交通事故の特徴と原因(月別)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

交通事故の特徴と原因

愛知県警は県内で発生した過去5年間の事故データーを元に、月ごとに交通事故の特徴を分析しています。都道府県ごとに交通環境や道路事情等は異なりますが、季節要因については共通していることもあると思います。

※月別特徴の出典:愛知県警その他は警察庁・交通安全白書等から

[目次]

春の交通事故

件数や人数は愛知県の数値です。

3月は交差点での死亡事故比率が高い

  1. 交差点における死亡事故の比率が年間でもっとも高い。
    過去5年間の平均は78.3%(年間の平均は62.3%)
  2. 歩行者妨害の違反が多い。
    歩行者妨害の取り締まり強化されています!
  3. 出勤時の事故(出合頭事故が多い)
    過去5年間の平均は13件(年間の平均は5件)

3月の交通事故

4月は速度超過による死亡事故が多い

  1. 深夜(0時台、1時台など)での速度超過による単独事故、追突事故が多い。特に若者(16歳~24歳)が多い。
  2. 4月から7月にかけて、速度超過の事故が増加。

第一当事者の速度(40件の平均速度)

  • 若者:77.5km/h
  • 一般:58.3km/h
  • 高齢者:36.3km/h

スピード違反

可搬式オービスによる速度取り締まり

すべての都道府県で運用中、多くは予告看板なし、15キロオーバーでも検挙、レーダー探知機で予知できない、夜間や雨天、有料道路・都市高速・堤防道路・トンネル内も運用可能、短時間で移動、サイン会場なしなど神出鬼没かも。

子どもの事故に注意!

小学生児童の交通事故(死傷)は、夏休み前までの4月~7月に多く発生しており、特に5月が最も多くなっています。(時間帯は下校時に多く発生)過去5年間の死亡・重傷者は、全国で5,776件と発表されています。また1年生の歩行中死者・重傷者は6年生の約3.6倍です。

5月連休中は死者数が月間平均の約2倍

  1. 連休は交通事故の死者数が約2倍。(4/29~5/5)
    月間の平均に比べ約2倍の死者数。
  2. 連休に挟まれた平日に多発。
  3. 二輪車の事故比率が年間でもっとも高い。
    5月の構成率は約25.3%(年間の平均は約17.6%)
  4. 二輪車事故の年齢層は30歳代、40歳代が多い。

 

スポンサーリンク

令和6年「交通安全スローガン(全日本交通安全協会)」をランダムに表示

すべての標語[表示]

出典:全日本交通安全協会

〇運転者・同乗者に呼びかけるもの

  • 今日もまた あなたの無事故 待つ家族
    (内閣総理大臣賞)
  • 抜け道と 思うな そこは通学路
  • 挙げる手を やさしく見守る 横断歩道
  • 飲みません 今日は私が ハンドルキーパー
  • ぎりぎりの 時間と車間が 事故を呼ぶ

〇歩行者・自転車利用者に呼びかけるもの

  • 身につけよう 交通ルールと ヘルメット
    (内閣総理大臣賞)
  • 車だけ? 交通ルールは 皆のもの
  • さあ青だ 踏み出す前に 再確認
  • 反射材 光って気づいて 事故防止
  • 自転車も 歩行者優先 安全走行

〇子供たちに交通安全を呼びかけるもの

  • わたるまえ わすれずかくにん みぎひだり
    (内閣総理大臣賞)
  • しんごうき あおでもかくにん わすれない
  • 見つけてね ピカピカぼくの はんしゃざい
  • ちょっと待て 車のかげから もう1台
  • 交差点 自分を守ろう 周り見て
  • じゅんびした? じてん車のるとき ヘルメット

夏の交通事故

件数や人数は愛知県の数値です。

6月は飲酒運転による重大事故が年間最多

  1. 飲酒運転による重大事故件数が年間でもっとも多い
  2. 晴天が連続する日に死亡事故が多い。

6月の交通事故

不正改造車を排除する運動

不正改造車を排除する運動

7月は中学生以下の死傷者が年間最多

  1. 子ども(中学生以下)の死傷者が年間最多
  2. 飲酒運転(第一当事者)の死亡事故が年間最多
  3. 歩行者が酔って路上で寝て事故に遭う(路上横臥)も目立つ。

 

8月は二輪車の交通事故死者が年間最多

  1. 二輪車死者が年間でもっとも多い。
    レジャー目的で30歳~50歳代が多い。
    約半数が土日に発生。
  2. 交差点(交差点付近を含む。)死者が年間最多!

8月の交通事故

令和6年「交通安全スローガン(全日本交通安全協会)」をランダムに表示

すべての標語[表示]

出典:全日本交通安全協会

〇運転者・同乗者に呼びかけるもの

  • 今日もまた あなたの無事故 待つ家族
    (内閣総理大臣賞)
  • 抜け道と 思うな そこは通学路
  • 挙げる手を やさしく見守る 横断歩道
  • 飲みません 今日は私が ハンドルキーパー
  • ぎりぎりの 時間と車間が 事故を呼ぶ

〇歩行者・自転車利用者に呼びかけるもの

  • 身につけよう 交通ルールと ヘルメット
    (内閣総理大臣賞)
  • 車だけ? 交通ルールは 皆のもの
  • さあ青だ 踏み出す前に 再確認
  • 反射材 光って気づいて 事故防止
  • 自転車も 歩行者優先 安全走行

〇子供たちに交通安全を呼びかけるもの

  • わたるまえ わすれずかくにん みぎひだり
    (内閣総理大臣賞)
  • しんごうき あおでもかくにん わすれない
  • 見つけてね ピカピカぼくの はんしゃざい
  • ちょっと待て 車のかげから もう1台
  • 交差点 自分を守ろう 周り見て
  • じゅんびした? じてん車のるとき ヘルメット
スポンサーリンク

秋の交通事故

9月は「高齢者」の交通死亡事故が多い

  1. 歩行中の交通事故死者数が12月に次いで多い。
    車両の右からの横断に注意!
  2. 昼間の時間帯では、歩行者死者数が年間でもっも多い。
  3. 上旬の歩行者通行目的はレジャー等が多い。
  4. 下旬は彼岸時期に死亡事故が多発。

高齢者に優しい運転

9月以降の死者数は8月までの1.25倍(全国)

9月からは交通事故死者が急増

2022年9月以降の交通事故死者数(月平均)は、8月までの1.27倍(1か月あたり約54人多い)です。2013年からの10年間をみても1.19~1.34倍(平均と中央値ともに1.24倍)で、大きな差はありません。9月は多くの地域で月初と月末の日没時刻の差がもっとも大きい月です。薄暮時間帯(日没前後の1時間)は、自動車×歩行者の死亡事故が昼間の4倍といわれています。

10月は自転車の死亡事故が最多

  1. 自転車の死者数が年間でもっとも多い。
    過去5年間で23人が死亡。
  2. 65歳以上の高齢者が7割以上。
  3. 自転車事故の7割が頭部を負傷。
    全員がヘルメットの未着用。

10月の交通事故

11月は夕暮れ時の死亡事故が最多

  1. 16時~17時の死者数が年間でもっとも多い。
    過去5年間では16時台、17時台の死者数が各10人。
  2. 歩行者は散歩や買い物途中の事故が多い。
  3. 自転車は無理な横断が多い。
  4. 四輪車は車両単独事故が多い

11月の交通事故

令和6年「交通安全スローガン(全日本交通安全協会)」をランダムに表示

すべての標語[表示]

出典:全日本交通安全協会

〇運転者・同乗者に呼びかけるもの

  • 今日もまた あなたの無事故 待つ家族
    (内閣総理大臣賞)
  • 抜け道と 思うな そこは通学路
  • 挙げる手を やさしく見守る 横断歩道
  • 飲みません 今日は私が ハンドルキーパー
  • ぎりぎりの 時間と車間が 事故を呼ぶ

〇歩行者・自転車利用者に呼びかけるもの

  • 身につけよう 交通ルールと ヘルメット
    (内閣総理大臣賞)
  • 車だけ? 交通ルールは 皆のもの
  • さあ青だ 踏み出す前に 再確認
  • 反射材 光って気づいて 事故防止
  • 自転車も 歩行者優先 安全走行

〇子供たちに交通安全を呼びかけるもの

  • わたるまえ わすれずかくにん みぎひだり
    (内閣総理大臣賞)
  • しんごうき あおでもかくにん わすれない
  • 見つけてね ピカピカぼくの はんしゃざい
  • ちょっと待て 車のかげから もう1台
  • 交差点 自分を守ろう 周り見て
  • じゅんびした? じてん車のるとき ヘルメット

冬の交通事故

件数や人数は愛知県の数値です。

12月は歩行者の死亡事故、飲酒運転の事故が最多

  1. 歩行者死亡事故の約8割は、17時以降の夜間に発生。
    17時台がもっとも多い。
  2. 歩行者死亡事故の約9割は、反射材の未着用。
    (うち7割が黒っぽい服装)
  3. 飲酒運転による人身事故が年間でもっとも多い。
    過去5年間で111件。免許人口では20歳代、30歳代が目立つ。

飲酒運転

飲酒運転で逮捕された!その後は?・・解雇・退職も
飲酒運転で「免許取り消し」などの行政処分を受けたドライバーのうち、約9割が家庭や仕事に大きく影響。罰金などの刑事罰、行政処分、逮捕された場合のこと、社会的な制裁などをまとめています。
飲酒運転の罰則・行政処分
飲酒運転は罰金、免許取り消しだけじゃない。懲戒免職・解雇等の処分が行われた場合、数百万円から最大で2千万円を超える経済的損失も。失われるかもしれない未来はプライスレスです。

飲酒運転で免許取り消しと実刑を受けた人の後悔(手記と動画)

1月は歩行者の死者が4割以上

  1. 歩行者の死者が4割以上
  2. 歩行者死者は17時~19時に多発
  3. 17時から19時の歩行者死者のうち、9割が横断中に発生
  4. 夜間帯歩行者死者のうち、9割以上は反射材を未使用

1月の交通事故

2月は業務中ドライバーの事故が多い

  1. 業務中ドライバーによる事故比率が4月と並び高い。
    免許人口あたりでは20歳代が多い。
  2. 横断歩行者妨害による事故が多い。
  3. 日没後1時間までの事故が多い。
2月の交通事故

令和6年「交通安全スローガン(全日本交通安全協会)」をランダムに表示

すべての標語[表示]

出典:全日本交通安全協会

〇運転者・同乗者に呼びかけるもの

  • 今日もまた あなたの無事故 待つ家族
    (内閣総理大臣賞)
  • 抜け道と 思うな そこは通学路
  • 挙げる手を やさしく見守る 横断歩道
  • 飲みません 今日は私が ハンドルキーパー
  • ぎりぎりの 時間と車間が 事故を呼ぶ

〇歩行者・自転車利用者に呼びかけるもの

  • 身につけよう 交通ルールと ヘルメット
    (内閣総理大臣賞)
  • 車だけ? 交通ルールは 皆のもの
  • さあ青だ 踏み出す前に 再確認
  • 反射材 光って気づいて 事故防止
  • 自転車も 歩行者優先 安全走行

〇子供たちに交通安全を呼びかけるもの

  • わたるまえ わすれずかくにん みぎひだり
    (内閣総理大臣賞)
  • しんごうき あおでもかくにん わすれない
  • 見つけてね ピカピカぼくの はんしゃざい
  • ちょっと待て 車のかげから もう1台
  • 交差点 自分を守ろう 周り見て
  • じゅんびした? じてん車のるとき ヘルメット

被害者にも加害者にもならない!

交通事故の発生状況とランキング(2024年)
[最新データー]全国の交通事故発生状況について「交通事故日報・月報」等から、人身事故件数、負傷者数、死者数の順位を掲載しています。横断歩道、交差点での事故にご注意を!
交通違反の取り締まり状況・検挙件数のランキング
2022年の交通違反の摘発件数は(放置違反金納付命令を含む)は、全国で614万1535件で前年より63万4285件減少。検挙件数がもっとも多かったのは「一時停止違反」で146万6131件で、前年より12万2497件少なくなっています。

「携帯電話に事故の知らせが入る」
ことがないように・・

  • 子どもの飛び出しに注意
▲オンマウスまたはタップで停止、スワイプでスライド。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
今年の夏は暑い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
事件・事故・災害アーカイブ