仁淀川・面河川の水難事故(事例)

高知・愛媛を流れる清流

仁淀川

「仁淀川=によどがわ」は愛媛県・高知県を流れ、土佐市の太平洋に注ぐ一級河川(全長約124km)です。愛媛県では「面河川=おもごがわ」とも呼ばれています。仁淀ブルーとも言われる川の水は、日本一の清流として有名です。

[目次]

近年の事故(記録)

期間は各年6月~9月です。

  • レージャー中の事故を中心に記録。
  • 報道ベースで、すべての事故ではありません。
  • 発生日の新しい順です。
  • 状況は発生時の概要のみです。
スポンサーリンク
発生日 都道
府県
場所 状況
2023年
8月13日
高知 仁淀川町の「土居川」(仁淀川の上流にある支流) 県外から観光に訪れていた男性(60代)が流され、捜索しているということです。「台風6号」の影響で川の水は普段より多く、流れも速かったということです。
2022年
7月16日
高知 越知町の「仁淀川」 あゆ釣りをしていた男性(48)が流され、病院に搬送されたものの亡くなったということです。
2021年
6月17日
愛媛 久万高原町中黒岩の「仁淀川」(通称「軍艦岩」付近) アユ釣りをしていたと見られる男性(72)が、川に浮いているのが見つかり、病院に搬送されたものの亡くなったということです。
2017年
9月7日
高知 いの町鹿敷の「仁淀川」(道の駅「土佐和紙工芸村くらうど」前) 男子大学生(22)が溺れ亡くなっています。友人ら4人で川に遊びに来ていたということです。

22歳以下の若者と子どもを含む

2017年
8月13日
高知 吾川郡いの町の「仁淀川」 男性(48)が亡くなっています。泳いでいる最中に溺れたとみられています。
2016年
8月13日
高知 越知町の「仁淀川」 男性(82)が川に流され亡くなっています。魚釣りの最中に流されたとみられています。
2016年
7月18日
高知 いの町の「仁淀川=によどがわ」 友人と遊びにきていた大学生(20)が、泳いで対岸へ渡ろうとして溺れたということです。

22歳以下の若者と子どもを含む

夏の水難事故防止
過去5年の7月と8月だけで水難者は3,008人、死者・行方不明は1,183人

 

スポンサーリンク



川での水難事故防止

河川・湖・滝つぼ

(1)レジャー人口が多い河川

(2)地域別の河川(上記を含む)

北海道東北関東・甲信の川東海・北陸近畿中国地方四国九州・沖縄

(3)湖沼池・滝つぼの事故

レジャーごとに事故を分類

2016年以降の6月~9月に発生した水難事故について、レジャーごとに分類して記録しています。※キャンプはBBQを含みます。サンダルは遊具などが流され、取りに行く途中に溺れた事故です。

各チラシはPDFで表示・印刷できます。低画質なため印刷される場合はA4(タテ)をおすすめします。(子ども向けは小学4年生以上が対象)

まとめてダウンロード
(zip|659KB)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
今年の夏は暑い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連サイト
昭和残照館