしていた男性が行方不明

  • 日時:9月3日午後3時ごろ(通報時)
  • 場所:滋賀県長浜市の「琵琶湖」の竹生島付近
  • 状況:9月3日朝からグループでカヤックをしていた男性(45)が行方不明になっています。
  • 追記:無事救助されたとのことです。

8月

守山市の「琵琶湖」で大学生が行方不明

  • 日時:8月29日(届出)
  • 場所:滋賀県守山市今浜町の「琵琶湖」
  • 状況:28日から琵琶湖に釣りに出かけた男子大学生(22)が行方不明。湖岸に大学生の衣類やスマートホン、釣竿などが残されており、遊泳中に事故に遭った可能性があるとみて捜索しています。
  • 追記:遺体で発見されたとのことです。

南山城村の「木津川」でアユ釣り中の事故

  • 日時:8月27日朝
  • 場所:京都府相楽郡南山城村の「木津川」
  • 状況:26日午後6時頃から、友人とアユ釣りをしていた男性(82)が行方不明になり、27日朝に発見されたものの死亡が確認されています。

泉南市の海岸で高校生2人が心肺停止

  • 日時:8月27日午後2時15分ごろ
  • 場所:大阪府泉南市の「りんくう南浜」の海岸(マーブルビーチ)
  • 状況:男子高校生2人(いずれも16歳)が溺れ心肺停止の状態。最初に1人が溺れ、助けようとした友人も溺れたとみられています。現場は海水浴場でない場所とのことです。
  • 追記:2人は亡くなられたとのことです。

新宮市相賀の「高田川」で男性が死亡

  • 日時:8月27日午後1時50分ごろ
  • 場所:和歌山県新宮市相賀の「高田川」
  • 状況:男性(46)が死亡。小学生の息子とともに川遊びに来ており、岩場に囲まれ流れが急な場所で、体が岩に挟まって溺れたとみられています。

和歌山県串本町の「潮岬」でダイビング中の事故

  • 日時:8月26日午前9時半ごろ
  • 場所:和歌山県東牟婁郡串本町の「潮岬」沖
  • 状況:インストラクターを含め4人でダイビングをしていた男性(38)が意識不明。

岡山市の「旭川」で4人が流される事故

  • 日時:8月20日午後4時ごろ
  • 場所:岡山県岡山市北区玉柏の「旭川」
  • 状況:川遊びに来ていた女子中学生2人(いずれも15歳)が流され、助けようとした男性2人(いずれも20代)も流される。いずれも河川敷にいた男性らに救助され無事。

和歌山県白浜町の「藤島海水浴場」で水上バイクの事故

  • 日時:8月19日正午すぎ
  • 場所:和歌山県西牟婁郡白浜町の「藤島海水浴場」
  • 状況:女性3人が重軽傷。女性4人が水上オートバイに引っ張られる浮き輪のような遊具に乗って遊んでいたところ、魚の養殖用のいかだに衝突し、2人が骨を折る大けが、1人が軽いけがを負っています。

柏原市の「大和川」で少年が流される事故

  • 日時:8月18日午後5時10分ごろ
  • 場所:大阪府柏原市古町2丁目の「大和川」(柏原市役所の近く)
  • 状況:川で遊んでいた10代の少年が溺れ、助けようとした少年(15)が流され行方不明になっており捜索しています。最初に溺れた少年は、救助されて無事。
  • 追記:行方不明になっていた少年は遺体で発見されています。

小豆島の「鹿島海水浴場」で男性が死亡

  • 日時:8月15日午後2時55分ごろ
  • 場所:香川県小豆郡土庄町の「鹿島海水浴場」
  • 状況:家族と訪れていた男性(44)が死亡。流されたビーチボールを取りに海に入り、溺れたとみられています。

高松市の「太鼓の鼻オートキャンプ場」の沖合でダイビング中の事故

  • 日時:8月14日午後1時ごろ
  • 場所:香川県高松市庵治町の「太鼓の鼻オートキャンプ場」の沖合
  • 状況:女性(37)がスキューバーダイビング中に死亡。ボンベから空気を吸い込むためのレギュレーターが外れて溺れたとみられています。

益田市の川でカヌーが転覆する事故

  • 日時:8月14日午前10時ごろ
  • 場所:島根県益田市横田町の「高津川」
  • 状況:親子3人が乗っていたカヌーが転覆し、小学5年生男児(10才)が亡くなっています。

周南市の「大津島」の海岸で男性が死亡

  • 日時:8月13日午後4時ごろ
  • 場所:山口県周南市の「大津島」の海岸
  • 状況:男性(30)が死亡。家族や知人と島を訪れバーベキューをしていたとのことです。海に入ったあとに溺れたとみられています。

浜田市の「久代川」河口付近で女性が死亡

  • 日時:8月13日午後3時半すぎ
  • 場所:島根県浜田市久代町の「久代川」の河口付近
  • 状況:女性(46)が死亡。海水浴中に溺れたとみられています。

鳥取市の「井手ヶ浜海水浴場」で男性が死亡

  • 日時:8月13日午前11時ごろ
  • 場所:鳥取県鳥取市青谷町の「井手ヶ浜海水浴場」
  • 状況:男性(69)が死亡。遊泳中に溺れたとみられています。

高知県いの町の「仁淀川」で男性が死亡

  • 日時:8月13日午前11時ごろ
  • 場所:高知県吾川郡いの町の「仁淀川」
  • 状況:男性(48)が死亡。泳いでいる最中に溺れたとみられています。

京丹後市丹後町の「中浜海水浴場」の近くで男性が死亡

  • 日時:8月13日午前11時ごろ
  • 場所:京都府京丹後市丹後町の「中浜海水浴場」の近くの海
  • 状況:男性(65)が死亡。遊泳中に溺れたとみられています。

鳥取県湯梨浜町の海岸で男性が死亡

  • 日時:8月12日午後6時すぎ
  • 場所:鳥取県東伯郡湯梨浜町園。(原川の河口付近の海岸)
  • 状況:男性(23)が死亡。海水浴中に溺れたとみられています。

白浜町で磯釣りの男性が溺れ死亡

  • 日時:8月12日午前10時ごろ
  • 場所:和歌山県白浜町椿の海岸
  • 状況:磯釣りをしていた男性(67)が死亡。海に落ちた釣り道具をとろうとして海の中に入ったところ、溺れたとみられています。

鳥取県岩美町の「浦富第一海水浴場」で親子が溺れる事故

  • 日時:8月11日午後2時前
  • 場所:鳥取県岩美郡岩美町の「浦富第一海水浴場」
  • 状況:海水浴をしていた父子(男性33歳と女の子2才)が溺れ、2人とも救助されたものの女の子が重体。(父親は意識があるとのこと)事故現場は波が高く、7日から遊泳禁止になっていたとのことです。

大津市の「比良山系」で滝つぼに落ちる事故

  • 日時:8月11日午前
  • 場所:滋賀県大津市の「比良山系」
  • 状況:沢登り中の男性(64)が滝つぼに落ちて死亡。

高知県大月町柏島沖でダイバーが溺れる事故

  • 日時:8月11日午前10時ごろ
  • 場所:高知県幡多郡大月町柏島沖の北東約150メートル
  • 状況:ダイビング中の女性(71)が溺れ心肺停止の状態。

「四万十川」で救助に向かった父親が死亡

  • 日時:8月10日午後1時45分ごろ
  • 場所:高知県四万十市の「四万十川」の「勝間沈下橋」から約30メートル下流
  • 状況:男性(46)が死亡。家族らと遊びに来ており、息子が岸に戻れなくなったため、助けに川に入り溺れたとみられています。息子は救命胴衣を着ており、カヌーに乗っていた人に救助され無事。事故当時は台風5号の影響で、1メートルほど水位が高く流れも早かったとのことです。

五條市の「吉野川」で高校生が行方不明

  • 日時:8月10日午後4時ごろ
  • 場所:奈良県五條市滝町の「吉野川」(「芝崎の奇岩」付近)
  • 状況:男子高校生(17)が行方不明。友人5人と遊びに来ていており、対岸に渡ろうと泳いでいたところを流されたとみられています。当時は雨は降ってなかったものの、台風5号の影響で増水し流れも速かったとのことです。

大津市の「琵琶湖」で大学生が溺れ死亡

  • 日時:8月9日午後5時ごろ
  • 場所:滋賀県大津市南小松の琵琶湖(近江舞子北浜水泳場)
  • 状況:男子大学生(18)が溺れ死亡。同級生とビーチボールなどで遊んでいたところ、ボールが沖に流されたため、泳いで取りにいったところ溺れたとみられています。

京丹後市の「中浜海水浴場」で男性が死亡

  • 日時:8月6日午後3時
  • 場所:京都府京丹後市丹後町中浜の「中浜海水浴場」
  • 状況:友人らと海水浴に訪れていた男性(19)が死亡。

香美町の海でシュノーケリング中の事故

  • 日時:8月6日午前10時半ごろ
  • 場所:兵庫県香美町香住区境の海岸から、約5メートル離れた海
  • 状況:男性(24)が死亡。シュノーケリング中に溺れたとみられています。

シュノーケルでの死亡事故が多発。初心者は細心の注意を!

彦根市の「犬上川」で男性が死亡

  • 日時:8月6日午前9時半ごろ
  • 場所:滋賀県彦根市八坂町の「犬上川」の河口付近
  • 状況:釣りに来ていた男性(43)と子供(4才)が溺れ、父親の男性が死亡。誤って転落したとみられています。子供は通報した男性が救助して無事。

出雲市沖の海で遊泳中の男性が死亡

  • 日時:8月5日午前11時ごろ
  • 場所:島根県出雲市多伎町の海岸から約10メートル
  • 状況:男性(56)が死亡。遊泳中に溺れたとみられています。

岡山県総社市の「高梁川」で男性が死亡

  • 日時:8月2日
  • 場所:岡山県総社市の「高梁川」
  • 状況:ベトナム人の男性(22)が溺れ死亡

香美市の「内川」で女児が溺れ重体

  • 日時:8月1日午前11時半ごろ
  • 場所:高知県香美市香北町西峯の「内川」
  • 状況:親戚らと川に訪れていた小学1年生の女児(6)が溺れ、意識不明の重体。事故の発生した川幅は約10メートル、水深は1.2メートルほどとのこと。

川には隠れた危険が多い(事故対策)

スポンサーリンク



7月までの事故

事故状況を表示

7月

島根県では7月に海や川で起きた水難事故は9件(6人が死亡)で、過去10年間で最も多くなっています。

宮津市島陰の海岸で男性が死亡

  • 日時:7月30日正午ごろ
  • 場所:京都府宮津市島陰の海岸
  • 状況:男性(59)が死亡。知人ら約50人と海水浴に来ていて、海辺でバーベキューをしながらビールなどを飲んでいたとのことです。

江津市の河口で男性が死亡

  • 日時:7月30日午前10時すぎ
  • 場所:島根県江津市渡津町の川の河口近くの岸壁
  • 状況:男性(67)が波消しブロックから転落して死亡。

今治市の「大三島」で男性が死亡

  • 日時:7月29日午後2時20分ごろ
  • 場所:愛媛県今治市の「大三島」の海岸
  • 状況:男性(45)が溺れ死亡。家族で海水浴に訪れており、海に流された子どもの浮き輪を取りにいった際、沖合で突然動かなくなったとのことです。

香美町「佐津海水浴場」で男性が死亡

  • 日時:7月29日午前10時ごろ
  • 場所:兵庫県香美町香住区の「佐津海水浴場」
  • 状況:男性(36)が死亡。家族で海水浴にきていたとのことです。

新宮市の「高田川」で男性が死亡

  • 日時:7月24日午後2時すぎ
  • 場所:和歌山県新宮市の「高田川」
  • 状況:男性(34)が死亡。岩の下に足が挟まり溺れたとみられています。

川には隠れた危険が多い(事故対策)

益田市の海岸で女性が溺れ死亡

  • 日時:7月24日
  • 場所:島根県益田市小浜町の海岸
  • 状況:女性(67)が死亡。

神戸市の「須磨海水浴場」で女性が死亡

  • 日時:7月24日午前10時ごろ
  • 場所:兵庫県神戸市須磨区の「須磨海水浴場」
  • 状況:40代くらいの女性が溺れ死亡。服を着たままの状態だったとのことで、身元などを確認中。(レジャー中の事故かは不明)

下関市の海水浴場で男性が溺れ死亡

  • 日時:7月23日午後0時半頃
  • 場所:山口県下関市彦島迫町の海水浴場
  • 状況:男性(66)が溺れ死亡。

白浜町の海水浴場でシュノーケリング中の事故

  • 日時:7月18日午後5時前
  • 場所:和歌山県白浜町の「臨海浦海水浴場」
  • 状況:シュノーケリングをしていた女性(28)が意識不明。溺れたとみられています。

シュノーケルでの事故が多発。初心者は細心の注意を!

琵琶湖で水上バイクと人が接触する事故

  • 日時:7月17日午後4時40分ごろ
  • 場所:滋賀県大津市南比良の「琵琶湖」
  • 状況:男性が水上バイクをトレーラーに積もうとした際、一緒に来ていた知人の男性(27)の右脇腹に誤って接触。知人の男性は重傷を負っています。水上バイクはエンジンがかかったままの状態だったとのこと。

防府市の「佐波川」で高校生が死亡

  • 日時:7月17日午後3時45分ごろ
  • 場所:山口県防府市迫戸町の「佐波川(さばがわ)
  • 状況:男子高校生(16)が溺れ、病院に運ばれたものの亡くなっています。友人ら5人と泳いでいたとのことです。事故が起きたのは川の堰(せき)付近で、水位の変動が大きい場所。

鳥取県岩美町の海岸で男性が死亡

  • 日時:7月16日午後3時前
  • 場所:鳥取県岩美町の「城原海岸」
  • 状況:男性(54)が死亡。海水浴中に溺れたとみられています。

串本町の沖でダイビング中の事故

  • 日時:7月16日午前10時50分ごろ
  • 場所:和歌山県串本町の沖合い約1.2キロ
  • 状況:ダイビングに参加していた男性が流され、一時行方不明に。海上保安庁などが捜索し午後5時25分ごろに、ダイビングをしていた場所から約1.4キロの岩場で発見し無事。「ダイビング中に足がつった」とのこと。

※海上での事故は118番(管轄の海上保安庁)へ

下北山村前鬼の「不動七重滝」で男性が死亡

  • 日時:7月15日午後11時45分ごろ
  • 場所:奈良県吉野郡下北山村前鬼の「不動七重滝」の上流付近
  • 状況:男性(40歳~60歳くらい・身元確認中)が死亡。沢登り中に誤って滝付近に転落したとみられています。

竜王町の「日野川」で男性が流され死亡

  • 日時:7月12日午後4時すぎ
  • 場所:滋賀県蒲生郡竜王町の「日野川」
  • 状況:釣りをしていた男性(68)が、岸に戻ろうとした際に転倒して流され死亡。現場付近では午後2時頃から激しい雨が降り、日野川の水位が午後4時すぎからの1時間で90センチ以上増水していたとのこと。

明石市の「大蔵海岸海水浴場」で大学生が死亡

  • 日時:7月8日午前11時45分ごろ
  • 場所:兵庫県明石市の「大蔵海岸海水浴場」
  • 状況:友人らと海水浴に来ていた男子大学生(18)が溺れ死亡。同海水浴場は海開きの日だったとのことです。

下関市の「楠乃川」で男児を救出

  • 日時:7月5日午後3時半ごろ
  • 場所:山口県下関市一の宮町の「楠乃川」
  • 状況:兄弟(10歳と7歳)が川で遊んでいたところ、流されそうになる。通りかかった大学生らに救助され無事。川は増水していたとのことです。

大田市の海岸で男性が死亡

  • 日時:7月2日午前10時頃
  • 場所:島根県大田市の海岸
  • 状況:男性(44)が死亡。会社の同僚2人と岩場で泳いでいたところ、溺れたとみられています。

6月

十津川村で釣り中の事故

  • 日時:6月26日午前10時頃
  • 場所:奈良県十津川村の「西川」
  • 状況:渓流釣りの男性(81)が死亡。川沿いの斜面から誤って足を滑らせたとみられています。

串本町の沖合で男性が死亡

  • 日時:6月18日
  • 場所:和歌山県串本町大島の沖合およそ30メートルの海上
  • 状況:男性(64)死亡。素もぐりの最中に溺れたとみられています。

琵琶湖の「近江舞子南浜水泳場」で男性が死亡

  • 日時:6月18日
  • 場所:滋賀県大津市南小松の琵琶湖の「近江舞子南浜水泳場」
  • 状況:男性(23)が死亡。遊泳中に溺れたとみられています。事故のあった場所は、浜から約20メートル沖合で水深7メートル。
  • その他:琵琶湖の水泳場では、少し沖合に出ると急に深くなる場所があるため注意が必要。

広島市の「太田川」で男性が溺れ死亡

  • 日時:6月4日
  • 場所:広島市安佐北区可部町の「太田川」
  • 状況:会社の同僚と遊びに来ていた男性(29)が溺れて死亡。

その他の地域

全国の水難事故発生状況と原因

水難事故の防止
  1. 子どもからは絶対に目を離さない!
    川遊びなどでは、水深が浅い場所でも事故が起きています。
  2. 遊泳禁止場所、海水浴場でない海岸では絶対に泳がない。
    遊泳禁止にしている理由は、足に絡む藻や海草が多い、離岸流が発生しやすい、急に深くなるなどの危険性が高いためです。(遊泳期間も守ること)
  3. 気象情報に注意!特に川は雨などの影響を受けやすく、状況は短時間で変化します。
  4. 飲酒後の遊泳は絶対ダメ!毎年多くの事故が発生しています。
  5. 夏休みなどでは、子どもだけでの魚釣り、水遊びは禁止する。
  6. 川遊び、魚釣りなどでは、ライフジャケットを必ず着用する。
  7. シュノーケリング中の事故が目立っています。
    排水弁、逆止弁が付いた製品を使用し、ライフジャケットを着用する。

関連記事(事故対策を詳しく)

もしもの時に命を守るライフジャケット>>

トップへ戻る