水難事故の救出は難しい(全国の救出率)

スポンサーリンク

[目次]

このページに掲載している数値は警察庁の「水難事故統計」等から出典した2次情報です。数値を再利用される場合は、出典元データーをご使用ください。

スポンサーリンク

水難者の無事救出は3人に1人
(全国平均は33.9%)

もしもの時のために、ライフジャケットの 着用。

「水難事故統計」では、海や川などで溺れたり流されたりした「水難者」が、ケガなどもなく救出された無事救出数が発表されています。

2019年の状況(事故件数は1,298件)

  • 水難者:1,538人
    うち中学生以下の子供は190人
  • 死者・行方不明者:695人
    うち中学生以下の子供は30人
  • 負傷者:285人
  • 無事に救出:558人

無事救出者の比率は全国平均で33.9%です。(3人に1人が無事に救出)しかし都道府県ごとに大きな差があり、2019年は富山県が0%(水難者26人中、24人が亡くなり2人が負傷)、大阪府は7.4%(水難者27人中、25人が亡くなり無事に救出された人は2人)など厳しい結果になっています。

救出率の順位

「水難事故統計」から水難者と無事救出者数を元にした比率です。各都道府県ごとの事故件数、水難者数および事故の場所や形態に大きく影響するため、救急・救命体制との関係性は小さいと思います。(救出率=水難者のうち、ケガなどもなく救出された比率)

順位 高い順 救出率 低い順 救出率
1 滋賀 69.2% 富山 0.0%
2 三重 55.6% 大阪 7.4%
3 佐賀 55.6% 山形 10.3%
4 秋田 52.9% 高知 11.1%
5 兵庫 52.4% 山梨 14.3%

北海道から関東・甲信

  • 救出者はケガなどもなく無事に救出された人です。
  • 場所や形態に大きく影響するため、救急・救命体制との関係性は小さいと思います。
  • 水難者数などは「水難事故統計|2019年」から出典。救出率については当サイトで出しており、警察庁が発表したものではありません。
水難者 死者
行方
不明
負傷者 救出者 救出率
北海道 50 24 11 15 30.0%
青森 11 3 4 4 36.4%
岩手 18 11 2 5 27.8%
宮城 22 12 3 7 31.8%
秋田 17 6 2 9 52.9%
山形 29 19 7 3 10.3%
福島 18 10 1 7 38.9%
東京 70 36 7 27 38.6%
茨城 40 16 9 15 37.5%
栃木 11 8 1 2 18.2%
群馬 7 3 2 2 28.6%
埼玉 23 11 4 8 34.8%
千葉 81 39 13 29 35.8%
神奈川 65 19 17 29 44.6%
新潟 52 26 5 21 40.4%
山梨 7 6 0 1 14.3%

水難事故の発生状況(6月~9月)

スポンサーリンク

東海・北陸

  • 救出者はケガなどもなく無事に救出された人です。
  • 場所や形態に大きく影響するため、救急・救命体制との関係性は小さいと思います。
  • 水難者数などは「水難事故統計|2019年」から出典。救出率については当サイトで出しており、警察庁が発表したものではありません。
水難者 死者
行方
不明
負傷者 救出者 救出率
長野 22 7 6 9 40.9%
静岡 59 22 9 28 47.5%
富山 26 24 2 0 0.0%
石川 23 8 4 11 47.8%
福井 37 13 6 18 48.6%
岐阜 25 17 2 6 24.0%
愛知 45 14 8 23 51.1%
三重 54 18 6 30 55.6%

水難事故の発生状況(6月~9月 )

近畿・中国・四国

  • 救出者はケガなどもなく無事に救出された人です。
  • 場所や形態に大きく影響するため、救急・救命体制との関係性は小さいと思います。
  • 水難者数などは「水難事故統計|2019年」から出典。救出率については当サイトで出しており、警察庁が発表したものではありません。
水難者 死者
行方
不明
負傷者 救出者 救出率
滋賀 52 13 3 36 69.2%
京都 7 2 2 3 42.9%
大阪 27 25 0 2 7.4%
兵庫 84 20 20 44 52.4%
奈良 20 2 10 8 40.0%
和歌山 36 13 11 12 33.3%
鳥取 15 6 5 4 26.7%
島根 37 13 18 6 16.2%
岡山 14 9 1 4 28.6%
広島 18 10 5 3 16.7%
山口 49 30 4 15 30.6%
徳島 21 7 5 9 42.9%
香川 8 2 4 2 25.0%
愛媛 8 5 0 3 37.5%
高知 27 18 6 3 11.1%

水難事故の発生状況(6月~9月 )

九州・沖縄

  • 救出者はケガなどもなく無事に救出された人です。
  • 場所や形態に大きく影響するため、救急・救命体制との関係性は小さいと思います。
  • 水難者数などは「水難事故統計|2019年」から出典。救出率については当サイトで出しており、警察庁が発表したものではありません。
水難者 死者
行方
不明
負傷者 救出者 救出率
福岡 32 13 9 10 31.3%
佐賀 9 4 0 5 55.6%
長崎 45 24 6 15 33.3%
熊本 33 14 4 15 45.5%
大分 17 11 2 4 23.5%
宮崎 36 18 6 12 33.3%
鹿児島 57 26 16 15 26.3%
沖縄 74 38 17 19 25.7%

水難事故の発生状況(6月~9月 )

水難事故の防止・安全対策