岐阜県の「板取川」は、水難事故が多く川遊びに注意!

スポンサーリンク

海ではお盆過ぎ頃から、「土用波」と呼ばれる急な高波が増えます。海や川のレジャーを予定される方はご注意を!

関市・美濃市を流れる「板取川」
では、毎年多くの水難事故が発生

事故の発生状況と原因、おもな危険箇所をまとめています。

記事内のデーターは、警察庁の「水難事故統計」、岐阜県の公表資料および当サイトで集計したデーターです。

8月11日(日)に2件の死亡事故が発生しています。

板取川(岐阜県内)

板取川の水難事故

板取川

水の透明度が高く、水質も良い綺麗な川です。毎年多くの人がレジャーで訪れています。

板取川(いたどりがわ)は、岐阜県と福井県の県境付近に源を発し、関市や美濃市を流れ、長良川に合流する木曽川水系の一級河川。水質がよく、川下りや釣りが盛んに行われる。(全長313km)

wikipediaから。

水難事故の発生状況

死亡や重体などになったおもな事故(発生時の状況)

2019年(令和元年)

期間:6月~

  • 8月11日:関市洞戸高賀の「板取川」で、高賀橋から飛び込んで遊んでいた少年(17)が溺れ、救助されたものの亡くなっています。
  • 8月11日:関市の「板取川」で、友人らと遊びに来ていた男性(32)が流され、救助されたものの亡くなっています。

2018年(平成30年)

期間:6月~9月

  • 8月22日:関市洞戸阿部の「板取川」で、男子高校生が溺れる事故。

※岐阜県全体(年間)では27件の事故が発生しています。[警察庁の統計]

2017年(平成29年)

期間:6月~9月

  • 9月20日:美濃市片知の「板取川」でアユ釣り中の男性2人(70歳と67歳の兄弟)が流され死亡。(穴洞橋の上流約300メートルの右岸)
  • 8月27日:美濃市神洞の「板取川」で男性(42)が溺れ死亡
  • 8月14日:関市洞戸高見の「板取川」で男性(18)が溺れ意識不明の重体。

※岐阜県全体(年間)では、33件の事故が発生し16人が亡くなっています。[警察庁の統計]

※その他の川を含む岐阜県全体(6月1日~9月20日)で、死者・行方不明者が発生した重大事故は11件(14人)です。[報道ベースで集計]

2016年(平成28年)

期間:6月~9月

  • 8月20日:関市洞戸阿部の「板取川」で男性(18)が溺れ死亡。(遊泳中)
  • 8月18日:美濃市の「板取川」で男性(65)が死亡。(アユ釣り中)
  • 8月7日:関市洞戸阿部の「板取川」で男子大学生(20)が死亡。(遊泳中)

※岐阜県全体(年間)では、36件の事故が発生し25人が亡くなっています。[警察庁の統計]

事故発生場所

岐阜県の資料によると、平成20年~平成28年に「板取川」で発生した水難事故は40件(死者は15人)です

  • 午渡橋付近
  • 杉の子橋付近
  • 白水橋付近
  • 洞戸阿部地区
  • 高賀橋付近
    (老朽化のため立ち入り禁止)
  • 縄文橋付近
  • 下洞戸橋付近
  • 薬師前橋付近
  • 睦橋付近
  • 蕨生大橋付近
  • 城山橋付近
  • 長瀬橋付近
川での事故を防ぐために!

川には多くの危険が隠れています。海水浴場などと異なり、流れが速く急に深くなる場所、川底の地形なども複雑で、見かけで危険箇所の判断が難しく、泳ぎの上手な人も溺れやすくなります。また気象状況に影響を受けやすく、十分な注意が必要です。

川釣り、川遊びでは、ライフジャケットの着用は必須です。

川での水難事故

川に隠れた7つの危険

関連記事
岐阜県の熊(クマ)目撃・出没情報
[2019年]岐阜県のツキノワグマの出没状況について、市町村や警察の発表および安心メール等の情報を月別に掲載しています。昨年の出没件数は274件と発表されています。(環境省の集計)