木曽川・矢作川・豊川の水難事故

スポンサーリンク

[目次]

スポンサーリンク

木曽川(きそがわ)

木曽川

長野県木曽郡木祖村の「鉢盛山=はちもりやま」を水源とし、長野県から岐阜県、愛知県、三重県を経て伊勢湾に流れる一級河川(全長226km)。上流域ではアユ釣り、河口域ではカレイやクロダイ、ハゼなどの釣りが盛んです。また川幅も広く水上バイクやレジャーボートを楽しむ人もいます。

近年の水難事故

2016年以降で6月~9月に発生したおもな事故(発生時の状況で概要のみ)

台風や大雨の影響を受けた地域では、川の増水だけでなく河川敷の状態が悪くなっていることもあります。また目的までの往路や帰路では、道路の陥没や落石になどにも注意が必要です。

  • 2020年9月22日:岐阜県笠松町の「木曽川」で、友達と泳いでいた小学6年生の男子児童(12)が流され、救助されたものの意識がない状態ということです。
  • 2019年8月11日に、岐阜県中津川市坂下の「木曽川」で、友人と遊びに来ていた男性(40代)が流され行方不明になっています。
  • 2019年6月4日に、愛知県一宮市冨田の「木曽川」で、会社の同僚3人と川遊びに来ていたベトナム国籍の男性(22)が、泳いでいたところ流され亡くなっています。
  • 2017年9月4日に、岐阜県各務原市川島渡町の「木曽川」で、投網でアユを取っていた男性(68)が川に流されて亡くなっています。
  • 2017年9月3日に、岐阜県美濃加茂市古井町下古井の「木曽川」の支流。※「木曽川緑地ライン公園」の南側で、ブラジル国籍の男性(32)とその息子(1)の遺体が見つかっています。溺れたとみられています。
  • 2016年9月3日に、三重県木曽岬町の「木曽川」河口付近で、男性(26)が溺れ行方不明。友人ら4人と釣りをしていたところ、浅瀬に係留していたプレジャーボートが流されたため、取りに行ったところ溺れたとみられています。
  • 2016年に各務原市川島小網町の木曽川で男性(64)が亡くなっているのが見つかっています。アユ釣り中に誤って流されたとみられています。
  • 2016年8月7日午に、各務原市川島小網町の木曽川(発見場所は中州)で、アユ釣りに来ていたとみられる男性(67)が亡くなっているのが見つかっています。(各務原大橋の上流およそ1キロの場所)
  • 2016年6月12日に、岐阜県羽島市下中町城屋敷の「木曽川」で、水上バイクとゴムボートが衝突する事故が発生。この事故でボートに乗っていた4人家族のうち、10歳の男の子と3歳の男児が亡くなっています。

「木曽川上流河川事務所」によると、2010年~2019年(10年間)では木曽川(長野県木曽町三岳から愛知県稲沢市祖父江町)で、56件の事故が発生し45人が亡くなっています。死亡事故のおもな行為別では、遊泳中が17人で魚釣りが21人です。

子ども(中学生以下)の事故

若者(大学生まで)の事故

矢作川(やはぎがわ)

矢作川

長野県下伊那郡平谷村の「大川入山=おおかわいりやま」を源流とし、長野県と岐阜県を経て愛知県の「三河湾」に流れる一級河川(全長117km)。上流域ではアユ釣り、愛知県豊田市や岡崎市を流れる中流域は車での交通の便も良く、釣りや河川敷でのBBQなどを楽しむ人も多いです。

近年の水難事故

2016年以降で6月~9月に発生したおもな事故(発生時の状況で概要のみ)

台風や大雨の影響を受けた地域では、川の増水だけでなく河川敷の状態が悪くなっていることもあります。また目的までの往路や帰路では、道路の陥没や落石になどにも注意が必要です。

  • 2020年8月26日に、愛知県豊田市平戸橋町の「矢作川」で、友人らと川遊びに来ていた男子大学生(20)が遊泳中に流され、亡くなったということです。(現場は平戸橋から約200メートル下流)
    川に隠れた7つの危険と事故防止
  • 2019年9月7日に愛知県豊田市池島町の「矢作川」で、小学6年と小学1年の女児2人と大人2人が溺れ、女児2人が亡くなっています。岩場を滑って遊んでいた際に、水面に落ちて溺れたとみられています。
  • 2019年8月18日に愛知県豊田市池島町の「矢作川」で、仕事仲間などおよそ15人でバーベキューに訪れていた男性(20代)が、泳いでいたところ流され行方不明になってます。台風10号の大雨の影響が残っており、普段より水量が多かったということです。(追記:その後遺体で発見されたということです)
  • 2018年8月28日に、愛知県豊田市池島町の「矢作川」で、川に遊びに来ていた父子が溺れ、父親と中学1年生の男子の2人が亡くなっています。
  • 2016年7月17日に、豊田市石野町の「矢作川」で、男性(40)がボートで釣りをしていた時に川へ転落し亡くなっています。

「豊橋河川事務所」によると、矢作川系では2009年~2018年(10年間)に、24件の事故が発生し25人が亡くなっています。

子ども(中学生以下)の事故

若者(大学生まで)の事故

豊田市池島町付近の「矢作川」で事故が目立っています。

 

豊川(とよがわ)

豊川

愛知県北設楽郡設楽町の「段戸山=だんどさん」を源流とし、設楽町、新城市、豊川市を経て豊橋市の「三河湾」に流れる一級河川(全長77km)。上流域ではアユ釣りも行われています。豊川市や豊橋市を流れる中流域は、車での交通の便も良く釣りや河川敷でのBBQなどを楽しむ人も多いです。

近年の水難事故

2016年以降で6月~9月に発生したおもな事故(発生時の状況で概要のみ)

台風や大雨の影響を受けた地域では、川の増水だけでなく河川敷の状態が悪くなっていることもあります。また目的までの往路や帰路では、道路の陥没や落石になどにも注意が必要です。

  • 2020年9月3日に、愛知県豊橋市の「豊川」(吉田大橋近く)で、女性が流されているのが見つかり、消防によって救助され無事だったものの、助けようと川に入ったとみられる同僚の男性(23)が行方不明になっており、警察と消防で捜索しているということです。
  • 2020年7月21日に、愛知県新城市庭野の「豊川」で、友人4人と川で遊んでいた男子大学生(20)が、対岸まで泳いでいたところ溺れ亡くなっています。
  • 2018年8月14日に、愛知県新城市庭野の「豊川」で、河川敷のバーベキュー場に来ていた男子中学生(14)が川に流され、消防の捜索で水中から発見されたものの、亡くなっています。野球クラブの活動で、保護者を含めて26人で訪れていたということです。
    子どもの事故防止(保護者・引率者向け)
  • 2018年8月11日に、愛知県新城市の「豊川」で、友人と川遊びをしていた男性(18)が流され、川底で発見されたものの亡くなっています。男性は靴が流されたため、川の中央部まで取りにいって流されたということです。
  • 2016年7月16日に、新城市庭野の「豊川」で、男性(26)が亡くなっています。友人らと泳いでいて溺れたということです。水深は約5メートル。

「豊橋河川事務所」によると、豊川水系では2009年~2018年(10年間)に、20件の事故が発生し20人が亡くなっています。

スポンサーリンク

新城市庭野の「豊川」で事故が目立ってます。

子ども(中学生以下)の事故

若者(大学生まで)の事故

川での事故を防ぐために!

川には多くの危険が隠れています。流れが速く急に深くなる場所、川底の地形なども複雑で、見かけで危険の判断が難しく、泳ぎの上手・下手に関係なく溺れやすいです。
また流れの速さや水量も季節や天候に影響を受けるため、同じ場所でも日によって危険度が大きく違います。(お出かけ当日までの気象状況に注意が必要です)

川での水難事故

川に隠れた7つの危険

水難事故防止チラシ

水難事故防止(子供用)チラシ 水難事故防止チラシ(若者向け)
子ども向け
(小学4年~6年生)
若者向け
(川での事故防止)
今いる川は急流渦(急流かも
拡大表示します。 画像のURLは https://www.teguchi.info/wp-content/uploads/water-accident/river.png

▲川遊びや魚釣りをしている家族やお友達に、画像を送ってあげるといいかも。今いる川は急流渦(か)も知れないよ。

水難事故の通報先と救命方法 海や川、湖や池でおぼれたり流された人を見つけた場合の対応。緊急通報先と消防庁など救助・救命(AEDの使い方、人工呼吸など)に、役立つホームページを掲載しています。
水難事故発生時の救急・救命

子どもの事故を防ぐ!(保護者向け)

関連記事

岐阜県「長良川」での水難事故(事例)
郡上市の「大日ヶ岳」を源流とする全長166kmの一級河川です。上流域ではアユ釣りなどが盛んに行われ、河口域では水上バイクなどのレジャー人口も多くなっています。2019年までの12年間で62件の事故が発生し、25人が亡くなっています。特に「美濃橋」付近では、33件の事故が発生し17人が亡くなっており、十分な注意が必要です。
岐阜県の「板取川」は水難事故が多く川遊びに注意!
岐阜県(関市・美濃市など)を流れる一級河川の「板取川」では、毎年多くの水難事故が発生しています。事故の発生状況と原因、おもな危険箇所、事故防止対策を掲載しています。
スポンサーリンク
シェアする

過去の記事(一部広告を含む)



事件・事故・災害アーカイブ