北海道の川で起きた水難事故(事例)

道内の河川で発生した事故

札幌市を流れる「豊平川」など、道内の川で溺れるなどした事故の記録です。

[目次]

近年の事故(記録)

期間は各年6月~9月です。

  • レージャー中の事故を中心に記録。
  • 報道ベースで、すべての事故ではありません。
  • 発生日の新しい順です。
  • 状況は発生時の概要のみです。
スポンサーリンク
発生日 河川名 場所 状況
2023年
8月23日
沙流川 日高町の「沙流川=さるがわ」 友人と遊んでいた男子高校生(18)が流され、行方不明になっているということです。警察や消防などが捜索しているということです。(発見されたものの亡くなったということです)

22歳以下の若者中学生以下

2023年
8月18日
忠別川 旭川市亀吉1条3丁目の「忠別川=ちゅうべつがわ」 男性が流され発見されたものの亡くなったということです。レジャー中の事故かどうかは不明で、警察が流された原因を調べているということです。
2023年
7月16日
空知川 富良野市の「空知川=そらちがわ」 「北海イカダ下りIN空知川」に参加していた、いかだ1隻が転覆し乗っていた大人5人のうち、女性(27)が亡くなったということです。
2022年
9月9日
豊平川 札幌市白石区の「豊平川」水穂大橋付近の中州 家族と釣りをしていた子どもが川に流されたものの、父親に救助され無事ということです。

22歳以下の若者中学生以下

2022年
7月15日
常呂川 置戸町の「常呂川=ところがわ」 川に男性(73)がうつぶせで倒れているのが見つかり、病院に搬送されたものの亡くなったということです。男性は魚釣りに訪れていたとみられています。
2022年
7月8日
相沼内川 二海郡八雲町の「相沼内川=アイヌマナイガワ」 釣りをしていて対岸に渡ろうと川の中を歩いていた男性(76)が流され、病院に搬送されたものの亡くなったということです。
2022年
7月3日
沙流川 日高町千栄の「沙流川=さるがわ」 カヤックをしていた男性(70代)が川に流され、心肺停止の状態ということです。
2021年
9月7日
オッチャラベツ川 枝幸町徳志別の「オッチャラベツ川」のオホーツク海に注ぐ河口付近 男性(78)が浮いているのが見つかり、病院に搬送されたものの亡くなったということです。男性は知人2人とともに川に遡上(そじょう)する、秋さけを獲っていたということです。
2021年
8月14日
天塩川 天塩郡天塩町の「天塩川」 親子とみられる女性(50代)と10代の男性が流され、いずれも亡くなったということです。
2021年
7月24日
新川 小樽市銭函の「新川」河口付近 友人ら9人と河原でBBQをしていた高校生のうち、4人が海に入り泳いでいたところ、男子生徒(17)が溺れ、亡くなったということです。

22歳以下の若者中学生以下

2020年
9月6日
新冠川 新冠町の「新冠川=にいかっぷがわ」 仲間2人と釣りに来ていた男性(68)が、川に流され亡くなったということです。
2018年
8月8日
千歳川 千歳市豊里1丁目の「千歳川」 釣りをしていた人が流されたとの通報があり、警察によって発見されたものの亡くなっています。
2018年
8月6日
豊平川 札幌市南区石山1条6丁目の「豊平川」 友人5人と川岸で遊んでいた男子高校生が、誤って川に落ちて流される事故。救助され病院に搬送されたものの、心肺停止の状態。
2017年
7月9日
琴似発寒川 札幌市西区山の手の「琴似発寒川(ことにはっさむがわ)」 男子高校生(15)が溺れ、意識不明の状態。友人2人と川で遊んでいたところ、深みにはまって溺れたということです。

22歳以下の若者中学生以下

2016年
9月4日
網走川 網走市北1条西2丁目付近(網走川の河口) 高校1年生の男子生徒2人が流され行方不明。高校の野球部員ら9人と川岸で遊んでおり、このうち5人が縦一列になって対岸に歩いて渡ろうとしたところ、先頭の2人が流され行方不明になっています。「網走川」は台風や連日の雨で増水していた。

22歳以下の若者中学生以下

2016年
8月16日
不詳 夕張市の川 女性(26)が流され意識不明の重体。子どもたちや保護者などとカヌー遊びをしており、流されそうになった無人のゴムボートを止めようとして、川に入り流されたということです。

夏の水難事故防止
過去5年の7月と8月だけで水難者は2,981人、死者・行方不明は1,177人


スポンサーリンク



川で溺れないために
川で溺れないために出来ること>>

大雨の影響が出ている地域はくれぐれもご注意を!

水難事故の事例

2016年以降の6月~9月に発生したレジャー中の事故について、1400件以上を記録しています。その中で地域や発生場所(河川名など)、行為や状況、若年層の年代ごとに分類しています。

過去の事故からリスクを予見

どのような事故が多く発生してるかを知ることで、予定されるレジャーに応じたリスクを予見し、安全対策に役立つかもしれません。(事例は概要のみ)

(1)地域別(2023年と2024年)

北海道から関東東海・北陸近畿・中国・四国九州・沖縄

(2)レジャー人口の多い河川

那珂川荒川多摩川相模川長良川板取川神通川木曽川・矢作川・豊川四万十川仁淀川・面子川

(3)地域別の河川

※(2)を含みます。

北海道東北関東・甲信東海・北陸近畿中国四国九州・沖縄

(4)湖沼池・滝つぼ

琵琶湖全国の湖沼池滝つぼ

(5)子ども・若者

未就学児小中学生高校生・大学生・若者(22歳以下)

(6)レジャー別

キャンプ・BBQシュノケーリング水上バイクダイビング小型ボートSUPサーフィン

(7)状況別

救助事故離岸流サンダル等が流された台風・大雨

(8)1事故で複数の水難者が発生

おもな事故

各チラシはPDFで表示・印刷できます。低画質なため印刷される場合はA4(タテ)をおすすめします。(子ども向けは小学4年生以上が対象)

まとめてダウンロード
(zip|659KB)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
今年の夏は暑い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連サイト
昭和残照館