「いかのおすし」は、子供の連れ去り・誘拐を防ぐ防犯標語

スポンサーリンク

子供の連れ去り事件は全国で、年間およそ90件発生

事件に巻き込まれないように、年少者に対する防犯指導や安全対策が不可欠な時代です。

いかのおすし」は、平成16年に『深刻化する少年犯罪から子どもを守ろう』として、東京都で打ち出したものです

いか・の・お・す・し

  • いか いかない(知らない人についていかない)
  •  のらない(知らない人の車に乗らない)
  •  おおきな声で呼ぶ
  •  すぐ逃げる
  •  しらせる(何かあったらすぐ知らせる)
いかのおすし

拡大表示します。

子どもの安全・行方不明対策(音声確認GPS)
登下校・塾通い、夏休みの安全対策。位置情報と音声確認機能で、子どもの安全を見守るALSOKのGPS端末。位置確認の利用回数は無制限。月々1,100円から利用できます。

 

子供の防犯に関するページ

子どもの安全・行方不明対策(音声確認GPS)
登下校・塾通い、夏休みの安全対策。位置情報と音声確認機能で、子どもの安全を見守るALSOKのGPS端末。位置確認の利用回数は無制限。月々1,100円から利用できます。